このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和2年度次世代につなぐ営農体系確立支援事業のうちデータ駆動型農業(スマートグリーンハウス展開推進)の公募について

次世代へつなぐ営農体系確立支援のうちデータ駆動型農業の実践・展開(スマートグリンハウス展開推進)」を令和2年度に実施するため、広く企画の提案を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従いご応募ください。 なお、本事業は、令和2年度政府予算原案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

1 事業の趣旨

本事業は、実需者ニーズを踏まえた野菜等の周年安定供給に貢献するとともに、所得の向上と地域の雇用創出が見込まれる有望な農業経営部門である施設園芸における生産性向上に向けて、データ駆動型農業を実践した施設園芸「スマートグリーンハウス」への転換(以下、「転換」という。)に取り組んだ産地で得られた転換の手法及びその成果を横断的に取りまとめ、全国に波及させることを目的とする。
本事業では、データ駆動型農業を実践した施設園芸の全国展開を促進するため、転換に取り組んだ産地等の取組に関する横断的な情報発信、先進的な取組を行う生産者のネットワークの形成、栽培・経営指導、データ等の収集・分析、手引きの策定等、転換に向けた指導者育成のための研修、人材育成カリキュラムの検討等、転換の技術導入コスト及びランニングコスト低減に向けた検討・普及等、農業用ハウスの設置コスト低減に向けたビジネスモデルの構築、低コスト化技術の収集・発信等の取組を支援する。

2 事業の概要、応募資格及び応募方法

次世代へつなぐ営農体系確立支援のうちデータ駆動型農業の実践・展開(スマートグリンハウス展開推進)事業公募要領等を御参照ください。

3 公募の期間

公募の期間は令和2年2月21日(金曜日)から令和2年3月12日(木曜日)までとします。

4 補助金等交付候補者の選定方法

公募要領の10に基づき、提出された応募申請書等において審査を行い、補助金等交付候補者として1者を選定する。

5 公募要領等を交付する日時及び場所

(1) 日時

令和2年2月21日(金曜日)から令和2年3月12日(木曜日)まで
午前10時から午前12時まで及び午後1時から午後5時まで(土日、祝祭日の除く。)

(2) 場所

農林水産省生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室
施設園芸対策班(本館2階ドアNo.279)

6 応募申請書等の提出期限及び提出場所

(1) 提出期限

令和2年3月12日(木曜日)午後5時必着

(2) 提出先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室
施設園芸対策班(本館2階ドアNo.279)

7 応募申請書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の応募申請書等は無効とする。

8 その他

本公示に記載なき事項は、公募要領による。

9 問合せ先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室
施設園芸対策班(本館2階ドアNo.279)
FAX:03-3502-0889
電話:03-3593-6496
担当:角張、菊池

 

以上公示する。

令和2年2月21日

農林水産省生産局長
水田 正和

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader