このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2  調査結果の概要

  • 「食育への関心度」は76.0%だった。食育に関心がある人に,その理由を聞いたところ「生活習慣病(がん,糖尿病等)の増加が問題になっているから」(55.5%)を挙げた人の割合が最も高く,次いで「食生活の乱れ(栄養バランスの崩れ,不規則な食事等)が問題になっているから」(52.4%),「子供の心身の健全な発育のために必要だから」(50.0%)となっている。性別に見ると,「子供の心身の健全な発育のために必要だから」を挙げた人の割合は女性で高く,「肥満ややせすぎが問題になっているから」を挙げた人の割合は男性で高い。また,今後の食生活で特に力を入れたい食育は,「栄養バランスのとれた食生活を実践したい」を挙げた人の割合が最も高くなっている。

 

  • 健全な食生活を実践することを『心掛けている』人の割合は73.6%で,「主食・主菜・副菜を3つそろえて食べることが1日に2回以上ある」が「ほぼ毎日」の人の割合は58.6%となっている。「週に4~5日」,「週に2~3日」,「ほとんどない」と回答した人に,主食・主菜・副菜をそろえて食べる回数を増やすために必要なことを聞いたところ,「時間があること」(54.0%)を挙げた割合が最も高く,次に「手間がかからないこと」(53.2%)が高くなっている。

 

  • ふだん朝食を「ほとんど毎日食べる」と回答した人の割合は82.5%である。「ほとんど毎日食べる」と回答した人の割合を年齢別に見ると20歳代では低く,6割未満となっている。ふだん朝食を「週に4~5日食べる」,「週に2~3日食べる」,「ほとんど食べない」と回答した人に,朝食を食べるために必要なことを聞いたところ,「朝,食欲があること」を挙げた人の割合が44.5%で最も高く,次に「朝食を食べる習慣があること」(39.1%)が高くなっている。

 

  • ふだんの食事に関する注意の程度については,「マナーや作法」に『気をつけている』と答えた人の割合は80.0%,「食べ残しやごみを減らす工夫」に『気をつけている』と答えた人の割合は90.2%だった。食事に関する機会の程度については,「家族や友人と楽しく食卓を囲むこと」は「毎日」(57.1%),「自ら調理し食事をつくること」は「毎日」(42.1%),「冷凍食品やインスタント食品を使うこと」は「週に1,2日」(39.0%),「外食をすること」は「ほとんどない」(53.6%)と答えた割合がそれぞれ最も高かった。

 

  • 1日の全ての食事を一人で食べることがあるか聞いたところ,「ほとんどない」と回答した人の割合が68.4%,「ほとんど毎日」と回答した人の割合が11.8%であった。家族と同居している人が,家族と一緒に食べる頻度について,朝食は「ほとんど毎日」と答えた割合が57.3%であるのに対し,夕食は「ほとんど毎日」と答えた割合が67.2%で,夕食の方が一緒に食べる割合は高くなっている。

 

  • 地域や所属コミュニティー(職場等を含む)で,食事会等の機会があれば参加したいと思う人の割合は45.7%であり,そのうち,過去1年間の参加経験について,「参加した」と回答した人の割合は77.6%だった。

 

  • 40歳以上の人に,20歳~30歳代の頃の食生活について,現在と比べてどうだったかを聞いたところ,『良かった』と答えた人の割合は23.3%,「変わらない」と答えた人の割合は39.4%,『悪かった』と答えた人の割合は35.8%だった。『良かった』と答えた人に良かった理由を聞いたところ,「家に用意されていたから」(50.0%)を挙げた人の割合が最も高かった。『悪かった』と答えた人に悪かった理由を聞いたところ,「健康への意識が低かったから」(49.8%)を挙げた人の割合が最も高かった。

 

  • 生活習慣病の予防や改善のために,ふだんから適正体重の維持や減塩などに気を付けた食生活を『実践している』とする人の割合は67.7%であり,女性の60歳代,70歳以上では8割超が『実践している』と回答している。

 

  • ふだん『ゆっくりよく噛んで食べている』と回答した人の割合は50.2%となっている。『ゆっくりよく噛んで食べていない』と回答した人に,どのようなことが必要か聞いたところ,「早食いの習慣を直すこと」を挙げた人の割合が63.8%と最も高かった。

 

  • 食品の安全性に関する基礎的な知識が『あると思う』と答えた人の割合は68.9%,安全な食生活を送ることについて『判断している』のは77.0%だった。安全な食生活を送ることについて,『あてはまる』(意識し,判断している)と回答した人の割合が最も高かった項目は「生の状態(生食として販売されているものは除く)や加熱が不十分な状態で肉を食べないこと」(91.9%)だった。また,食品安全に関する情報を入手したい情報源として,「テレビ」(72.0%)を挙げた人の割合が最も高くなっている。

 

  • 郷土料理や伝統料理など,地域や家庭で受け継がれてきた料理や味,食べ方・作法を「受け継いでいる」と答えた人の割合は69.3%で,「受け継いでいない」と答えた人の割合は28.1%だった。「受け継いでいない」と答えた人が,受け継ぐために必要なこととしては「親等から家庭で教わること」(72.1%)を挙げた人の割合が最も高くなっている。

 

  • 食べ残しや食品の廃棄が発生していることについて,日頃から「もったいない」と『感じている』と回答した割合は95.1%だった。一方,購入した食品を食べないまま,捨ててしまうことがあるかについて,『ある』と回答した人は36.7%で,その理由としては「消費・賞味期限内に食べられなかった」を挙げた人の割合が70.7%と最も高かった。

 

 |目次戻る次へ

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4578)