このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食料産業局 Facebook ブログ 2019年4月度

Index
※写真にマウスを乗せると拡大表示します(拡大しない画像もあります)

GAP認証食材をふんだんに使ったレストランがオープンしました!

4月29日(月曜日)その他

2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会への農産物の食材供給なども一つの契機として、GAP(農業生産工程管理)の取組・認証の拡大が極めて重要となっています。
このような中、3月20日にGAP認証を取得した食材をふんだんに使用したビュッフェ レストラン「グランイート銀座」がオープンしました。早速、職員自ら食事を楽しんできましたので、その様子をご紹介します。
おすすめは、「館ヶ森アーク牧場の豚と鶴翔りんご生産組合のリンゴとセージのキャセロール煮込み」!さっぱりとしていくらでも食べられそうな一品でした! 農林水産省HPでは、GAPに関する様々な情報を発信しております。この機会にぜひご覧ください。
「グランイート銀座」の詳細はこちら↓
https://gran-eat.jp/  [外部リンク]

農林水産省HP「Goodな農業! GAP-info」はこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/gap-info.html

料理をスライドショーで紹介

「職員 × SDGs」研修会を開催!

4月26日(金曜日)企画課

農林水産省では、職員のSDGsへの高い関心に応えるべく、埼玉県三芳町と合同で研修会を開催しました。研修会では、カードゲーム「2030 SDGs」を活用し、我々がどのようにSDGsの壮大なビジョンを実現していくのかを体験し、参加者からはとても好評でした! 食料産業局は、さらなるSDGsの推進のために情報発信に努めていきます。
ご興味のある方は、食料産業局企画課までお気軽にお問合せください♪
SDGsに関する特設ページはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/index.html

研修会の様子を動画で紹介

合い言葉は、日本一楽しいゴミ拾い

4月23日(火曜日)バイオマス循環資源課

4月13日(土曜日)、神奈川県江の島を中心に「日本一楽しいゴミ拾い」を行っている「NPO法人海さくら」の第150回ゴミ拾いに、農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課有志が参加しました。
本イベントでは毎回楽しみながらゴミ拾いができるよう工夫をされており、今回は、海岸に流れ着いたマイクロプラスチックで「アート」を作成しました。目を凝らすと至るところに色とりどりの大小のプラスチック片があり、「アート」を完成することができましたが、プラスチック資源循環対策の必要性を改めて実感しました。
なお、当日の様子は「NPO法人海さくら」の代表ブログからご覧いただけます。
参照URL:http://blog2.umisakura.sub.jp/?day=20190416 [外部リンク]

ゴミ拾いでアート1ゴミ拾いでアート2

HACCP手引書が掲載されました

4月22日(月曜日)食品製造課

HACCPの制度化に関し、HACCPに沿った衛生管理のための手引書が厚生労働省のホームページに掲載されました。 ○HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書 1件
鶏卵選別包装施設・液卵製造施設 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html [外部リンク]

今後も様々な業種向けの手引書が作成される予定です。
手引書全体の掲載場所:厚生労働省:食品等事業者団体が作成した業種別手引書 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00001.html [外部リンク]

HACCP手引書が掲載されました

4月19日(金曜日)食品製造課

HACCPの制度化に関し、HACCPに沿った衛生管理のための手引書が厚生労働省のホームページに掲載されました。 ○HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書 1件
しょうゆ加工品製造
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html [外部リンク]

今後も様々な業種向けの手引書が作成される予定です。
手引書全体の掲載場所:厚生労働省:食品等事業者団体が作成した業種別手引書 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00001.html [外部リンク]

農山漁村における再生可能エネルギーの取組事例紹介

4月18日(木曜日)バイオマス循環資源課

沖縄県の分蜜糖工場では、大量に発生するさとうきびの搾りかす(バガス)の取扱に困っていましたが、発電のためのボイラー用燃料として再利用・有効活用を進め、工場の燃料代等を削減できました。また、燃料とならないバガスもたい肥製造や発酵飼料として余すことなく活用され、資源循環型農業を実現しています。
取組の詳細は以下↓をご覧ください。 http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/attach/pdf/zirei-130.pdf

過去に掲載した取組事例は、こちらからご覧いただけます。 http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/zirei.html

活用事例の様子

HACCP手引書が掲載されました

4月18日(木曜日)食品製造課

HACCPの制度化に関し、HACCPに沿った衛生管理のための手引書が厚生労働省のホームページに掲載されました。 ○HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書 1件
卸売市場水産物卸売業
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html  [外部リンク]

今後も様々な業種向けの手引書が作成される予定です。
手引書全体の掲載場所:厚生労働省:食品等事業者団体が作成した業種別手引書 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00001.html [外部リンク]

SDGsの取組第11弾~株式会社シジシージャパン~

4月17日(水曜日)企画課

食料産業局HPでは、SDGs(持続可能な開発目標)に実践的に取り組んでいる企業を紹介しています。今回は、地域のスーパーマーケットが共同して流通の革新を図り、生活者の安心と健康と心豊かな暮らしに貢献することを目指して、商品開発と供給、物流や情報支援等を行っている会社「株式会社シジシージャパン」の活動を紹介します。 同社は、全国津々浦々のCGCグループ加盟企業が、規模の大小に関わらず、なにかしらの形でSDGsに結びついていると考えて取組を進められるよう、バックアップしています。
詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/cgc.html

SDGsのインタビュー1SDGsのインタビューの様子

SDGsの目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

4月17日(水曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標17を見てみましょう。SDGsの目標17は、持続可能な開発アジェンダを成功へと導くためには、政府、民間セクター、市民社会の間のパートナーシップが必要であることを示しています。
目標17と食品産業との関連として、特設サイトでは、雪印メグミルク株式会社、エスビー食品株式会社、一正蒲鉾株式会社、UCC上島珈琲株式会社の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_17.html

SDGsの目標17

1年で643万トン

4月16日(火曜日)バイオマス循環資源課

農林水産省及び環境省では平成28年度の食品ロスの量の推計結果を公表しました。本来食べられるにも関わらず捨てられた食品ロスは約643万トンと推計され、27年度より3万トン減少しました。関係省庁及び事業者等と協力して、より一層食品ロス削減のための取組を進めてまいります。 詳しくは以下をご覧ください。 http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/190412_40.html

平成28年度の食品ロスの量の推計結果の図

SDGsの目標16:平和と公正をすべての人に

4月16日(火曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標16を見てみましょう。SDGsの目標16は、人権の尊重、法の支配、あらゆるレベルでのグッド・ガバナンス(良い統治)、および、透明かつ効果的で責任ある制度に基づく平和で包括的な社会を目指すものです。
目標16と食品産業との関連として、特設サイトでは、昭和産業株式会社の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_16.html

SDGsの目標16

ジャパン・モール事業の公募情報!

4月15日(月曜日)輸出促進課

海外の主要ECサイトで販売する日本の商品を募集します。ECサイト事業者による選定で採用されると国内取引で自らの商品を出荷できます。輸出手続、海外への輸送、現地での販売は全てECサイト事業者が行います。負担を少なくして海外市場に販売する機会として応募してはいかがでしょうか。応募締切りは平成31 年4月26日(金曜日)です。詳細は以下のジェトロのホームページを御覧下さい。
https://www.jetro.go.jp/services/japan_mall.html [外部リンク]

SDGsの目標15:陸の豊かさも守ろう

4月15日(月曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標15を見てみましょう。SDGsの目標15は、持続可能な形で森林を管理し、劣化した土地を回復し、砂漠化対策を成功させ、自然の生息地の劣化を食い止め、生物多様性の損失に終止符を打つことに注力するものです。
目標15と食品産業との関連として、特設サイトでは、キリン株式会社、株式会社 明治、UCC上島珈琲株式会社の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_15.html

SDGsの目標15

SDGsの目標14 :海の豊かさを守ろう

4月14日(日曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標14を見てみましょう。SDGsの目標14は、海洋・沿岸生態系の保全と持続可能な利用を推進し、海洋汚染を予防するとともに、海洋資源の持続可能な利用によって小島嶼開発途上国(太平洋・西インド諸島・インド洋などにある、領土が狭く、低地の島国)とLDCs(後発開発途上国)の経済的利益を増大させようとするものです。
目標14と食品産業との関連として、特設サイトでは、日本水産株式会社、ユニー株式会社、エームサービス株式会社の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_14.html

SDGsの目標14

SDGsの目標13 :気候変動に具体的な対策を

4月13日(土曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標13を見てみましょう。SDGsの目標13は、気候変動とその影響に対処するだけでなく、気候関連の危険や自然災害に対応できるレジリエンスを構築するためにも、緊急の対策が必要であることを示しています。
目標13と食品産業との関連として、特設サイトでは、キユーピー株式会社、日本マクドナルド株式会社、株式会社アレフ、昭和産業株式会社、株式会社シジシージャパンの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_13.html

SDGsの目標13

SDGsの目標12 :つくる責任 つかう責任

4月12日(金曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標12を見てみましょう。SDGsの目標12は、環境に害を及ぼす物質の管理に関する具体的な政策や国際協定などの措置を通じ、持続可能な消費と生産のパターンを推進することを目指しています。
目標12と食品産業との関連として、特設サイトでは、日本コカ・コーラ株式会社、生活協同組合コープこうべ、イオン株式会社、、不二製油グループ本社、株式会社永谷園ホールディングス、株式会社湖池屋の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_12.html

SDGsの目標12

SDGsの目標11 :住み続けられるまちづくりを

4月11日(木曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標11を見てみましょう。SDGsの目標11は、コミュニティの絆と個人の安全を強化しつつ、イノベーションや雇用を刺激する形で、都市その他の人間居住地の再生と計画を図ることを目指したものです。
目標11と食品産業との関連として、特設サイトでは、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、生活協同組合コープさっぽろ、株式会社シジシージャパンの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_11.html

SDGsの目標11

SDGsの取組第10弾~キユーピー株式会社~

4月10日(水曜日)企画課

食料産業局HPでは、SDGs(持続可能な開発目標)に実践的に取り組んでいる企業を紹介しています。今回は、「おいしさ・やさしさ・ユニークさ」をもって、世界の人々の食生活と健康に貢献することを目指している会社「キユーピー株式会社」の活動を紹介します。
同社は、世界のステークホルダーから支持される企業となるためには、国際目標であるSDGsを意識した事業展開が不可欠であると考えています。
詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/kewpie.html

SDGsキユーピーの取組1SDGsキユーピーの取組2

SDGsの目標10:人や国の不平等をなくそう

4月10日(水曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標10を見てみましょう。SDGsの目標10は、国内および国家間の所得の不平等だけでなく、性別、年齢、障害、人種、階級、民族、宗教、機会に基づく不平等の是正も求めています。
目標10と食品産業との関連として、特設サイトでは、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、アサヒグループホールディングス株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_10.html

SDGsの目標10

香港国際空港の免税店で日本酒のPRを行いました!

4月9日(火曜日)輸出促進課

利用者の6割以上が中国本土からの旅行客という香港国際空港の免税店で、全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会が、中国で開催された日本酒コンテストの受賞酒などを販売しました。免税店のバイヤーを日本の蔵元に招聘し、酒造りの歴史や技術を伝える商談支援も併せて行っています。海外の空港の免税店における日本酒の取扱いはまだまだですが、こうした取組を通じて日本酒に出会える場所を増やしていきます。

香港国際空港内免税店でのプロモーション新潟(佐渡)の酒蔵の視察

SDGsの目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう

4月9日(火曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標9を見てみましょう。SDGsの目標9は、国際的、国内的な金融、技術支援、研究とイノベーション、情報通信技術へのアクセス拡大を通じて安定した産業化を図ることを目指しています。
目標9と食品産業との関連として、特設サイトでは、株式会社ローソン、株式会社ロッテの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_09.html

SDGsの目標9

ご活用ください!レジ・システム補助金のご案内

4月8日(月曜日)食文化・市場開拓課

中小企業・小規模事業者の皆様のレジや受発注システム導入・改修を支援します。本年10月1日の消費税率引上げに伴い、複数税率対応レジや券売機の導入・改修、受発注システム、請求書管理システムの改修等に要する経費の一部を補助します。
詳細については以下のURLをご参照ください。
レジ・システム補助金【第3版】について
https://www.meti.go.jp/press/2018年02月20日190208006月20日190208006-3.pdf

軽減税率対策補助金について
http://kzt-hojo.jp/ [外部リンク]

SDGsの目標8:働きがいも経済成長も

4月8日(月曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標7を見てみましょう。SDGsの目標7は、国際協力の強化や、クリーンエネルギーに関するインフラと技術の拡大などを通じ、エネルギーへのアクセス拡大と、再生可能エネルギーの使用増大を推進しようとするものです。
目標7と食品産業との関連として、特設サイトでは、株式会社アレフ、株式会社ファミリーマートの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_07.html

SDGsの目標8

SDGsの目標7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに

4月7日(日曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標7を見てみましょう。SDGsの目標7は、国際協力の強化や、クリーンエネルギーに関するインフラと技術の拡大などを通じ、エネルギーへのアクセス拡大と、再生可能エネルギーの使用増大を推進しようとするものです。
目標7と食品産業との関連として、特設サイトでは、株式会社アレフ、株式会社ファミリーマートの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_07.html

SDGsの目標7

SDGsの目標6 :安全な水とトイレを世界中に

4月6日(土曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標6を見てみましょう。SDGsの目標6は、飲料水、衛生施設、衛生状態を確保するだけではなく、水源の質と持続可能性をめざすものです。
目標6と食品産業との関連として、特設サイトではサントリーホールディングス株式会社、株式会社 明治の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_06.html

SDGsの目標6

ご活用ください!キャッシュレス・消費者還元事業のご案内

4月5日(金曜日)食文化・市場開拓課

中小・小規模事業者の皆様のキャッシュレス対応を支援します。2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、キャッシュレス・消費者還元事業により中小・小規模事業者のキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援します。
詳細については以下URLをご参照ください。
https://cashless.go.jp/ [外部リンク]

SDGsの目標5 :ジェンダー平等を実現しよう

4月5日(金曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標5を見てみましょう。SDGsの目標5は、女性が潜在能力を十分に発揮して活躍できるようにするため、教育や訓練の充実はもとより、有害な慣行を含め、女性と女児に対するあらゆる形態の差別と暴力をなくすことを目指しています。
目標5と食品産業との関連として、特設サイトでは、味の素株式会社、日本コカ・コーラ株式会社、株式会社ヤクルト本社の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_05.html

SDGsの目標5

平成31年度「料理マスターズ」応募受付開始のお知らせ

4月4日(木曜日)食文化・市場開拓課

平成31年度「料理マスターズ」の応募を4月1日(月曜日)より受付開始いたしました! 応募受付期間は、4月1日(月曜日)~5月10日(金曜日)までとなっています。
今年のラグビーワールドカップ、来年の東京オリンピック・パラリンピックにおいて多くの訪日外国人が見込まれる中、日本の「食」や「食材」、「食文化」を料理などを通してその魅力を力強く伝えることができる「料理マスターズ」は、ますます注目されていきます! 多くの皆様からの応募をお待ちしています。
応募に関する情報はこちらから
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/kensyou/index.html

*写真は、平成30年度シルバー賞、及びブロンズ賞受賞者です(授賞式で撮影)

平成30年度シルバー賞受賞者平成30年度ブロンズ賞受賞者

SDGsの目標4:質の高い教育をみんなに

4月4日(木曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標4を見てみましょう。SDGsの目標4は、2030年までにすべての子供が平等に質の高い教育を受けられるようにすること、高等教育にアクセスできることを目指しています。また、働きがいのある人間らしい仕事や企業に必要な技能を備えた若者・成人の割合を大幅に増加させることもねらっています。
目標4と食品産業との関連として、特設サイトでは、森永乳業株式会社、アサヒ飲料株式会社、ユニー株式会社、株式会社マルイの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_04.html

SDGsの目標4

SDGsの取組第9弾 ~不二製油グループ本社株式会社~

4月3日(水曜日)企画課

食料産業局HPでは、SDGs(持続可能な開発目標)に実践的に取り組んでいる企業を紹介しています。今回は、「不二製油グループ」の活動を紹介します。不二製油グループでは、植物性食品素材を通した社会課題解決を推進していきたいという意志を、「Plant-BasedFoodSolutions」(PBFS)というキーワードに込めて多くの分野で取組を実践されています。 また、インタビューを御希望される方は、食料産業局企画課までお気軽に御連絡下さい。
不二製油グループの取組はこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/fujioil.html

不二製油の取組1不二製油の取組2

SDGsの目標3:すべての人に健康と福祉を

4月3日(水曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標3を見てみましょう。SDGsの目標3は、2030年までに、母子保健を増進し、主要な感染症の流行に終止符を打ち、非感染性疾患と環境要因による疾患を減らすことを含めて、あらゆる年齢のすべての人々の健康と福祉を確保することを目指しています。
目標3と食品産業との関連として、特設サイトでは、株式会社ヤクルト本社、日本ハム株式会社、雪印メグミルク株式会社、株式会社ローソン、アサヒ飲料株式会社、三井製糖株式会社、株式会社マルイの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_03.html

SDGsの目標3

HACCP手引書が掲載されました

4月2日(火曜日)食品製造課

HACCPの制度化に関し、HACCPに沿った衛生管理のための手引書が厚生労働省のホームページに掲載されました。 ○HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書5件
食品添加物製造(ガス充填)
多店舗展開する外食事業者
煮豆製造
精麦及び大麦粉製造
牛乳・乳飲料製造
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html  [外部リンク]

今後も様々な業種向けの手引書が作成される予定です。
手引書全体の掲載場所:厚生労働省:食品等事業者団体が作成した業種別手引書 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00001.html  [外部リンク]

SDGsの目標2 :飢餓をゼロに

4月2日(火曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標2を見てみましょう。 SDGsの目標2は、2030年までに飢餓とあらゆる栄養不良に終止符を打ち、持続可能な食料生産を達成することを目指しています。
目標2と食品産業との関連として、特設サイトでは、味の素株式会社、株式会社伊藤園、キユーピー株式会社、不二製油グループ本社株式会社、カゴメ株式会社、三井製糖株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社の具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_02.html

SDGs目標2

SDGsの取組第8弾 ~株式会社ヤクルト本社~

4月1日(月曜日)企画課

食料産業局HPでは、SDGs(持続可能な開発目標)に実践的に取り組んでいる企業を紹介しています。今回は、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献するという企業理念を持ち続け、グローバル企業へと成長してきた「株式会社ヤクルト本社」の活動を紹介します。 ヤクルトグループは、「人も地球も健康に」をコーポレートスローガンとして事業を展開していることから、SDGsは達成すべき目標として自然と受け入れられるものと考えております。
詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/yakult.html

SDGsの取組紹介1SDGsの取組紹介2

学生による食品ロス提言

4月1日(月曜日)バイオマス循環資源課

「えほロス(恵方巻き食品ロス)」をなくすことを目的に、“Stop! えほロスcampaign”を展開していた学生が、キャンペーン中に集めた630件の署名から得られた様々な意見や、自身達で調べた食品ロスに関する課題を踏まえて、「食品ロス削減に関する提案書」を作成し、この度農林水産省に提出されました。
アルバイトなどで多くの食品が捨てられている現場を見ることが多い世代が、食品ロス問題に真剣に取り組み、情報発信することはとても重要なことであり、このような学生の思いをこちらも真摯に受け止めていきたいと思います。 学生の皆さんありがとうございました!
【えほロスHP】
https://peraichi.com/landing_pages/view/sfp2019eholoss [外部リンク] 

「食品ロス削減に関する提案書」提出の様子「食品ロス削減に関する提案書」提出の様子2

SDGsの目標1 :貧困をなくそう

4月1日(月曜日)企画課

食料産業局「SDGs × 食品産業」特設サイトでは、SDGsの17の目標を食品産業の視点から紹介しています。今日は目標1を見てみましょう。
SDGsの目標1は、2030年までに世界中で極度の貧困にある人をなくすこと、様々な次元で貧困ラインを下回っている人の割合を半減させることなどを目指しています。 目標1と食品産業との関連として、特設サイトでは、株式会社モスフードサービス、エスビー食品株式会社、生活協同組合コープさっぽろの具体的な取組を紹介しています。
詳しくはこちら↓
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/goal_01.html

SDGsの目標1

お問合せ先

食料産業局企画課

代表:03-3502-8111(内線4135)
ダイヤルイン:03-6744-2064
FAX番号:03-3508-2417