このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う需要に応じた米の生産・販売の推進に関する要領に定める加工用米の範囲の扱い等について

1.趣旨

新型コロナウイルス感染症の発生による外出自粛要請等により業務用を中心に日本酒の消費が、また、世界的なまん延等の影響により日本酒の輸出が減少し又は減少が見込まれることから、原料米である醸造用玄米の供給が需要を大幅に上回ることが見込まれています。このことから、醸造用玄米の在庫の長期計画的な販売の取組を図りつつ、需要に応じた生産・販売を行うために令和2年産の他用途への転換、需要の拡大を図ることにより、新型コロナウイルス感染症の影響を緩和する必要があります。
このため、添付資料のとおり対応することとしましたのでお知らせします。

2.添付資料

(添付資料)
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う需要に応じた米の生産・販売の推進に関する要領に定める加工用米の範囲の扱い等について(PDF : 71KB)

お問合せ先

政策統括官付穀物課水田農業対策室

担当者:井上、久野
代表:03-3502-8111(内線4778)
ダイヤルイン:03-6744-7135
FAX番号:03-6744-2523

政策統括官付農産企画課

担当者:板倉、上松
代表:03-3502-8111(内線4975)
ダイヤルイン:03-6738-8973
FAX番号:03-6738-8976