このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和3年度外食産業事業継続緊急支援事業の公募について

農林水産省では、令和3年度外食産業事業継続緊急支援事業に対する補助を実施します。当該補助を希望される場合は、下記に従い御応募下さい。
なお、本公募は、間接補助事業者(食事券の発行等を実施する事業者又は業態転換等の取組を行う飲食店)に対して補助金の交付等の事業を実施する補助事業者を募集するものであり、間接補助事業者を募集するものではありません

1 事業の趣旨

新型コロナウイルスの影響により経営環境が悪化した外食産業の需要を喚起するため、サービス産業消費喚起事業(Go To Eat キャンペーン)給付金及び飲食業消費喚起事業給付金に関する給付規程(令和2年10月9日付け2食産第3487号)第1条における給付金の給付に基づき行われる「Go To Eat キャンペーン」について、より安全・安心を確保した新たな仕組みの下、感染状況等を踏まえつつ、必要な事業期間を確保して実施します。
また、併せて、飲食店の感染防止策の強化やテイクアウト・デリバリー等の取組を支援します。

2 事業の概要

本事業の概要については、「令和3年度外食産業事業継続緊急支援事業に係る公募要領」(以下「公募要領」という。)第3を御参照ください。

3 応募資格及び応募方法

以下に掲げる本事業の公募要領等を御参照ください。

【参照】
令和3年度外食産業事業継続緊急支援事業に係る公募要領(PDF : 425KB)
別記様式(PDF:309KBWORD:68KB

外食産業事業継続緊急支援事業補助金交付等要綱(PDF : 328KB)
外食産業事業継続緊急支援事業実施要領(PDF : 223KB)
補助事業等の実施に要する人件費の算定等の適正化について(PDF : 124KB)

4 公募の期間

公募の期間は令和4年3月2日(曜日)から令和4年3月15日(曜日)までとします。

5 補助金交付候補者の選定方法

令和3年度外食産業事業継続緊急支援事業に係る公募要領に基づき、提出された課題提案書等について審査を行い、本事業の予算の範囲内で、最も得点が高い者を補助金交付候補者として選定します。
また、提出された課題提案書等については、必要に応じて内容についての問い合わせ、追加資料の要求、事業実施計画等の修正及び所要額の減額等を行うことがあります。

6 課題提案書等の提出期限、提出先及び提出部数

(1)提出期限

令和4年3月15日(火曜日)17時必着

(2)提出先

「10 問い合わせ先」と同じ。
(原則として電子メールにより提出することとし、やむを得ない場合には、郵送又は宅配便(バイク便を含む。)、持参も可とします。)

(3)提出部数

事業に係る課題提案書 1部
応募者の概要(団体概要等)が分かる資料(パンフレット等) 1部
郵送、宅配便(バイク便を含む。)又は持参により提出する場合は、コピーの原紙として使用しますので、パンフレット等も含めコピーできるよう、A4片面クリップ止めでご提出ください。

7 課題提案会の開催

開催する場合には、応募者に対して事前に連絡します。

8 課題提案書等の無効

本公示に示した応募要件を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9 その他

本公示に記載なき事項は、公募要領によります。

10 問い合わせ先

〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省大臣官房新事業・食品産業部外食・食文化課Go To Eatキャンペーン準備室(別館4階ドアNo.別405)
電話:03-3502-8111(内線:4160)
Email:gaishoku_shinsei★maff.go.jp
(メール送信の際は★を@に置き換えてください。)

以上、公示します。

令和4年3月2日

農林水産省大臣官房
総括審議官(新事業・食品産業)
水野  政義

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader