このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

デンマークから輸入される牛肉等の月齢制限の撤廃について

  • 印刷
令和3年8月31日
農林水産省
農林水産省は、厚生労働省と連携してデンマーク政府との間で、デンマーク産牛肉等の輸入に係る月齢制限(30か月齢以下)の撤廃のための協議を進めてきたところです。
本日、デンマークから輸入される牛肉等の月齢制限の撤廃について合意しましたのでお知らせします。

1.概要

デンマーク産の牛肉等については、平成27年2月に内閣府食品安全委員会の答申を受けて、平成28年2月に30か月齢以下の牛由来の牛肉等に限定して輸入を再開したところです。
その後、デンマーク政府からの要請を受けて、農林水産省は、平成29年6月以降、厚生労働省と連携してデンマーク政府との間で、月齢制限(30か月齢以下)の撤廃のための協議を進めてきました。
令和2年12月、食品安全委員会より、月齢制限を撤廃しても人へのリスクは無視できるとの答申が出されたことを受け、農林水産省は、厚生労働省と連携してデンマーク政府との間で協議を行い、本日、デンマークから輸入される牛肉等の月齢制限の撤廃について合意しました。


<主な変更点>
(変更前)特定危険部位(脳、脊髄、小腸の一部など)を除き、30か月齢以下の牛由来の肉等
(変更後)特定危険部位(脳、脊髄、小腸の一部など)を除き、全月齢の牛由来の肉等

2.参考

・デンマークから日本向けに輸出される牛肉等に係る家畜衛生条件について(動物検疫所ホームページ)
   https://www.maff.go.jp/aqs/hou/require/sub2.html

デンマーク産牛肉の輸入実績(財務省貿易統計より)
   2019年:約177トン
   2020年:約252トン
   2021年(7月まで):約105トン

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課

担当者:沖田、永田
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295