このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「国産食材モリモリキャンペーン」推進中!

モリモリキャンペーンロゴマーク

【目的】

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、イベント自粛等の影響を受け、学校給食や飲食店等向けの食材需要が減少しています。
こうした中、野菜、食肉、水産物、果実、牛乳、きのこ等の国産農林水産物の一層の消費を促すため、フード・アクション・ニッポン(以下、「FAN」という)の取組の一環として、JAや民間企業等と連携し、3月17日から「国産食材モリモリキャンペーン」を開始しました。
一緒にキャンペーンを盛り上げていただける民間企業、団体、行政等の皆様におかれましては、まずはFANの推進パートナーへの登録をお待ちしております。
FAN推進パートナー登録:https://syokuryo.maff.go.jp/[外部リンク]

【取組内容】

国産農林水産物の消費拡大につながる情報や活動の発信

国産農林水産物の魅力や、国産食材を活用した家庭で手軽に作れるメニューなど国産農林水産物の消費拡大につながる情報や活動等について、農林水産省公式YouTubeチェンネル「maffchannel」やSNS等多様なメディアで広く発信します。
国産農林水産物の魅力や料理等の情報発信を行っている著名人等をFANのアンバサダーである「FANバサダー」に任命します。
FANバサダー自らのSNSや農林水産省の「BUZZ MAFF」とコラボして、国産食材を活用して手軽に作れるメニューや国産農林水産物の良さ等を消費者に伝える動画を作成し、「BUZZ MAFF」で配信します
農業女子プロジェクト、水産女子プロジェクト、Let’s!和ごはんプロジェクト等省内プロジェクトのほか、FANの推進パートナーをはじめ民間企業等と広く連携し、ロゴマークの活用等も促進しながら、国産農林水産物の需要喚起につなげていきます。

【FANバサダー芸人の任命とBUZZ MAFFと連携した動画撮影】

本キャンペーンのキックオフとして、令和2年3月18日(水曜日)にゴボウやピーマンなど野菜やお米をテーマとした歌で子供たちに人気のお笑い芸人「小島よしお」氏と料理芸人である「クック井上。」氏をFANバサダー芸人に任命しました。
任命式では、伊東農林水産副大臣が両名に任命状を授与しました。

任命式の様子1

任命式の様子2


また、同日午後に、JAビル「ミノーレ」で、FANバサダー芸人の2人と「BUZZ MAFF」とのコラボ企画として、国産食材を活用して手軽に作れるメニューや国産農林水産物の良さ等を消費者に伝える動画撮影を行いました。FANバサダーの「笑味ちゃん」(JAグループ「みんなの良い食プロジェクト」マスコットキャラクター)も、美味しそうに国産食材をたくさん持っての参加です。

撮影風景画像1

撮影風景画像2

撮影風景画像3

撮影風景画像4



お問合せ先

食料産業局食文化・市場開拓課国産消費企画班

代表:03-3502-8111(内線3803)
ダイヤルイン:03-6744-2352
FAX番号:03-6744-2013

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader