このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

金子農林水産大臣の海外出張(シンガポール関係)

  • 印刷
令和4年5月9日
農林水産省
~主要輸出先であるシンガポールにて、コー大臣と会談した後、輸出支援プラットフォーム立ち上げ式に出席~

金子農林水産大臣は、5月6日(金曜日)及び7日(土曜日)にかけてシンガポールを訪問しました。7日(土曜日)、現地においてコー持続可能性・環境兼運輸担当上級国務大臣と会談した後、同国の輸出支援プラットフォームの立ち上げ式に出席するとともに、現地の食品関連企業や日系小売店を視察しました。

1.シンガポール持続可能性・環境省との会談

金子農林水産大臣は、シンガポールのコー持続可能性・環境兼運輸担当上級国務大臣と会談を行いました。会談において、原発事故に伴う日本産食品に対するシンガポールの輸入規制が撤廃されたことに謝意を表するとともに、持続可能な食料システムの構築に向けて協力していくことを確認しました。

2.輸出支援プラットフォーム立ち上げ式への出席

金子農林水産大臣は、「輸出支援プラットフォーム(※)」の立ち上げ式に出席し、お集まりいただいた多くの現地事業者の皆様からご意見を伺いました。現地の日本食関連事業者等と輸出支援プラットフォーム協議会を作り、官民一体となって日本産農林水産物・食品の輸出に取り組んでまいります。
(※)主要な輸出先国・地域において、輸出事業者を専門的かつ継続的に支援する体制を整備するため、在外公館、JETRO海外事務所、JFOODO海外駐在員を主な構成員とする輸出支援プラットフォームを設置。現地流通やニーズの把握、商流の新規開拓等、現地での販売支援を強化。

3.現地食品関連企業(ブルーアクア社)の視察

金子農林水産大臣は、現地でエビ等の養殖事業を展開するブルーアクア社の養殖場を視察しました。同社では、使用済みの海水を、消毒薬等の化学物質を利用せずに微生物等を活用した技術で浄化し、再利用しています(同社の特許技術)。

4.日系小売店(ドンドンドンキ、明治屋)の視察

金子農林水産大臣は、日本産農林水産物・食品等を幅広く販売している日系小売店のドンドンドンキ、明治屋を視察しました。シンガポールは日本産農林水産物・食品の世界第8位(409億円(2021年))の輸出先であり、今後も輸出の増加が見込まれます。

ドンドンドンキ

明治屋

添付資料

金子農林水産大臣の海外出張(シンガポール関係)(PDF : 947KB)

お問合せ先

輸出・国際局国際地域課

担当者:山浦、中島
代表:03-3502-8111(内線3472)
ダイヤルイン:03-3502-8087

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader