このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第1節 第3次食育推進基本計画作成の経緯


食育推進基本計画は、食育の推進に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、食育基本法に基づき、食育推進会議(会長:農林水産大臣。平成27(2015)年度までは内閣総理大臣)において作成されると定められています(*1)。

食育推進会議では、食育推進基本計画(平成18(2006)年度~平成22(2010)年度)及び第2次食育推進基本計画(平成23(2011)年度~平成27(2015)年度)(以下「第2次基本計画」という。)におけるこれまで10年間の食育推進の取組による成果と、第2次基本計画作成以降、社会環境の変化の中で明らかになった食をめぐる新たな課題等を踏まえ、平成28(2016)年3月18日に第3次食育推進基本計画(以下「第3次基本計画」という。)を作成しました。

この第3次基本計画の作成に当たっては、まず、平成26(2014)年8月から平成27(2015)年12月までの5回にわたり、食育推進会議に設置された食育推進評価専門委員会において計画の内容について審議し、計画の骨子(案)を取りまとめました。そして、平成27(2015)年12月から平成28(2016)年1月までの間に、骨子(案)についてインターネット等により国民から意見の募集を行った後、食育推進評価専門委員会での議論を経て、第3次基本計画(案)をとりまとめました。その後、食育推進会議において、第3次基本計画が決定されました。


1 食育推進基本計画の作成及び推進に関する事務については、「内閣官房及び内閣府の業務の見直しについて」(平成27年1月27日閣議決定)及び内閣官房・内閣府見直し法により、平成28(2016)年4月に内閣府から農林水産省に移管されました。



図表-41 第3次食育推進基本計画の主な検討経緯

お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4578)
ダイヤルイン:03-6744-2125
FAX番号:03-6744-1974