このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食料産業局 Facebook ブログ 7月度

Index
※写真にマウスを乗せると拡大表示します(拡大しない画像もあります)

一日でも早い経営再建に向けて~支援策追加のお知らせ~

7月31日(火曜日)企画課

7月の豪雨災害において被災された事業者の方々のお役に立てるよう、各省庁において支援策等の追加・拡充が行われています。

中小企業庁では、中小企業者向け支援策の情報を取りまとめたガイドブックを被災県ごとに作成。厚生労働省では、休業を実施した場合の雇用調整助成金の助成率や支給限度日数の引き上げなど、更なる特例を措置しています。

農林水産省のホームページでは、上記の情報も含め、特に食品事業者の皆様のお力になれる情報を取りまとめておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

(農林水産省食料産業局HP)
平成30年7月豪雨により被害を受けた食品事業者の皆様へ
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/saigai_taisaku.html

2018年夏、「こども霞が関見学デー」のご案内

7月30日(月曜日)企画課

8月1、2日に開催される、「こども霞が関見学デー」では、食料産業局のみならず、水産庁、林野庁などがイベントを開催し、親子で参加できるイベントが盛りだくさん!
喉が渇いたら、北別館1階入り口、本館6階に足を運んで下さい!
オリジナル”ラッピング”自動販売機で国産食材の味をご堪能ください♪
こども霞が関デー見学の詳細については、以下のHPをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/kids/experience/k_d/


<イベントの一部詳細>
ギョーさん、おさかなを知ろう!
さかなクンによる、お魚セミナー。

森林(もり)ではたらく機械を動かしてみよう!
高性能林業機械シミュレーターの操作体験

きみも和食王になろう!
かつお節を削って、だしの試飲ができます。

食品会社のお仕事を見たり、体験したりしてみよう!~フード・コミュニケーション・プロジェクト~
私たちに食品を届けている食品会社のお仕事を見たり、体験することができます。

レトルト食品の秘密と体験試食会
レトルト食品について、パネルで学んでクイズに挑戦します。

しょうゆもの知り博士の出前授業
「しょうゆのマジック=発酵の不思議」を体験し、学習します。

バーチャル・リアリティでお弁当づくり!
バーチャル・リアリティの世界で、色んな素材を調理して組み合わせ、オリジナルのお弁当を作ることができます。

こども霞が関見学デーのポスター

シリーズ「料理マスターズ」シルバー賞受賞者紹介

7月27日(金曜日)食文化・市場開拓課
平成29年度受賞の勝又さんは、海、山、川、湖沼の食材に恵まれた箱根で日本初のオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)を開業しました。地場の食材を輝かせ、生産者の感激を生み出す勝又さんの料理技術は、地域への愛に満ちたマジックのようです。消えつつあった天城軍鶏の復活に尽力するなど、地元生産者への思いはいつまでも続いていきます。
お店情報:オーベルジュオー・ミラドー(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根159-15)
https://mirador.co.jp/ 外部リンク]
もっと詳しい情報をお知りになりたい方は、料理マスターズ全受賞者の情報が掲載されている『料理マスターズガイド2018』(料理マスターズ倶楽部発行)をご覧ください。販売先についてはインターネットで『料理マスターズガイド2018』を検索してください!!

勝又さん勝又さんの料理天城軍鶏オーベルジュオー・ミラドーの外見

ふくしま復興フェア福島県産品即売会を開催!

7月26日(木曜日)食品流通課

平成30年7月27日(金曜日)、農林水産省北別館1階会議室ドアNO.北111-3で、ふくしま復興フェアとして日本橋ふくしま館MIDETTEによる福島県産品の即売会を実施します。
どなたでも立ち寄ることができますので、農林水産省にお越しの際には、是非お立ち寄りください。
東北以外ではなかなか手に入らない品もありますのでお見逃しなく!



ふくしま復興フェアのポスター

大学生の皆様!食と農林漁業大学生アワード2018にご参加ください!

7月25日(水曜日)食文化・市場開拓課

現在、多くの若い世代の皆さんが食や農林漁業に関する様々な活動に取り組まれています。農林水産省では、こうした取組を広く国民の皆様に知っていただくことを目的として、大学生のグループに農林水産大臣賞を授与しています。書類選考に通過した10グループ程度を対象に、11月の「食と農林漁業の祭典」にあわせて、プレゼンテーション審査・表彰式を東京丸の内で開催します。
食や農林漁業について意欲的に活動している大学生の皆様は、これを機に是非、自身の取組を披露してください!
【応募締切】
9月19日(水曜日)17時00分まで
【プレゼンテーション審査・表彰式】
11月4日(日曜日)@東京・丸の内エリア
【詳細はこちら】


http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/180720.html

大学生アワード2018の記念写真大学生アワード2018の様子授与式受賞者の皆さん

「フード・アクション・ニッポン アワード2018」募集中です!

7月24日(火曜日)食文化・市場開拓課

農林水産省では、地域の農林水産物や食文化を活かした魅力的な産品を発掘するコンテスト「フード・アクション・ニッポン アワード2018」の募集を7月23日(月曜日)から行っています。

今年度のテーマは「おいしさで心をつなぐ ニッポンの逸品」。大手百貨店、流通、外食事業者等が審査委員となり、国産農林水産物の魅力を活かした優良な産品をコンテスト形式で発掘し、各社の流通販路を通じて消費者に届けます。
また、今年度は2013年に和食文化がユネスコ無形文化遺産に登録されて5周年の節目であることから、「身近」「手軽」「健康的」をキーワードとして和食文化あふれる食事を摂る機会の増加に官民協働で取り組む「Let’s!和ごはんプロジェクト」の趣旨に沿った産品を特別賞に選定します。

出品の応募締切は、平成30年8月31日(金曜日)です。ご自慢の逸品を大手の流通事業者にPRする機会です。
みなさまのご応募をお待ちしております。



アワードについて
http://syokuryo.jp/award/ 外部リンク]

「Let’s!和ごはんプロジェクト」について
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/wagohan_project.html

記念写真和ごはんプロジェクト参加の食品

外食産業室長が特別対談!「FOODIT TOKYO」開催迫る

7月23日(月曜日)食文化・市場開拓課

農林水産省が後援し、IT感度の高い外食事業者が年に1度集まるホットなイベント「FOODITTOKYO 2018」(2018年9月13日@東京ミッドタウンホール)の開催に当たり、主催者である(株)トレタの中村社長と新藤外食産業室長が特別対談を行いました。

対談内容は、今後イベントのHPで掲載される予定です。それぞれの立場から、外食産業に対する熱い思いを語っております。ぜひ、ご覧ください。


「FOODIT TOKYO2018」のHP
https://foodit.tokyo/event/2018/ 外部リンク]

中村社長との対談対談の様子対談の様子トレタの中村社長と新藤外食産業室長

一日でも早い経営再建に向けて

7月20日(金曜日)企画課

今回の豪雨災害において被災された食品事業者の方々のお役に立てるよう、相談窓口や支援措置など整理したウェブページを作成しました。

各種支援を担当している関係省庁のサイトにもリンクしていますので、ぜひご覧ください。
また、より参考になる情報を掲載できるよう、引き続き更新していく予定です。



(農林水産省食料産業局HP)
平成30年7月豪雨により被害を受けた食品事業者の皆様へ(07月20日から公開)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/saigai_taisaku.html

相談窓口の様子

「平成30年地産地消等優良活動表彰」の応募開始のお知らせ!

7月20日(金曜日)食文化・市場開拓課

農林水産省では、今年度も、地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大に貢献する優れた活動を表彰する「平成30年度 地産地消等優良活動表彰」を8月24日(金曜日)まで募集していますので、ぜひご応募下さい!


詳しくはこちら■
http://www.nomuraholdings.com/jp/company/group/napa/ 外部リンク]


田植えの様子料理教室の様子

HACCPに関する研修について

7月19日(木曜日)食品製造課

農林水産省は、食品製造事業者等にHACCPの導入に向けた人材育成や知識習得をしていただくため、研修の開催への支援を実施しています。
平成30年度のスケジュールの予定は、ホームページを参照願います。研修事業実施事業者の情報については、随時更新していきます。



【掲載場所:農林水産省:研修等のお知らせ】
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/haccp/kensyu/kensyu.html

食料産業局関係補助事業の公募のお知らせ

7月19日(木曜日)食品流通課

平成30年度農山漁村6次産業化対策事業のうち食品流通合理化・新流通確立事業(流通合理化・新流通確立設備等導入事業)について、追加公募を実施します。



http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/180713_1.html

EU5億人の市場が開放されます

7月18日(水曜日)企画課
食7月17日、第25回日EU定期首脳協議が東京で開催され、日EU・EPAの署名式が行われました。詳しくはこちら。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page6_000042.html 外部リンク]

日EU・EPAでは、牛肉、茶、水産物等の輸出重点品目を含め、ほぼすべての品目でEU側の関税が撤廃されます。EU5億人の市場に向けた我が国農林水産物・食品の輸出拡大が期待されています。

もう中学生さんが作画!「食品ロス絵本」原作者募集中!

7月18日(水曜日)バイオマス循環資源課

食品ロスを減らすために様々な取組をしている長野県松本市。この度、松本市では食品ロスに関わる絵本を作成することになり原作者を募集しています。

最優秀賞に選ばれた原作は、イラストを描いた段ボールを使用したコントでおなじみの「もう中学生」さんの作画により、絵本になります!

どなたでも応募可能ですので「もったいない」「食品ロス」を子ども達に楽しく伝えたいという方はぜひご応募なさってみてはいかがでしょうか!



松本市HP
https://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/kankyojoho/haikibutu/syokuhin_loss/shintyaku/syokuhinloss_ehon.html 外部リンク]

食品ロス絵本募集のポスターもう中学生さん

豪雨災害で被災された皆さまへ

7月17日(火曜日)企画課

今回の豪雨災害において、お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された全ての方々にお見舞いを申し上げます。

農林水産省では、広島県、岡山県、愛媛県、高知県の被災地へ向けて、今月8日(日曜日)より飲食料品の支援を行っています。発災当初は命を守るため、カロリー及び水分重視で、調理が不要なパン、乾パン、水等を供給してきました。その後は、避難所の調理環境の改善や現場のニーズを踏まえ、それまでの主食品目に加え、レトルトや缶詰、野菜ジュースや粉ミルクなどバリエーションに富んだ品目を供給しています。

現在は、避難所ではおにぎりやお弁当の配給も始まっていると聞いていますが、今後も自治体と連携して避難所の方々にバランスの良い食料の供給に努めていきたいと思います。

(農林水産省HP:飲食料の支援実績)


http://www.maff.go.jp/j/shokusan/h3007_gouu.html

豪雨災害の集計表

豪雨災害で被災された食品事業者の皆さまへ

7月17日(火曜日)企画課

今回の豪雨災害において被災された事業者の方々が一日も早く事業再開できるように、政府全体として総合的に対策を講ずることとしています。

食品関係の中小企業・小規模事業者の方々に活用いただける災害復旧貸付などの各種支援等や相談窓口については、中小企業庁のHPをご覧ください。

(経済産業省プレスリリース)
平成30年7月豪雨により被災された中小企業者等の皆様へ更なる支援措置を講じます(07月16日)


http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180716002/20180716002.html 外部リンク]

平成30年7月豪雨による災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います(07月13日)
(特別相談窓口の設置)
http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180713008/20180713008.html 外部リンク]

平成30年7月豪雨による災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います(07月06日)
http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180706007/20180706007.html 外部リンク]

また、このほか、食品事業者の方でお困りのことがございましたら、農林水産省として相談窓口を設置しております。こちらもご覧ください。
(農林水産省HP)
農林水産省相談窓口(平成30年7月豪雨)
http://www.maff.go.jp/j/saigai/ooame/h3007/sodan_mado.html

もうすぐ応募締切です。「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」認定制度

7月17日(火曜日)食文化・市場開拓課

「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」とは、地域の食とそれを支える農林水産業や地域資源の魅力で訪日外国人旅行者の誘致に取り組む地域を農林水産大臣が認定し、SAVOR JAPANブランドで世界に向けて我が国が誇る農山漁村の食の魅力を発信する制度です。現在、15地域が認定され、SAVOR JAPANとしての更なる魅力作りと一体的な発信により訪日外国人旅行者の誘客を行っています。SAVORとは「味わう」を意味する英語です。日本を丸ごと味わおう!応募締切は7月31日(火曜日)です。詳しくは以下のURLを御覧ください。


【制度・応募方法はこちら↓】
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/savorjp/index.html

【「SAVOR JAPAN」HPはこちら↓】
https://savorjp.com/en/ 外部リンク]

SAVOR JAPANのイメージ写真

「食品産業生産性向上フォーラムin大阪」を7月5日に開催しました。次は8月28~30日北海道です!

7月11日(水曜日)食品製造課

100社を超える食品関連事業者等が来場し、(株)神戸屋、(株)バイナスの生産性向上に向けた先進事例発表やITベンダーやロボットメーカーの最新技術の紹介に熱心に耳を傾けていました。次回は、8月28~30日に北海道3都市で開催します。入場無料です。特設サイトで申込受付中です。


詳しくはこちらhttp://robo-navi.com/foodforum/ 外部リンク]

生産性向上フォーラムの案内生産性向上フォーラムの様子生産性向上フォーラムの様子

FCP第1回若手フォーラム ~食の安全・信頼の観点から企業行動を考える~

7月11日(水曜日)食品製造課

7月6日(金曜日)に、フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)事務局主催により、企業の若手の方を対象にした勉強会が開催されました。勉強会では、(ア)FCP活動、(イ)勉強会の趣旨・概要、(ウ)協働の着眼点・ベーシック16について学び、その後、参加者が自社の取組をベーシック16に記入し、それぞれのグループにおいてディスカッションを行いました。

/

若手フォーラムの様子

あなたの好きな「ふるさとの味」を教えてください!

7月10日(火曜日)その他

北海道農政事務所では、「受け継ぎたい北海道の食」をテーマに動画コンテストを実施します。写真や手紙の投稿もお待ちしています。詳しくはこちら。


http://www.maff.go.jp/hokkaido/press/syokuryo/keikaku/180710.html

動画コンテストのポスターポスターの裏

官民協働の「Let’s!和ごはんプロジェクト」がスタート!

7月6日(金曜日)食文化・市場開拓課

「Let’s!和ごはんプロジェクト」とは、子どもたちや忙しい子育て世代に、身近・手軽に健康的な「和ごはん」を食べる機会を増やしてもらいたいとの思いをこめて、民間と行政が一体となって新たに取り組むプロジェクトです。
URLhttp://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/wagohan_project.html

日本の年中行事のひとつ「七夕」に当たる7月7日には、プロジェクトメンバーが様々なイベントを実施します。
明日は、七夕にちなんだ「そうめん」や夏野菜のメニューを食べて、日本の食文化に浸ってみませんか?
家での簡単調理でも、買ってきても、レストランで食べてもO.K.です。簡単な「和ごはん」スタイルで!!

<7月7日のプロジェクトメンバーの取組例>
日本の四季・二十四節気に呼応したメニューの販売(全国150店舗)、ご当地食材等を活用した「七夕アゲアゲカーニバル」の開催(木場店)等<株式会社イトーヨーカ堂)>
気軽な調理体験を通じて、七夕の風習である「そうめん」の魅力を伝えるイベントの開催(いちかわコルトンプラザ店)、関連商品の販売(ダイエー・グルメシティ全店)等<株式会社ダイエー>
プロジェクトロゴマーク入りのカップで、さっぱり梅風味のだしスープなどスープ、かつぶしめし2品等の和ごはんメニューを販売(にんべん日本橋だし場)<株式会社にんべん>

~七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕~
7月7日は五節句の1つである「七夕(しちせき)」です。
七夕の節句は、願い事を書いた五色の短冊や飾りを笹竹に吊し、技芸上達・豊作を願い、そうめんを食べて邪気を祓う慣わしがあります。
(七夕にそうめんを食べるのは、古来、そうめんの元になった小麦粉を練った「索餅」を食べていたことや、そうめんを天の川や織姫の織り糸に見立てているからと言われています。)
~七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕七夕~



和ごはんプロジェクトのイメージ写真

全国の生産者が誇る特産品とコラボ!かき氷甲子園7月開幕!

7月6日(金曜日)産業連携課

「ロクジカチャネル」WEB版で、47都道府県の特産品をふんだんに使用したかき氷イベントに関する記事が更新されました!


記事はコチラhttps://6ch.agrijournal.jp/event/22055/ 外部リンク]

他の記事やロクジカチャネルのバックナンバーなどはこちら▼
~6次産業化がもっと身近になる!「ロクジカチャネル」WEB版~
https://6ch.agrijournal.jp/ 外部リンク]

ロクジカチャネルのイメージ写真

ついに開催!食品産業のための「稼ぐ力」応援セミナー

7月5日(木曜日)企画課

「働き方改革」に取り組みたいけど何から手をつければいいのか?
「生産性」を上げたいけど設備投資をする余裕もないしムリ!
と考えている食品事業者の皆さん、本セミナーでは、働き方改革の一流コンサルタントによる働き方改革の基本や先行事例の紹介、中小企業診断士等の中小企業支援のプロによる売上げを増やしコストを減らすためのちょっとした工夫などについて紹介します。
さらに、働き方改革を進めてみたいと考えている皆様には、参加者特典として、希望する方の先着10名様まで、働き方改革の一流コンサルタントによる30分の無料相談が受けられます!
第1回は07月11日(水曜日)です(参加締め切りは07月10日(火曜日))。無料ですので、奮って御参加ください。



http://www.dei.or.jp/seminar/seminar_180711.html 外部リンク]

「稼ぐ力」応援セミナー

HACCP導入状況実態調査結果が公表されました

7月4日(水曜日)食品製造課

平成29年度「食品製造業におけるHACCPの導入状況実態調査」の結果が食料産業局のHACCP支援法のページ、統計部のホームページ及び総務省のe-Stat(政府統計の総合窓口ページ)に掲載されました。



【農林水産省食料産業局HPの掲載場所】
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/haccp/h_toukei.html

第6回食品産業もったいない大賞募集のお知らせ

7月3日(火曜日)バイオマス循環資源課

食品産業の持続可能な発展に向けた優良な取組について表彰を行う「食品産業もったいない大賞」の募集が始まりました!
募集締切は8月31日(金曜日)です。ふるってご応募ください!!

応募方法はこちら(公益財団法人食品流通構造改善促進機構HP)


http://www.ofsi.or.jp/mottainai/ 外部リンク]

昨年度までの受賞実績はこちら(農林水産省HP)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/ondanka/mottai/mottai.html

HACCP手引書が掲載されました

7月3日(火曜日)食品製造課

HACCPの制度化に関し、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書が厚生労働省のホームページに掲載されました。今回掲載されたのは以下の1業種のものです。
スーパーマーケット
今後も様々な業種向けの手引書が作成される予定です。



【掲載場所:厚生労働省:食品等事業者団体が作成した業種別手引書】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028.html 外部リンク]

HACCP手引書のイメージ写真

食料産業局関係補助事業の追加公募のお知らせ

7月2日(月曜日)食品製造課

JAS規格認証支援事業の追加公募を7月31日まで行います。海外工場を含め海外展開のためのJAS認証費用が全額補助されます。7月17日に説明会を開催します。農林水産省HPをご確認ください! 〈農林水産省HP〉

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/180702_1.html

公募のお知らせ



お問合せ先

食料産業局企画課

代表:03-3502-8111(内線4135)
ダイヤルイン:03-6744-2064
FAX番号:03-3508-2417

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader