このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

金子農林水産大臣の海外出張(タイ関係)

  • 印刷
令和4年5月6日
農林水産省輸出・国際局
~タイにて、シーオン農業協同組合大臣と会談後、アジア初となる輸出支援プラットフォーム立ち上げ式に出席~

金子農林水産大臣は、5月4日(水曜日)から5月6日(金曜日)にかけてタイを訪問しました。
5日(木曜日)、現地においてシーオン農業協同組合大臣と会談した後、最先端の農業技術の実証事業を行うクボタファームの視察及び食品・飼料事業など多角的な事業を展開するタイCPグループとの意見交換を行うとともに、アジア初となる輸出支援プラットフォーム立上げ式に出席しました。

1.タイ農業協同組合省との会談

金子農林水産大臣は、タイのシーオン農業協同組合大臣と会談を行いました。会談において、両者は持続可能な食料システムの構築に向けて協力するとともに、スマート農業等の技術革新に関して連携していくことについて確認しました。


2.クボタファームの視察

クボタとタイの大手企業との合弁会社が農業機械化や技術普及を担う農場として設立したクボタファームを視察しました。
我が国はタイとスマート農業に関する協力を推進しています。


3.タイCPグループとの意見交換

金子農林水産大臣は、食品・飼料事業など多角的な事業を展開するタイCPグループのタニン上級会長と日本企業や農林水産物・食品のタイ及びASEANへの展開などについて意見交換を行いました。


4.輸出支援プラットフォーム立ち上げ式への出席

金子農林水産大臣は、「輸出支援プラットフォーム(※)」の立ち上げ式に出席しました。現地の日本食関連事業者等と輸出支援プラットフォーム協議会を作り、官民一体となって日本産農林水産物・食品の輸出に取り組んでまいります。


(※)主要な輸出先国・地域において、輸出事業者を専門的かつ継続的に支援する体制を整備するため、在外公館、JETRO海外事務所、JFOODO海外駐在員を主な構成員とする輸出支援プラットフォームを設置。現地流通やニーズの把握、商流の新規開拓等、現地での販売支援を強化。

お問合せ先

輸出・国際局国際地域課

担当者:山浦、横田
代表:03-3502-8111(内線3470)
ダイヤルイン:03-3501-3731