このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和4年度国産小麦供給円滑化事業のうち国産小麦安定供給強化対策の公募の実施について

令和4年度国産小麦供給円滑化事業のうち国産小麦安定供給強化対策に係る補助事業者(事業実施主体)を以下のとおり公募します。

1 事業の趣旨

小麦等(小麦、大麦及びはだか麦をいいます。以下同じ。)の国際価格については、北米産小麦の不作等に加え、ロシアのウクライナ侵攻により、両国からの小麦等の供給懸念が高まったことで、高い水準で不安定な動きとなっています。こうした状況に対して、輸入依存度の高い小麦等について、国際価格高騰の影響を緩和しつつ、輸入依存度を下げる観点から、豊凶変動に対応し、凶作時であっても安定して供給できる体制づくりを支援する必要があります。
このため、国産小麦等を新たに一定数量保管し、安定供給体制の強化に取り組む者に対して、必要な保管施設及びその附帯設備並びに保管施設の整備と一体的に整備される処理加工施設の整備を支援することとします。

2 公募対象事業の内容及び応募方法等

本公募の対象とする事業の内容及び応募方法等については、令和4年度国産小麦供給円滑化事業のうち国産小麦安定供給強化対策に係る公募要領(以下「公募要領」という。)等をご参照いただき、応募書類を作成し、公募期間中に公募要領に記載の提出先に提出してください。
 公募要領(PDF : 223KB)
 国産小麦供給円滑化事業補助金交付等要綱(PDF : 61KB)
 国産小麦供給円滑化事業実施要領(PDF : 319KB)
 麦・大豆保管施設整備事業補助対象事業事務及び補助対象事業費の取扱い(PDF : 617KB)

3 応募書類

4 公募期間

令和4年4月28日(木曜日)~令和4年6月10日(金曜日)午後5時(必着)

5 応募・問い合わせ先

応募書類の提出先及び問い合わせ先は下記のとおりとします。

応募・問い合わせ先 管轄する都道府県 電話番号・メールアドレス
北海道農政事務所生産支援課 北海道 011-330-8807
seisan_hokkaido@maff.go.jp
東北農政局生産振興課 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県 022-221-6169
tohoku_daizu@maff.go.jp
関東農政局生産振興課 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県、福島県 048-740-0409
kanto_suishin@maff.go.jp
北陸農政局生産振興課 新潟県、富山県、石川県、福井県 076-232-4302
hokuriku_mugidaizu01@maff.go.jp
東海農政局生産振興課 岐阜県、愛知県、三重県 052-223-4622
mugimame_tokai@maff.go.jp
近畿農政局生産振興課 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県 075-414-9020
jizokuteki_kinki@maff.go.jp
中国四国農政局生産振興課 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県 086-224-9411
komeseisan_chushi@maff.go.jp
九州農政局生産振興課 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県 096-300-6222
seisan_kyushu@maff.go.jp
内閣府沖縄総合事務局生産振興課 沖縄県 098-866-1653
okinawa.seisan.v6g@ogb.cao.go.jp
農林水産省農産局穀物課 ー(問い合わせのみ対応可) 03-6744-2108


問い合わせの受付時間は、月曜日から金曜日まで(祝祭日を除く。)の午前10時~午後5時(正午~午後1時を除く。)とします。

6 審査方法

公募要領に基づき提出された応募書類について、国産小麦供給円滑化事業実施要領等に基づき、適格性、事業の効果等の観点から審査を行い、同要領の採択基準に基づくポイントの高い順に採択優先順位を定め、補助事業者となり得る候補者を選定するものとします。

7 その他

(1) 審査の過程において、資料の追加等を求める場合があります。
(2) 本公示に記載のない事項については、公募要領によるものとします。

 

以上、公示します。

令和4年4月28日

農林水産省農産局長
平形 雄策

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader