このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「父の日」に贈る花・イメージする花 アンケート結果

 去る6月21日の「父の日」のプロモーションの一環として、花き業界が行った「父の日の花贈り」に関するアンケート調査に、当省としても協力し、全体で約3,500の回答がありました。
 アンケートでは、
父の日に花を贈ったことがあるとの回答は13%
父の日に贈る花のイメージは、観葉・多肉植物、ひまわり、バラの順
父の日に贈る花の色は、黄色、青色、白色の順
という結果になりました。
アンケートに回答いただいた方におかれましては、ご協力ありがとうございました。
 今後も様々な機会を捉えて、花きの需要拡大に取り組んでまいりますので、引き続きご協力をお願いします。

「父の日の花贈り」アンケート結果

・実施期間:令和2年6月10日~6月30日
回答数:3,488人(男性 2,061人、女性 1,361人、性別無回答 66人)
回答者の年代分布

回答者の年代構成



問1:「父の日」に花を贈ったことはありますか?

問1の結果

問2:「父の日」に贈る花のイメージは?

問2の結果


問3:「父の日」に贈る花のイメージする色は?

問3の結果

問4:「父の日」に花を贈ることについての意見等ありましたら、ご自由にコメントをお願いします。

いただいたご意見の中から一部をご紹介します。

父の日はお酒や衣類など実用品を贈る風潮が根強いので、宣伝方法には工夫が必要。
著名人や影響力のある人が積極的にPRすることで広がりがつくれる。
「父親をかっこよくする花」、「優しいお父さんへの花」、「楽しい父への花」を設定するなど戦略的なPRが必要。
母の日のカーネーションのように、父の日をイメージしやすい花をうまく打ち出してほしい。
花の消費拡大は賛成だが、花瓶への活け替えや水替えで女性の負担が増える。
  男性側も、花に興味を持つきっかけづくりが必要。
子供から父に花を贈ることで家族のコミュニケーションが向上するなど、「父の日」が素敵な慣習になると良い。
リモートワークが増えているので、自宅のデスクに飾れる花や、ビデオの画面に映る小さくてカッコいい花があっても良い。

アンケート結果の詳細(PDF : 325KB)

お問合せ先

生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室

代表:03-3502-8111(内線4827)
ダイヤルイン:03-6738-6162
FAX番号:03-3502-0889

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader