このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ノングルテン米粉の製造工程管理JASの認証 第1号が誕生しました!!

令和2年10月に農林水産省は、米粉の製造工程において、グルテンが混入する可能性のある箇所を特定し、グルテンの混入を防ぐことにより、製品のグルテン含有量が1ppm以下となるように製造工程を管理する規格である「ノングルテン米粉の製造工程管理JAS(JAS0014)」を制定しました。

厳格に製造工程を管理している事業者が当該JASの認証を取得し、会社のホームページやチラシ等にJASマークを貼付することにより、日本産米粉の国内普及・輸出拡大に向け、企業間取引でJAS認証を受けた管理能力の高さを訴求することができるようになる仕組みです。

当該JASについては、令和3年6月から、登録認証機関である日本農林規格認証アライアンス(JASCERT)が認証を開始したところであり、令和3年6月30日に、第1号のノングルテン米粉の製造工程管理JASの認証が行われたので、お知らせします。

このような、ノングルテン米粉の製造工程管理JASの認証を受けた事業者が製造する米粉製品が、グルテンフリー製品と差別化した形で流通することは、国内外における米粉製品の販売拡大につながるものです。農林水産省としても、今後、更に制度が利用・普及され、認証が広がるよう支援していくこととしております。

【認証されたノングルテン米粉製造事業者】
・株式会社波里(栃木県)


認証制度に関する資料はこちらをご覧ください⇒参考資料(PDF : 443KB)

お問合せ先

農産局穀物課

担当者:新用途米穀推進班
代表:03-3502-8111(内線4239)
ダイヤルイン:03-3502-7950
FAX番号:03-6744-2523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader