このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

【参考図表】(3)咀嚼に関する食べ方の実践について

図3 - 1 噛み方の実践状況(ゆっくりよく噛んで食べることの重要度別)

図3 - 1 噛み方の実践状況(ゆっくりよく噛んで食べることの重要度別)

 

ゆっくりよく噛んで食べることが重要だと思う人ほど,ゆっくりよく噛んで食べている(『ゆっくりよく噛んで食べている』)人の割合が高い。

*『ゆっくりよく噛んで食べている』(「ゆっくりよく噛んで食べている」+「どちらかといえばゆっくりよく噛んでいる」),『ゆっくりよく噛んで食べていない』(「どちらかといえばゆっくりよく噛んでいない」+「ゆっくりよく噛んで食べていない」)は,「ふだんの噛み方の実施状況」について聞いているQ16SQの選択肢である。

 

図3 - 2 噛み方の実践状況(栄養バランスに配慮した食生活の実践状況別)

図3 - 2 噛み方の実践状況(栄養バランスに配慮した食生活の実践状況別)

 

ゆっくりよく噛んで食べている人ほど,栄養バランスに配慮した食生活をほぼ毎日実践している(「ほぼ毎日」)人の割合が高い。

*『ゆっくりよく噛んで食べている』(「ゆっくりよく噛んで食べている」+「どちらかといえばゆっくりよく噛んでいる」),『ゆっくりよく噛んで食べていない』(「どちらかといえばゆっくりよく噛んでいない」+「ゆっくりよく噛んで食べていない」)は,「ふだんの噛み方の実施状況」について聞いているQ16SQの選択肢である。

 

図3 - 3 噛み方の実践状況(夕食の共食の実施有無別)

図3 - 3 噛み方の実践状況(夕食の共食の実施有無別)

 

夕食を家族と一緒に食べる頻度が高い人ほど,ふだんからゆっくりよく噛んで食べている(『ゆっくりよく噛んで食べている』)人の割合が高い。

*『ゆっくりよく噛んで食べている』(「ゆっくりよく噛んで食べている」+「どちらかといえばゆっくりよく噛んでいる」),『ゆっくりよく噛んで食べていない』(「どちらかといえばゆっくりよく噛んでいない」+「ゆっくりよく噛んで食べていない」)は,「ふだんの噛み方の実施状況」について聞いているQ16SQの選択肢である。

 

図3 - 4 生活習慣病の予防や改善の実践(咀嚼の実践状況別)

図3 - 4 生活習慣病の予防や改善の実践(咀嚼の実践状況別)

 

ゆっくりよく噛んで食べている人ほど,生活習慣病の予防や改善のために食生活を実践している(『実践している』)と回答した人の割合が高い。

*『実践している』(「いつも気をつけて実践している」+「気をつけて実践している」),『実践していない』(「あまり気をつけて実践していない」+全く気をつけて実践していない))は,「ふだん朝食を食べるか」について聞いているQ12の選択肢である。

 

 

 

 |目次戻る次へ