このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

登録の変更申請の公示(申請番号第49-1号)

更新日:令和4年3月3日
担当:輸出・国際局 知的財産課
下記の登録産品について、登録の変更申請の公示をしたのでお知らせします。

八丁味噌

1
変更申請の番号
 第49ー1号
2 変更申請年月日  令和4年2月18日
3 変更申請者の名称  愛知県味噌溜醤油工業協同組合
4 変更申請者の住所  愛知県名古屋市中区栄1丁目16番7号
5 変更申請者の代表者の氏名  代表理事 中村 光一郎
6 変更申請者のウェブサイトのアドレス  http://www.aichimisotamari.or.jp/【外部リンク】
登録番号   第49号
登録年月日   平成29年12月15日
9 登録に係る特定農林水産物等の区分
(変更前)
 第27類 調味料及びスープ類 豆味噌
(変更後)
 第8類 調味料類 みそ(豆味噌

10 登録に係る特定農林水産物等の名称 (変更前)
 八丁味噌(ハッチョウミソ)
(変更後)
 八丁味噌(ハッチョウミソ)、Hatcho Miso

11 登録に係る特定農林水産物等の生産の方法 (変更前)
 (3) 仕込・熟成
 豆麹、塩、水を混ぜてタンク(醸造桶)に仕込み、重しをのせて一夏以上(温度調整を行う場合は25℃以上で最低10か月間)熟成させる。
 重しは、負荷をかけることにより、仕込み・発酵を均一化・安定化させ、味噌タンク中の空気を追い出し、味噌の酸化を抑える目的で使用し、その形状は問わない。

(変更後)
 (3) 仕込・熟成
 豆麹、塩、水を混ぜてタンク(醸造桶)に仕込み、重しをのせて1年以上(温度調整を行う場合は25℃以上で最低10か月間)熟成させる。
 重しは、負荷をかけることにより、仕込み・発酵を均一化・安定化させ、味噌タンク中の空気を追い出し、味噌の酸化を抑える目的で使用し、その形状は問わない。

12 登録に係る特定農林水産物等がその生産地において生産されてきた実績 (変更前)
 出荷された「八丁味噌」について、過去3年間の出荷数量は下記の通りです。

(変更後)
 出荷された「八丁味噌」について、平成24年から26年までの過去3年間の出荷数量は下記の通りです。
12 登録に係る特定農林水産物等の写真 [049_八丁味噌]産品画像
13 公示の年月日  令和4年3月3日
14 申請書等の縦覧期間
(公示開始日から3か月間)
 令和4年6月3日
15 意見書提出期間
(公示開始日から3か月間)
 令和4年6月3日

縦覧及び意見書提出についてはこちら

変更申請書(PDF : 374KB) 明細書(PDF : 122KB) 生産行程管理業務規程(PDF : 318KB)

お問合せ先

輸出・国際局知的財産課

担当者:地理的表示保護制度担当
代表:03-3502-8111(内線4284)
ダイヤルイン:03-6744-2062
FAX番号:03-3502-5301

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader