このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和3年度農林水産物・食品輸出促進対策事業のうち食文化等によるインバウンド対応推進事業の公募について

令和3年度農林水産物・食品輸出促進対策事業対策事業のうち食文化等によるインバウンド対応推進事業の公募等の実施について、事業実施候補者を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。
なお、本公募は、令和3年度予算案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容及び予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

1 事業の趣旨

地域特有の食・食文化がある地域(農泊 食文化海外発信地域(SAVOR JAPAN)等)において、訪日外国人が食体験を通じて日本の食・食文化の関心を高め、インバウンド需要の拡大を図るとともに、これを輸出につなげる地域の取組を支援します。

2 事業の概要

令和3年度農林水産物・食品輸出促進対策事業のうち食文化等によるインバウンド対応推進事業に係る公募要領(以下、「公募要領」という。)の第3の事業内容をご参照ください。

3 応募資格及び応募方法等

以下に掲げる本事業の公募要領等を御参照下さい。

【参照】

4 公募の期間

公募の期間は令和3年2月1日(月曜日)から令和3年2月18日(木曜日)までとします。

5 補助金交付候補者の選定方法

令和3年度農林水産物・食品輸出促進対策事業のうち食文化等によるインバウンド対応推進事業(以下「補助事業等」という。)に係る公募要領に基づき、提出された課題提案書等において審査を行い、得点が高い者から順に補助金交付候補者として選定します。

6 補助事業等の条件を示す場所、実施要綱等を交付する場所及び日時

(1) 日時

令和3年2月1日(月曜日)~令和3年2月18日(木曜日) 10時00分~17時00分

(2) 場所

農林水産省食料産業局海外市場開拓・食文化課
食文化室企画班(本館6階ドアNo.本606)

7 課題提案書等の提出期限、提出先及び提出部数

(1) 提出期限

令和3年2月18日(木曜日)17時00分必着

(2) 提出先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省食料産業局海外市場開拓・食文化課食文化室企画班(本館6階ドアNo.本606)

(3) 提出部数

  • 課題提案書 10部
  • 提出者の概要(会社概要等) 10部

(4) 提出方法

郵送又は農林水産省共通申請サービス(eMAFF)
電子申請による方法の詳細については、以下リンクからご確認ください。
農林水産省共通申請サービス(https://e.maff.go.jp)

8 課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9 その他

本公示に記載なき事項は、公募要領によるものとします。

10 問い合わせ先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省食料産業局海外市場開拓・食文化課(本館6階ドアNo.本606)
電話:03-6744-2012
F A X :03-6744-2013


以上公示します。

令和3年2月1日

農林水産省食料産業局長
 太田 豊彦

お問合せ先

食料産業局海外市場開拓・食文化課食文化室

担当者:浅浦、日高
代表:03-3502-8111(内線4067)
ダイヤルイン:03-6744-2012
FAX番号:03-6744-2013