このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和2年度食品の品質・安全管理サポート事業


平成30年6月13日に改正食品衛生法が公布され、原則全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理に取組むこととなりました。農林水産省では、食品等事業者の皆様が新制度に円滑に対応できるよう、課題解決実証や研修会の開催等を支援しています。このページでは、令和2年度食品の品質・安全管理サポート事業について掲載しています。

PR版資料

事業の公募(令和2年2月4日~21日まで)


事業の内容<補助>

1.HACCP課題解決モデル実証

ア.課題解決実証
6次産業化に取り組む農林漁業者等を含む食品等事業者が、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書(HACCP手引書)を参考に、HACCP制度化に円滑に対応できるよう、有識者を派遣した課題解決実証を支援します。

イ.手引書解説書の作成
6次産業化に取り組む農林漁業者等を含む食品等事業者が、参考とするHACCP手引書を容易に選択・活用できるよう、HACCP手引書の選択・活用方法等について、事例等を取り込んだ解説書の作成を支援します。

ウ.学習教材の作成
HACCP制度化に関して、研修会等の参加が困難な食品等事業者も取り組めるよう動画等の学習教材の作成を支援します。

2.HACCP制度化への対応のための人材育成

食品等事業者がHACCP制度化に円滑に対応できる体制を構築するため、研修会の開催による人材育成を支援します。

要綱・要領

農山漁村6次産業化対策事業補助金交付要綱(PDF : 795KB)

農山漁村6次産業化対策事業実施要綱(PDF : 336KB)

食品の品質・安全管理サポート事業実施要領(PDF : 297KB)

事業実施主体

補助金交付候補者(PDF : 50KB)

お問合せ先

食料産業局室食品製造課食品企業行動室

担当者:品質管理普及班
代表:03-3502-8111(内線4164)
ダイヤルイン:03-3502-5743
FAX番号:03-3502-5336

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader