このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

第4次食育推進基本計画初年度は、「食と環境の調和」を特集

  • 印刷
令和4年5月31日
農林水産省
~「令和3年度食育白書」を本日公表~

本日、「令和3年度食育白書」が閣議決定されました。
「令和3年度食育白書」では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における食育の取組を紹介しています。また、国民が健全な食生活を送るためには、その基盤として持続可能な環境が不可欠であることから、特集として「食と環境の調和」を取り上げ、私たちの生活に身近な食と環境との関わりなどについて紹介しています。
この白書を通して、食育について広く国民の皆様に知っていただくことを目指しています。

1.令和3年度 食育白書の概要

食育白書は、食育基本法に基づき、政府が毎年、国会に報告しているものです。
第1部では、冒頭に「新型コロナウイルス感染症の感染拡大と食育」として、新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における食育の取組について紹介しています。
また、特集として第4次食育推進基本計画において、持続可能な食に必要なものの一つとして挙げられている「食と環境の調和」を取り上げ、環境に配慮した食生活に対する国民の考え方や実践の状況、環境と調和のとれた食料生産とその消費に配慮した食育の取組事例を紹介しています。

オンライン酪農体験授業の様子
オンライン酪農体験授業の様子

有機稲作体験の様子
有機稲作体験の様子

第2部では、第4次食育推進基本計画で掲げた事項の具体的な取組状況について、全国の様々な事例を紹介しつつ、話題性の高いテーマをコラムとして記述しています。
第3部では、第4次食育推進基本計画で掲げた目標値の進捗状況等について記述しています。

なお、「令和3年度食育白書」本文及び概要は以下のURLで御覧になれます。
URL: https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/wpaper/r3_index.html

2.内容のポイント

第1部 食育推進施策をめぐる状況

新型コロナウイルス感染症の感染拡大と食育
  国民の意識等の変化や、関係省庁における取組、子供宅食における食育活動やオンラインを用いた食育の事例等を紹介

特集 食と環境の調和
  地球環境問題に対する国民の関心や、ふだんの食生活における環境に配慮した行動の実践状況、環境と調和のとれた持続可能な食料生産とその消費に配慮した食育の取組事例を紹介

第2部 食育推進施策の具体的取組

第1章 家庭における食育の推進
「早寝早起き朝ごはん」国民運動の推進等の子供の基本的な生活習慣の形成、妊産婦や乳幼児に対する食育の推進等について記述

第2章 学校、保育所等における食育の推進
 栄養教諭の配置等の学校における食に関する指導体制の充実、学校給食における地場産物等の活用等について記述

第3章 地域における食育の推進
 健全な食生活の実践を促す食育の推進、「日本型食生活」の実践の推進、食品関連事業者等による食育の推進等について記述

第4章 食育推進運動の展開
 「食育月間」の取組、食育推進計画の作成に関する状況等について記述

第5章 生産者と消費者との交流の促進、環境と調和のとれた農林漁業の活性化等
 農泊や農林漁業体験等を通じた生産者と消費者の交流の促進、地産地消の推進、食品ロスの削減等について記述

第6章 食文化の継承のための活動の支援等
 ボランティア等による食文化継承の取組、「和食」の保護と次世代への継承のための取組等について記述

第7章 食品の安全性・栄養等に関する調査、研究、情報提供及び国際交流の推進
 食品の安全に関する情報提供、食品表示の理解促進、日本食・食文化の海外への発信等について記述

第3部 食育推進施策の目標と現状に関する評価

第4次食育推進基本計画で掲げた目標値の進捗状況等について記述

添付資料

報道発表資料(PDF : 797KB)

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:西尾、藤谷、豊嶋
代表:03-3502-8111(内線4578)
ダイヤルイン:03-6744-2125

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader