このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

CSF対策に係る経口ワクチン空中散布の実施について

  • 印刷
令和2年4月10日
農林水産省

農林水産省は、令和2年4月15日(水曜日)及び16日(木曜日)に、防衛省の協力を得て、野生イノシシに対する経口ワクチンの空中散布を栃木県内及び群馬県内で実施します。経口ワクチンの散布時、散布地域への立ち入りは控えていただくようお願いします。

1.概要

野生イノシシに対する経口ワクチンについては、昨年3月から散布を開始し、更に、9月からは、CSFウイルスの全国的な拡散を防ぐため、広域的な防疫帯(ワクチンベルト)の構築を進めているところです。
今般、防衛省の協力を得て、4月15日(水曜日)及び16日(木曜日)に、自衛隊ヘリコプターを活用して、栃木県内及び群馬県内で経口ワクチンの空中散布を実施します。

2.散布実施日時及び散布場所

日時:令和2年4月15日(水曜日)10時~15時30分
4月16日(木曜日)10時~12時
※天候や臨時の対応等により、散布実施日時は変更になることがあります。

場所:栃木県日光市中宮祠内国有林、佐野市飛駒町内国有林及び作原町内山林
         群馬県沼田市利根町内国有林、桐生市梅田町内国有林、富岡市野上字立岩内国有林、
         甘楽町秋畑奥山内国有林、下仁田町細萱内及び奥栗山内国有林
       (詳細な散布地域は別紙参照)

3.近隣住民の皆様へ

経口ワクチンの散布場所の近隣住民の皆様におかれましては、経口ワクチンの散布時には、空中散布が行われるエリアへの立ち入りを控えていただくようお願いします。
ワクチンは、人が触れても安全上問題はなく、生態系にも影響はありません。
野生イノシシが食べられるように、触らずそのままにしてください。

4.留意事項

今回の経口ワクチンの空中散布については、取材時間・取材エリアを設定していません。

<添付資料>
経口ワクチン空中散布エリア(PDF : 914KB)
空中散布の実施についてのお知らせ(裏面は、経口ワクチン空中散布エリアと同様のため、省略しています。)(PDF : 999KB)

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課

担当者:俵積田、日比
代表:03-3502-8111(内線4428)
ダイヤルイン:03-6744-7144
FAX番号:03-3502-3385

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader