このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和2年度草地難防除雑草駆除技術実証事業実施主体の公募について

令和2年度草地難防除雑草駆除技術実証事業(以下「本事業」という。)に係る事業実施主体を公募します。本事業の実施を希望される方は、下記に基づき御応募ください。
なお、本事業は、令和2年度第3次補正予算案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

1 事業の趣旨

国産乳製品等の市場の維持・拡大に必要な飼料コスト低減と輸出に向けた高品質な国産牛乳乳製品等の生産のためには、「総合的なTPP等関連政策大綱」(令和2年12月8日TPP等総合対策本部決定)に即し、自給飼料の一層の生産拡大と高品質化を進め、畜産・酪農経営の生産基盤を強化することが必要となっています。
一方、近年では、メドウフォックステイル等の特に防除の難しい難防除雑草が草地に侵入しており、牧草の品質・収量に大きな影響を与えることから、早期に防除を進めることが必要となっています。
また、TMRセンターで管理する草地に難防除雑草が繁茂している場合、TMRセンターで生産するTMRの品質、さらにはTMRセンター構成員の生乳生産等に大きな影響が生じると考えられます。
このため、特に防除の難しい難防除雑草の駆除技術の実証や、TMRセンターにおけるTMR生産のための難防除雑草駆除の取組を緊急に推進し、良質粗飼料の増産・供給、飼料自給率の向上等を図ることとします。

2 事業の内容

本事業は、難防除雑草駆除計画を策定し、同計画に基づき行う高位生産草地への転換や駆除対策の活用・普及等に必要な以下の取組に係る経費を補助します。なお、事業の詳細な内容等については、草地難防除雑草駆除技術実証事業公募要領(以下「公募要領」という。)等を御参照ください。

  • (1) 難防除雑草駆除技術の実証
(ア)難防除雑草駆除計画の策定及び対策の活用・普及
(イ)調査分析
(ウ)高位生産草地への転換
(エ)事業推進

  • (2) TMR生産のための難防除雑草駆除
(ア)難防除雑草駆除計画の策定及び対策の活用・検証
(イ)調査分析   
(ウ)高位生産草地への転換 
(エ)事業推進



3 応募資格及び応募方法

応募団体は、4 の期間中に公募要領に基づいて応募書類を作成し、6 の提出先に提出してください。

【参考】

  • 草地難防除雑草駆除技術等実証事業実施要綱(案)(PDF : 206KB)
  • 草地難防除雑草駆除技術等実証事業実施要領(案)(PDF : 1,065KB)
  • 草地難防除雑草駆除技術等実証事業補助金交付要綱(案)(PDF : 392KB)

4 公募の期間

令和3年1月13日(水曜日)から令和3年1月29日(金曜日)17時00分まで(必着)

5 事業者の選定について

公募要領に基づき、提出された応募書等について審査を行い、事業実施主体候補者を選定します。

6 提出先及び問合せ先

東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 生産局 畜産部 飼料課(北別館2階ドアNo.北204)
電話:03-3502-8111(内線:4925)

問い合わせについては、月曜日から金曜日まで(祝祭日を除く。)の午前10時00分から午後5時00分まで(正午から午後1時00分までを除く。)受け付けるものとします。

7 事業説明会

公募に係る説明会を次のとおり開催します。説明会に出席を希望される方は、別添様式「公募に係る説明会出席届(WORD : 33KB)」を、1月18日(月曜日)17時00分までに、飼料課担当あてにファクシミリ又は電子メールにより提出してください。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、Web会議方式での説明会の希望があった場合には、別途、説明会を設定しますので、その旨記載ください。

  • 日時:令和3年1月20日(水曜日)10時00分~
  • 場所:農林水産省生産局第2会議室(本館2階ドアNo.203)
  • FAX:03-3580-0078
(送付先アドレスは問合せ先に確認してください。)

以上公示します。

令和3年1月13日

農林水産省生産局長
水田 正和

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader