このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

計画策定支援

平成31年度/令和元年度

農林漁業関係者や地方公共団体が抱える地域課題

北海道のある農業団体         「乳用牛糞尿により生成したバイオガスの活用モデル」
北海道のある地方公共団体   「家畜排泄物(主に乳牛)のバイオマス活用」
茨城県のある農業法人         「パプリカ栽培への熱供給」
長崎県のある地方公共団体   「陸上養殖への再生可能エネルギー活用」
【応募終了】課題解決策募集パンフレット(PDF : 1,021KB)

平成30年度

農林漁業関係者や地方公共団体が抱える地域課題

【第1期】
福島県のある地方公共団体   「牛・鶏・豚の糞尿によるバイオガス発電システムの導入モデル」
福島県のある農業団体         「耕作放棄地を活用した資源作物の栽培」「牛糞尿バイオガス発電の余剰熱活用」
千葉県のある農業法人         「豚糞尿と食品残渣などによるバイオガス発電と余剰熱活用」
【応募終了】課題解決策募集パンフレット(PDF : 1,415KB)

【第2期】
福井県のある地方公共団体  有害鳥獣焼却施設における廃熱利用および地域資源の活用モデル」
兵庫県のある農業団体        「肉用牛の糞尿によるバイオマス活用システム」
熊本県のある農業法人        「鶏糞尿によるバイオマス発電システムの導入モデル」
【応募終了】課題解決策募集パンフレット(PDF : 1,934KB)

平成29年度

農林漁業関係者や地方公共団体が抱える地域課題

岩手県のある地方公共団体      「牛糞尿バイオガス施設で発生する余剰エネルギーの有効活用」
福島県のある農業団体            「耕作放棄地の有効活用」「エネルギー創出による新たな収入源」
福井県のある地方公共団体      「食品加工残渣を活用したメタンガス発電・熱利用」
静岡県のある地方公共団体      「地元農家が持続的に維持管理可能な小水力発電運用モデル」
和歌山県のある地方公共団体   「山椒農家における再生可能エネルギー活用モデル」
【応募終了】課題解決策募集パンフレット(PDF : 1,600KB)

お問合せ先

食料産業局バイオマス循環資源課再生可能エネルギー室

担当者:再生可能エネルギー企画班
代表:03-3502-8111(内線4341)
ダイヤルイン:03-6744-1507
FAX番号:03-3502-8285