このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

国際水準GAPガイドライン(試行版)英訳版(暫定版)/Guideline on International-level GAP(Trial Version)

農林水産省では、食品安全、環境保全、労働安全、人権保護及び農場経営管理の5分野からなる国際水準GAPを推進しており、2030年までに国内のほぼ全ての産地で国際水準GAPが実施されることを目標としています。
2020年12月、国内で国際水準GAPの取組を拡大するため、新たに国際水準GAPガイドライン(試行版)を策定しました。本ガイドラインは、当面の間、試行版として運用し、農業者に対してGAP指導を行う都道府県等が活用しやすい資料となるよう見直した上で、2021年度中を目途に正式版として策定する予定です。

この翻訳は、暫定的なものであり、公定訳ではなく、あくまで日本語原文の理解を助けるための参考資料です。日本政府はこのページの翻訳文の正確性、信頼性、最新性について、またこの翻訳文の利用に伴って発生した問題について、一切の責任を負いかねます。

The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries is promoting international-level GAP composed of five fields of food safety, environmental conservation, worker safety, protection of human rights, and farm management, with the aim that international-level GAP will be implemented in almost all domestic production sites by 2030.
In order to expand efforts for international-level GAP in Japan, this Guideline on International-level GAP was newly formulated in December 2020. It is to be put in practice as a tentative version for the time being and is to be reviewed to make it more useful for prefectural governments and other relevant parties that provide GAP-related guidance to agricultural producers. Its final version is scheduled to be formulated in 2021 JFY.

This translation is tentative and unofficial, and is to be used solely as reference materials to aid in the understanding of Japanese original text. The government of Japan is not responsible for the accuracy, reliability or currency of this translation provided in this website, or for any consequence resulting from use of the information in this website.

国際水準GAPガイドライン(試行版)/Guideline on International-level GAP(Trial Version) 

お問合せ先

生産局農業環境対策課

担当者:GAP推進グループ
代表:03-3502-8111(内線4852)
ダイヤルイン:03-6744-7188
FAX番号:03-3502-0869

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader