このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

お肉について|フェアプライスプロジェクト

お肉お肉

お肉

牛や豚、ニワトリなどの家畜を育てるには、たくさんの飼料(エサ)を与えなければなりません。日本ではその飼料の多くを、海外から輸入しています。今、円安やウクライナ情勢の影響などで、輸入飼料の価格が大きく値上がりしています。また家畜の飼育や加工に使う機械を動かすための電気代や燃料代も同じ理由で上がっています。畜産に携わる方々の努力により、上昇した生産コストを最大限抑える努力を続けていますが、肉の生産コストがとても高くなっている中で、コスト削減努力は限界に近付いており、これまでどおりの価格で販売をつづけると、採算があわないことから畜産農家とそのまわりの加工や販売などに携わる人たちの生活が立ち行かなくなってしまいます。これからも、わたしたちの食卓においしくて良質な牛肉や豚肉、鶏肉を届けてもらうためには、需要等を考慮しつつ、上昇した生産コストを適正に販売価格に反映し、その価格を引き上げることについて御理解いただきたいと思います。

※動画はYouTubeに外部リンクします

  • 当サイト「フェアプライスプロジェクト」は令和4年度円滑な価格転嫁に向けた​消費者理解醸成対策委託事業​のうち広報事業​で作成したものです。