このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食料産業局 Facebook ブログ 2019年8月度

Index
※写真にマウスを乗せると拡大表示します(拡大しない画像もあります)

林野庁からのお知らせ:食品事業者の取組 緑の募金で進めようSDGs

8月30日(金曜日)企画課

9月1日から10月31日は、森林ボランティアが行う植樹や間伐などの森林整備、子どもたちへの森林環境教育等を支援する「緑の募金」の秋の募金期間です。国土緑化推進機構では、「緑の募金で進めようSDGs」をスローガンに募金運動を展開しています。そこで、今回は株式会社プロントコーポレーションが行う「緑の募金」の取組について紹介します! 同社では、国産厳選素材を使ったメニュー(「プロント・ラブ・グリーン」キャンペーンの対象メニュー)の売り上げの一部と店頭募金を、東日本大震災・平成28年熊本地震・平成30年7月豪雨・北海道胆振東部地震の被災地域の復興に使われる使途限定の「緑の募金」に寄附しており、募金は地域の防災林等の森林整備、居住地域や学校周辺の緑化の支援に使われています。
また、社員も現地に足を運び、被災した森林の復旧活動等に積極的に関わっています。この取組は、SDGsの目標15「陸の豊かさも守ろう」などに関わる取組です。寄附付き商品の販売以外にも、様々な形で緑の募金に協力いただく方法がありますので、食品事業者の皆様のご協力をお願いいたします。

【緑の募金のお問い合わせ先】
国土緑化推進機構0120-110-381
http://www.green.or.jp/bokin/ [外部リンク]

写真提供:株式会社プロントコーポレーション、国土緑化推進機構

対象メニューには右下の「プロント・ラブ・グリーン」のロゴが入っている緑の募金の対象となる「プロント・ラブ・グリーン」キャンペーンの対象メニュー北海道胆振東部地震で被害を受けた森林の復旧活動に参加するプロントコーポレーションの社員の皆さん

「SDGs×食品産業」セミナーの参加者募集!

8月29日(木曜日)企画課

食料産業局では、SDGsに実践的に取り組んでいる企業を後押しし、また積極的な企業の参画が得られるよう、SDGsに関する基本的な考えや食品企業の取組を紹介するセミナーを10月11日(金曜日)に開催します。
「SDGsについて知りたい!」、「企業の取組を聞いてみたい!」などSDGsに興味がある食品関連企業・業界団体の方は、是非ご参加ください。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kikaku/190829.html

日時:令和元年10月11日(金曜日)10時00分~12時00分
会場:農林水産省本館7階講堂
対象:食品関連企業・業界団体の方、地方自治体、学生等(先着200名)

「SDGs×食品産業」特設サイトは、こちら
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sdgs/index.html

SDGsパンフレット

「農研機構生研支援センター応募前研修」(9月24日)参加者募集

8月28日(水曜日)企画課

農研機構生研支援センターは、同センターの研究資金の課題公募に、より優れた提案をいただけるよう、研究計画作成に当たって、ご留意頂きたい点などについて説明する研修を今年も開催します。
研究計画段階で踏まえるべき、政府全体の科学技術政策の方向性、農林水産科学技術政策の方向性、社会実装につながる研究とするために必要な点、農林水産研究特有の留意すべき点、知的財産面での必要な取り扱いなどの講義を予定しています。
農林水産・食品分野の皆様はもちろん、これまでご応募いただいたことのない方も含めて、幅広い分野の皆様の御参加をお待ちしています。 (なお、本研修の受講が公募の際の応募条件となるものではありません。)

【日時】2019年9月24日(火曜日)11時00分~16時00分
【場所】川崎市産業振興会館4階(川崎市幸区堀川町66-20)
【定員】140名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)
【参加費】無料
【詳細情報と申込】 http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2019年07月13日1558.html[外部リンク]
個別の研究計画作成について細部の説明を行うものではありません。
予定、時間、講師等について変更があり得ます。
【問い合わせ先】 農研機構生研支援センター新技術開発部企画課浅野・野口
TEL 044-276-8597 e-mail:brainki1@ml.affrc.go.jp

チラシ

9月6日まで募集中!「紹介します!わが家の食品備蓄2019」投稿キャンペーン

8月27日(火曜日)企画課

皆さんはご家庭で食品をストックしていますか?
全国各地で大規模な災害が頻発し、地域の食料供給が途絶えるケースも発生している中、災害時に備えて食品をストックしておくと安心です。
農林水産省では、ご家庭での備蓄の取組写真を9月6日(金曜日)まで募集しています。家庭備蓄の様子を写真に撮り、ハッシュタグをつけてSNSに投稿してもらうキャンペーン「紹介します!わが家の食品備蓄2019」を実施しています。投稿いただいた写真の一部を農水省公式Facebookなどで紹介予定です。
詳細は以下のページをご覧ください。
紹介します!わが家の食品備蓄2019(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/foodstock/sns.html

防災キャンペーン

SAVOR JAPAN認定地域 会津若松市の紹介

8月26日(月曜日)食文化・市場開拓課

会津は東北の要衝として栄えた城下町であり、武家文化が今も受け継がれている地域です。その地域性を活かし、武家文化や食・伝統文化、豊かな自然環境を織り交ぜ情報発信を行っています。本地域では、鶴ヶ城を筆頭に多くの史跡が現存しており、当時の雰囲気を感じながら歴史を学ぶことができます。
そして、食文化としては、参勤交代の際に藩主が食べた「重」という料理をルーツにもつ「こづゆ」があります。こづゆは地元の野菜を使った汁物で、現在も冠婚葬祭や正月など「ハレの日」に食べられる郷土料理です。伝統工芸品である会津漆器で提供され、文化と食を一緒に知ることができます。他にも木こりや旅人が食していた「わっぱ飯※」も飲食店等で食べられます。
歴史や食を学んだあとは、伝統文化や自然を満喫する体験はいかがでしょうか。会津漆器の問屋の見学や会津蒔絵の絵付け体験、冬の季節は雪の中から野菜を収穫する雪下野菜の収穫体験など多様な体験を実施しています。このように会津では、歴史と食文化などを組み合わせ観光客をお迎えしています。
是非、会津の食と文化を体験してみましょう!
木製の丸型容器に米を入れ、その上に山菜やそぼろ、鮭などを載せて蒸すもの。

【省投稿動画サイト】NEW!29年度認定地域を載せました!
https://www.youtube.com/playlist?list=PLMvvhD9xvwfk9w9LwryZhjOGiOJkjLXgc&fbclid=
[外部リンク]

【農林水産省公式Webサイトはこちら】
http://www.maff.go.jp/

【会津若松観光サイトはこちら】
https://www.aizukanko.com/ [外部リンク]

【「SAVOR JAPAN」推進事務局HPはこちら】
https://savorjp.com/[外部リンク]

会津若山市

9月1日は、・・・

8月23日(金曜日)企画課

「防災の日」です。
農林水産省では、8月26日(月曜日)~8月30日(金曜日)に農林水産省内の消費者の部屋で「災害時に備えて食品の家庭備蓄を始めよう」特別展示を行います。展示の内容は、家庭備蓄に関するパネル展示や防災グッズに関する展示、備蓄に適した食品の展示や試食などです。これを機会に、家庭備蓄に関する理解を深めていただき、皆様のご家庭での備蓄の実施拡大につなげていただければ幸いです。どなたでもご利用いただけますので、是非、お越し下さい♪

パンフレット

新しい国産商品が集まりました♪

8月22日(木曜日)企画課

農林水産省北別館1階入り口と本館6階に設置している、オリジナル”ラッピング”飲料自動販売機に新しい商品を入荷しました。 北別館1階入り口前のオリジナル”ラッピング”自動販売機は、どなたでもご利用いただけますので、是非、ご賞味ください♪

新商品自動販売機

HACCP手引書が掲載されました

8月21日(水曜日)食品製造課

HACCPの制度化に関し、HACCPに沿った衛生管理のための手引書が厚生労働省のホームページに掲載されました。
HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書 2件
ウスターソース類
医療・福祉施設を対象とするセントラルキッチン https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html [外部リンク]

今後も様々な業種向けの手引書が作成される予定です。
手引書全体の掲載場所:厚生労働省:食品等事業者団体が作成した業種別手引書 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00001.html [外部リンク]

SAVOR JAPANとは?

8月20日(火曜日)食文化・市場開拓課

日本には海外から日本らしい原風景や文化・歴史などを求めて数多くの旅行者が訪れています。そのような方々に、まだ知られていない農山漁村の食文化・伝統・歴史があることを伝えるために「SAVOR JAPAN(農泊食文化海外発信地域)」という認定制度を実施し、情報発信をしています。
例えば、「きりたんぽ」は昔、冬の狩猟の際に携帯食として用いられていました。そして、秋田犬も見た目は可愛いですが狩猟犬として活躍していました。このようなエピソードを交えながら地元で料理を食べ、そして地元の人と一緒に作ってみる。
このような食を通じて、日本の奥深さを感じられる食文化や取組を紹介しています。是非、みなさんもSAVOR JAPAN地域を訪れて深い食のストーリーを感じてみてください。

【省公式ウェブサイトはこちら↓】
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/savorjp/index.html

【「SAVOR JAPAN」推進事務局HPはこちら↓】
https://savorjp.com/[外部リンク]

【省投稿動画サイト】NEW!29年度認定地域を載せました!
https://www.youtube.com/playlist?list=PLMvvhD9xvwfk9w9LwryZhjOGiOJkjLXgc&fbclid=IwAR1EE13wuLRCJJCLjHzJa-k_Q3L1iM8Xtd2-tQV4XMyW-qqBO10WIZmnMrc [外部リンク]

セイバージャパンとは?

今年もやります!「受け継ぎたい北海道の食」動画コンテスト

8月19日(月曜日)その他

農林水産省北海道農政事務所では、北海道の食文化の保護・継承を目的とし、動画の一般応募及びコンテストを実施します。入賞作品は、北海道農政事務所Webサイト、イベント等での掲載・上映により広く紹介させていただきます!是非、皆様からの応募をお待ちしております。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/hokkaido/press/syokuryo/keikaku/190716.html

動画コンテスト

働き方改革の取組~株式会社すかいらーくホールディングス~

8月16日(金曜日)企画課

農林水産省食料産業局では、働き方改革に取り組む食品事業者を紹介するコーナーを開設しました。第1弾として「株式会社すかいらーくホールディングス」の取組を紹介しますので、是非ご覧下さい。
詳しくはこちら
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/kikaku/hatarakikata_shokusan/skylark.html

働き方改革の取組

「6次産業化アワード」エントリー受付締め切り迫る!

8月15日(木曜日)産業連携課

今年も、6次産業化に取り組み、地域を活性化している事例を表彰する6次産業化アワードを募集しています。
募集締切は8月23日(金曜日)。締切間近ですので応募をお忘れなく!
詳細はこちら
https://www.e-toroku.jp/6jika_gpa_r01/[外部リンク]

チラシ

こども霞が関見学デーは、大変賑わいました!

8月14日(水曜日)食品製造課

「こども霞が関見学デー」は、無事2日間の日程を終えることができました。大勢の皆様に足を運んでいただき、ありがとうございました。食料産業局では、「食品会社のお仕事を見たり、体験したりしてみよう!~フード・コミュニケーション・プロジェクト」を担当し、こども達との実演イベントやパネル展示、キャラクターとの記念撮影を実施しました。子どもたちの一生懸命に作業する姿と笑顔にとても癒されました♪
また、来年もお待ちしております!

見学デーの様子1見学デーの様子2見学デーの様子3

消費税軽減税率制度の開始まで残り2ヶ月を切りました!

8月13日(火曜日)企画課

10月1日から消費税の軽減税率制度が始まります。
食品事業者の皆さま、軽減税率制度への準備はお済でしょうか? 政府広報に「知ってほしい!消費税のこと。暮らしのこと。」が公開(8月1日)され、事業者の皆さま向けのページができましたのでぜひご覧下さい。
https://www.gov-online.go.jp/cam/shouhizei/jigyousya/[外部リンク]

国税庁の「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」にも問が追加(8月1日)されました。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/qa_03.htm [外部リンク]
円滑に事業を実施いただけるように、早めのご準備をお願いします!

プラスチック資源循環アクション宣言は現在90件!

8月11日(日曜日)バイオマス循環資源課

農林水産・食品産業関係の企業や団体による「プラスチック資源循環アクション宣言」は、現在90件の応募をいただいています。それぞれの宣言では、3R(リデュース、リユース、リサイクル)、代替素材の活用・研究、環境美化活動など、色々な自主的取り組みが紹介されています。各宣言がより見やすくなるよう、今回、ホームページのデザインを一新しました。ぜひご覧ください。また、宣言の新規応募もお待ちしています!
http://www.maff.go.jp/j/plastic/index.html

ホームページリニューアルアクション宣言地域分布図

夏休み本番!宿題、話題の種にどうですか!?

8月10日(土曜日)総務課

6~8月の間「フリーペーパー道の駅」の2019年夏号にて食料産業局の記事を掲載しております。夏休みを利用して、東北地方へ帰省される方や、道の駅を巡られている方は是非お手に取って見てください。皆様に分かり易い内容で事業の紹介をしておりますので、お子様の夏休みの宿題としてGI(地理的表示)産品を調べたり、6次産業化について調べたりと活用もでき、身近だけど知らないことが載っているかもしれませんよ。
また、記事の中ではアンケートを行っております!!アンケートに答えていただいた方にはプレゼントが当たるチャンスもあります!今回の記事をきっかけに当局の取組を知っていただければ嬉しいです。

【フリーペーパー道の駅バックナンバー】
https://michinoeki-fp.jp/book/kitatouhoku/#page/19[外部リンク]
https://michinoeki-fp.jp/book/fukushima/#page/2 [外部リンク]

【6次産業化についてはこちら】
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika.html

【地理的表示(GI)保護制度についてはこちら】
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gi_act/index.html

【食料産業局についてはこちら】
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/index.html

フリーペーパーフリーペーパー

生鮮食料品等物流におけるワンマイル輸送モデル構築調査(委託事業)

8月9日(金曜日)食品流通課

農産物の生産地では地域の集荷場までの輸送(ファーストワンマイル)についての課題、消費地においては、産地からの直送や物流拠点等から実需への輸送(ラストワンマイル)ついての課題が顕在化しています。本調査はワンマイル輸送の実態把握と、輸送モデル構築によりサプライチェーン末端における持続可能な流通・加工の構造の確立を目的としております。公募を9月2日まで行いますので、ご応募お待ちしております。尚、8月21日に入札説明会を開催いたします。

〈農林水産省HP〉
http://www.maff.go.jp/j/supply/itaku/tyosa/index.html

ゼロハンガーチャレンジ

8月8日(木曜日)企画課

食品ロスを減らしながら、アフリカの子供たちの給食をサポートしてみませんか?
国連WFP協会は横浜市と共催で、世界食料デーキャンペーン2019「Zero Hunger Challenge for AFRICA 食品ロス×飢餓ゼロ」を8月1日から10月31日まで実施しています。期間中に、食品ロスになりがちな食材(賞味期限の迫った食品など)を使った料理のレシピと写真を、ハッシュタグ「#ゼロハンガーチャレンジ」「#wfp」付きでSNSに投稿すると、1投稿につき120円が、寄付協力企業(食品企業を含む12社)によりアフリカの「学校給食支援」に寄付されます。
また、キャンペーン参加飲食店で、食品ロスに配慮したメニューを注文すると、売り上げの10%が寄付されます。 https://www.jawfp.org/worldfoodday2019/ [外部リンク]

農林水産物・食品の輸出相談窓口をご紹介!

8月7日(水曜日)輸出促進課

輸出先国の各種規制・制度、書類手続き方法等のご相談窓口として、在外公館やJETRO、地方農政局等のお問い合わせ先を紹介しています。農林水産物・食品の輸出に関する様々なお問い合わせ・ご相談にぜひご活用ください!
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/e_soudan/index.html

ポスター

農水省内に巨大「ゴチ」現る!

8月6日(火曜日)食文化・市場開拓課

農水省本館6階のオリジナル”ラッピング”自動販売機の横に、国産農林水産物の消費拡大に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」のマスコットキャラクターである「ゴチ」が登場しました!
8月7日(水曜日)、8日(木曜日)は、こども霞が関見学デーです。ゴチと一緒に写真を撮るチャンスです!皆様のご来省をお待ちしております。

ゴチこくさんとゴチ

復興支援マルシェ~特産品販売会~

8月6日(火曜日)その他

農林水産省では、8月7日(水曜日)、8月8日(木曜日)に、平成30年災害や東日本大震災からの被災地の復旧・復興を力強く支援するため、復興支援マルシェを開催します。 どなたでもお買い求めいただけます!商品が売り切れた場合には、終了予定時刻より早く販売を終了することがありますので、お買い求めはお早めに♪

日時:8月7日(水曜日)、8日(木曜日)午前11時~午後3時
こども霞が関見学デー期間中に開催!

場所:農林水産省 本館南口玄関前駐車スペース

復興支援マルシェ

カレーのヒ・ミ・ツ

8月5日(月曜日)食品製造課

8月5日(月曜日)~8月9日(金曜日)に省内「消費者の部屋」の特別展示で、国民食、学校給食の王様と言われる「カレー」をご紹介します!カレーの歴史、種類、健康への効果、製造工程等の紹介に加え、期間中に子どもカレー粉づくり教室やスパイス体験なども開催します。是非、この機会にカレーの魅力を堪能してください♪
詳しくは、こちら
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/805curry.html

ポスター1ポスター2

「令和元年度 地産地消等優良活動表彰」の応募開始のお知らせ!応募〆切まであと1週間です。

8月2日(金曜日)食文化・市場開拓課

農林水産省では、今年度も、地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大に貢献する優れた活動を表彰する「令和元年度 地産地消等優良活動表彰」を8月9日(金曜日)まで募集していますので、ぜひご応募下さい!
詳しくはこちら
https://www.e-toroku.jp/eatlocal2019[外部リンク]

地産地消紹介1地産地消紹介2

8月7日、8日は「こども霞が関見学デー」

8月1日(木曜日)企画課

「こども霞が関見学デー」は、親子で参加できるイベントが盛りだくさん!夏休みの自由研究にもうってつけです! また、こども霞が関見学デー開催期間中は、省内の食堂でお子様用特別メニュー等を用意しているほか、北別館1階入り口と本館6階に設置しているオリジナル”ラッピング”自動販売機では、国産食材のみを扱った飲料品を販売しています!是非、お立ちよりください。
こども霞が関デー見学の詳細については、以下のHPをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/kids/experience/k_d/

<イベントの一部詳細>
きみも和食王になろう!
レトルト食品の秘密と体験試食会
ジビエをもっと身近に
体験!酪農の世界!
おうちでプチ農業体験!~育てて食べてみよう~
田んぼの水はどこからやってくる?~360°動画で見てみよう!~
クジラについて学ぼう!
木のストローをつくろう
かっこいいトラクターに乗ってみよう

見学デーポスター食堂献立自動販売機

お問合せ先

食料産業局企画課

代表:03-3502-8111(内線4135)
ダイヤルイン:03-6744-2064
FAX番号:03-3508-2417