このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和4年度の輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業の公募について

1 事業の趣旨

本事業は、国民生活や食品事業者等の事業継続に支障が生じることのないよう、国産原材料の切替え等により食品製造・供給の安定化や、商品の高付加価値化を通じた円滑な価格転嫁を促進するとともに、生産方法の高度化等により、価格が高騰している輸入原材料の使用コストを削減するなど、商品価格への波及の抑制に資する施策を一体的かつ総合的に推進します。

2 事業の概要

輸入小麦をはじめとした食品産業で使用される輸入原材料は、今般のウクライナ情勢等の影響により世界的に価格高騰していることから、本事業の事業実施主体は、国民生活や食品事業者等の事業継続に支障が生じることのないよう、価格が高騰している輸入食品原材料を使用している食品製造業者等に対し、原材料を切り替えた新商品等の生産・販売(価格転嫁に見合う付加価値の高い新商品の開発を含む)や、原材料の使用コストを削減した新商品等の生産・販売、新たな生産方法の導入等の取組のほか、併せて国内で自給可能である米の消費促進や、円滑な価格転嫁に資する情報発信について臨時的に支援が実施できるよう、事業実施者の募集・審査、補助金の交付、事業の調整、進行管理及び広報等の事務を行うものとします。

3 応募資格及び応募方法等

以下に掲げる本事業の公募要領等を御参照ください。

    【参照】
輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業に係る公募要領(PDF : 465KB)(令和4年5月18日16時差替)
輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業補助金交付等要綱(PDF : 658KB)(令和4年5月18日12時差替)
輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業実施要領(PDF : 730KB)(令和4年5月18日12時差替)
補助事業等の実施に要する人件費の算定等の適正化について(PDF : 153KB)

4 公募の期間

公募の期間は令和4年5月12日(木曜日)から令和4年5月25日(水曜日)までとします。

5 補助金交付候補者の選定方法

輸入小麦等食品原材料価格高騰緊急対策事業(以下「補助事業等」という。)に係る公募要領に基づき、提出された課題提案書等において審査を行い、本事業の予算の範囲内で、得点の最も高い1者を補助金交付候補者に選定します。

6 補助事業等の条件を示す場所、実施要綱等を交付する場所及び日時

 (1)日時:令和4年5月12日(木曜日)~令和4年5月25日(水曜日) 10時00分~17時00分
 (2)場所:農林水産省大臣官房新事業・食品産業部食品製造課
(別館4階ドアNo.405)

7 課題提案書等の提出期限、提出先及び提出部数

 (1)提出期限:令和4年5月26日(木曜日)17:00必着
 (2)提 出 先:〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省大臣官房新事業・食品産業部食品製造課
                     (別館4階ドアNo.405)
 (3)提出部数:課題提案書1部
提出者の概要(会社概要等)1部
 (4)  提出方法:提出資料は、A4両面印刷で提出してください
電子メールによる提出は提出期限までに以下アドレスへ提出ください
メールアドレス:shinsyoku-01★maff.go.jp
(メール送信の際は★を@に置き換えてください)

8 課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9 その他

本公示に記載なき事項は、公募要領によるものとします。

10 問い合わせ先

 (1)日時:令和4年5月12日(木曜日)~令和4年5月25日(水曜日) 10時00分~17時00分
 (2)場所:農林水産省大臣官房新事業・食品産業部食品製造課
(別館4階ドアNo.405)
直通:03-6744-1869

 

以上、公示します。

令和4年5月12日


農林水産省大臣官房総括審議官
水野政義

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader