このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食料産業局 Facebook ブログ 2020年7月度

「令和2年度 地産地消等優良活動表彰」の応募開始のお知らせ!

7月30日(木曜日)産業連携課

農林水産省では、今年度も、地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大に貢献する優れた活動を表彰する「令和2年度 地産地消等優良活動表彰」を9月23日(水曜日)まで募集していますので、ぜひご応募下さい!

詳しくはこちら
https://www.e-toroku.jp/eatlocal2020[外部リンク]

昨年度の受賞事例
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gizyutu/tisan_tisyo/index.html


地産地消等優良活動表彰

バイオマス産業都市を募集します!

7月28日(火曜日)バイオマス循環資源課

地域には食品廃棄物や家畜排せつ物、間伐材などのバイオマスが豊富にあり、それらを資源として有効活用することで、循環型社会の形成や、新たな産業や雇用の創出による農山漁村の活性化を効果的に進めることができます。

このため、市町村が中心となって、経済性が確保されたバイオマスの活用に取り組む、「バイオマス産業都市」構想を募集しております。(募集期間:令和2年7月27日(月曜日)から9月18日(金曜日)まで)

詳細は下記URLをご覧下さい。
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/biomass/b_sangyo_toshi/b_sangyo_toshi.html


バイオマス産業都市

JFSを格安で取得するチャンス!

7月27日(月曜日)食品製造課

HACCP制度化の完全施行まで1年を切りました。この機会にHACCP対応だけじゃなく、国内外の大手小売が認めたJFS(日本発の食品安全管理規格)を取得してみませんか?今なら取得を支援する補助金があります。

公募は8月21日(金曜日)まで、詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

「JFS規格取得モデル事業者」を公募します。
https://www.shokusan.or.jp/wp-content/uploads/2020/07/3949_2020JFS_info.pdf[外部リンク・PDF:333KB]


JFS

オマ&ザワの自己紹介だべさ!

7月23日(木曜日)その他

こんにちは!チーム北海道の【なまらでっかい道】です。 私たちは、7月から『オマ君』と『ザワさん』を中心に農業体験や郷土料理、ハーバリウム作りなどを行っていきます! 北海道ならではの体験、北海道の魅力を発信していきますので、お楽しみに♪

また、私たちとコラボしていただける農業者や自治体、農業団体等の方からのご連絡をお待ちしています!

お気軽にご連絡ください。 北海道を盛り上げましょう!

お問い合わせ先
農林水産省北海道農政事務所
HP:https://www.maff.go.jp/hokkaido/
TEL:011-330-8801

https://youtu.be/B3eWClo0W88[外部リンク]

第5回食育活動表彰の募集を開始しました!

7月22日(水曜日)その他

食育を推進する優れた取組を募集します。食育に関するあらゆる取組が応募できます。

食育活動を行っている皆さま、奮ってご応募ください!

ボランティア活動、教育活動又は農林漁業、食品製造・販売等、その他の事業活動を通じて食育を推進する優れた活動を表彰し、さらに食育を広げていきます。

募集締切:令和2年10月30日(金曜日)必着

第5回食育活動表彰(農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/hyousyo/5th/boshu.html

これまでの食育活動表彰(農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/hyousyo/index.html


第5回食育活動表彰

顔出し解禁!なんまら美味しいTKGを作ってみた。Part3

7月14日(火曜日)その他

BUZZMAFF北海道チーム「なまらでっかい道」では、6次産業化の認定事業者「(株)室蘭うずら園さん」の卵を使って、なんまら(なまらのさらに上)美味しいTKG(卵かけご飯)4品(「ノーマルTKG」「鶏がらスープの素TKG」「焼き鳥丼」「納豆TKG」)を作りました。皆さんも是非、作ってみてくださいね♪

https://www.youtube.com/watch?v=kt25kvH-kMA&t=5s[外部リンク]



「6次産業化アワード」エントリー受付開始!

7月13日(月曜日)産業連携課

今年も、6次産業化に取り組み、地域を活性化している事例を表彰する「6次産業化アワード」の募集が始まりました!大臣賞受賞者は、翌年度の農林水産祭に参加することができます。

自薦・他薦を問わず、過去にエントリーし受賞に至らなかった方もその後進展した取組で再度応募することができます。募集締切は9月11日(金曜日)です。今年もふるってご応募ください!!

応募方法はこちら
https://www.e-toroku.jp/6jika_gpa_r02/[外部リンク]

昨年度までの受賞実績はこちら
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/renkei/6jika/good_practice_awards.html


6次産業化アワード

農山漁村における再生可能エネルギーの取組事例紹介

7月9日(木曜日)バイオマス循環資源課

沖縄県久米島町では、農業用水の確保のため、地下水を貯める地下ダムを作りましたが、ダムに貯めた水をため池へ運ぶポンプにたくさんの電気を必要としていました。

そこで、ダムの附帯設備として太陽光発電を設置し、発電した電気は沖縄電力へ全量売電。電気は町内に供給され、売電収入をダムの運営管理費に充てています。太陽光発電による電気により島内の電力需要が補われ、ダムの運用も効率的となり、地域の農業の生産性向上につながっています。

取組の詳細は以下からご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/zirei.html


再生可能エネルギー

ロシア進出を支援します!

7月7日(火曜日)食品製造課

日ロ首脳会議において呈示した「8項目の日露協力プラン」の具体化に向けて、農林水産省では、ロシアへの出店に強い関心を有する日本の外食企業、ホテル等の飲食サービスを提供する企業に対して、出店に関する支援をします。ご関心のある方は、是非、詳細を確認してください。

【補助事業(外食産業の海外展開支援事業)の詳細はこちら↓】
https://www.lapita.jp/2020/07/maff-russia2020.html[外部リンク]

「福山のくわい」がGIに登録されました

7月7日(火曜日)知的財産課

「福山のくわい」が、地理的表示(GI)に登録(第97号)されました。広島県福山市で栽培されている、表面の青色が鮮やかなくわいです。

「芽が出る」縁起の良い食材としておせち料理に使われます。ほっこりとした食感で、唐揚げや素揚げなどの調理法も人気です。


福山のくわい

農山漁村における再生可能エネルギーの取組事例紹介

7月6日(月曜日)バイオマス循環資源課

熊本県合志市では、市の遊休地を活用し、市と地元企業、発電事業者が共に出資した太陽光発電事業が行われています。事業から得られた収益の一部は地域の農業振興に活用され、市内の農作物を使った新商品開発や、農業インフラの改修等の幅広い事業が展開されています。

取組の詳細は以下からご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/zirei.html


取組事例取組事例取組事例

「物部ゆず」がGIに登録されました

7月6日(月曜日)知的財産課

「物部(ものべ)ゆず」が、地理的表示(GI)に登録(第96号)されました。

「物部ゆず」は、高知県香美市で栽培されている、青果用に特化したゆずです。

ゆずは鋭いトゲがあり、皮にキズが付きやすいため、一般に加工用とされることが多い果実ですが、「物部ゆず」は、徹底した栽培管理により美しい外観を有しており、青果用として日本一の生産量を誇っています。


物部ゆず

第8回食品産業もったいない大賞の応募開始!

7月3日(金曜日)バイオマス循環資源課

農林水産省の補助事業により毎年実施している「食品産業もったいない大賞」は、食品産業の持続可能な発展のために「省エネルギー・CO2削減」、「廃棄物の削減・再生利用」、「教育・普及」等の環境対策の取組で、顕著な実績を挙げている食品関連事業者、団体、個人を表彰しています。

第8回食品産業もったいない大賞の応募が開始されました。環境対策に取り組んでいる食品関連事業者等の皆様、ご応募お待ちしています!

詳細は以下の外部リンク先をご覧ください。
http://www.ofsi.or.jp/mottainai/[外部リンク]


もったいない大賞

第5回「うま味調味料活用! 郷土料理コンテスト」開催します

7月2日(木曜日)食品製造課

今年で第5回目を迎える本コンテストは、うま味調味料を活用することで、郷土料理を本来の味わいを大切にしながらよりおいしく減塩し、健康的に将来へ引き継いでいくことを目的として開催しています。

昨年は食と栄養の専門家の方々による厳正な審査の結果、管理栄養士・栄養士のチーム<りん・だら・じゃん>の「五平餅」(愛知)が優勝しました。

日々の食・食文化継承の大切さが再認識されている今、みなさんも、おすすめの郷土料理でうま味調味料を活用したおいしい減塩に挑戦してみませんか?

スケジュール
  エントリー締切:8月31日(月曜日)
  レポート提出締切:10月9日(金曜日)日本うま味調味料協会 必着

応募資格
  2人以上のグループでご応募ください。
   ・味覚評価は3人以上を対象に行ってください。
   ・大人、学生、親子(小学生以下のお子さんは親子でご参加)などのグループで、混成も可能です。例:栄養士養成校・調理師校などの学生、学校の料理クラブ、地域の料理サークル、ご家族のグループ等
   ・レシピ検討・レポート作成等と官能評価メンバーの重複は可とします。

賞・特典
   ○優勝:10万円
   ○準優勝:5万円
   ○参加賞:UMAMI FAMILYシートまな板・日本うま味調味料協会加盟企業の商品詰合せ

今年度コンテスト詳細はこちら→https://www.umamikyo.gr.jp/contest_2020.html[外部リンク]
昨年度の結果はこちら→https://www.umamikyo.gr.jp/contest_result_04_01.html[外部リンク]
問合せ・エントリーはこちら→https://www.umamikyo.gr.jp/inquiry/index.php[外部リンク]


郷土料理コンテスト郷土料理コンテスト

【ディスカバー】農山漁村を知っていますか?

7月1日(水曜日)その他

ディスカバー農山漁村(むら)の宝を知っていますか? 農林水産省では、農山漁村地域に埋もれている魅力的な取り組みを、全国に紹介しています。

第7回選定では、個人向けと団体向けの3部門を募集しています。

6次産業化に取り組んでいる方も、もちろん応募できます!

昨年度は、官邸にて、授賞式と交流会を行いました。
たくさんのご応募をお待ちしております。

特設サイトリンク
https://www.discovermuranotakara.com/[外部リンク]


第7回選定第7回選定

お問合せ先

大臣官房 新事業・食品産業部 新事業・食品産業政策課

代表:03-3502-8111(内線4012)
ダイヤルイン:03-6744-2054