このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

1 「食育月間」の取組


(1)「食育月間」の実施要綱

食育推進基本計画において、毎年6月が「食育月間」と定められています。平成27(2015)年度の「食育月間」では、取組の重点事項や主な実施事項を盛り込んだ「平成27年度「食育月間」実施要綱」を定めました。この実施要綱において、重点的に普及啓発を図る事項として、〈1〉食を通じたコミュニケーション、〈2〉バランスのとれた食事、〈3〉望ましい生活リズム、〈4〉食を大切にする気持ち、〈5〉食の安全、の5項目を掲げました。このうち、「食を通じたコミュニケーション」の中に家族での共食を盛り込むなど、第2次基本計画でも重点課題として位置付けた項目について、「食育月間」でも積極的に取り組むこととしました。

また、ホームページへの掲載、関係省庁、都道府県、関係機関・団体へ協力・参加を呼びかけるなど「食育月間」の普及啓発を図りました。


(2)食育推進全国大会の開催

第10回食育推進全国大会ポスター
第10回食育推進全国大会ポスター

「食育月間」の全国規模の中核的行事として、第10回食育推進全国大会(大会テーマは、「夢をカタチに!未来につなぐ豊かな食育~手間かけて“食で育む”人とまち~」)を平成27(2015)年6月20日、21日に、東京都墨田区において、内閣府、墨田区、第10回食育推進全国大会すみだ実行委員会の共催により開催しました。

同大会においては、来場者が楽しみながら食育を理解し実践する契機となるよう様々なイベントを開催するとともに、講演会、パネルディスカッションやブースなどによる多彩な展示が行われ、2日間で約3万9千人が来場しました(トピックス:第10回食育推進全国大会inすみだ2015を通じた普及啓発 参照)。

第11回全国大会は、平成28(2016)年6月11日、12日に福島県郡山市において、農林水産省、福島県、第11回食育推進全国大会福島県実行委員会の共催により「チャレンジふくしま!おいしくたのしく健康長寿~復興のあゆみ。全国のみなさまへ感謝の気持ちを込めて~」を大会テーマとして開催されます。

 

トピックス:第10回食育推進全国大会inすみだ2015を通じた普及啓発

第10回大会は大会テーマを「夢をカタチに!未来につなぐ豊かな食育~手間かけて“食で育む”人とまち~」とし、来場者が食の楽しさ・喜びを体感し、墨田区らしい食を発信することで、食育への関心を高める「食」のフェスティバルとして大会を盛り上げるべく、墨田区内各所にて様々なイベントを実施しました。


〈主なイベント等〉

  • オープニングセッション「手間かけて 食で育む 人とまち」
  • ワークショップ、交流セッション
  • クロージングセッション「ここからはじまる私の食卓」

オープニングセッションのパネルディスカッションで問題意識の共有化を行った後、「ひとづくり」「まちづくり」等6つのテーマに分かれたワークショップによるグループ討議、「共食による人の輪づくりを考える」「食育と環境を考える」等6つのテーマに分かれた意見交換会を行い、クロージングセッションで討議内容を発表し分かち合いました。


  • 特別講演「時代を切り拓くリーダーたちへ~食で育むイノベーションとは~」

「食育」という営みについて、脳科学の知見を踏まえて分かりやすく解説されました。

  • シンポジウム「豊かな食卓、和食を未来へ~和食の保護・継承から食卓を考える~」

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について、現代の食卓の実態とそのあり方を通した「和食」の保護・継承について議論が交わされました。

  • ミニステージ・体験ひろば

大学生、食育推進ボランティア等による楽しい食育ダンスやクイズ、体操や実験などの体験イベントが会場を盛り上げました。

  • 食育展示ブース

様々な分野で食育に取り組む138団体による126ブースの出展があり、取組等を紹介するパネル展示、体験コーナーを通じて、来場者の食育への理解が深まりました。


開会式.jpg
開会式
墨田区総合体育館.jpg
墨田区総合体育館

 

(3)都道府県及び政令指定都市における食育に関する取組

「食育月間」には、食育推進運動を重点的かつ効果的に実施し、食育の国民への浸透を図るため、都道府県をはじめ、各地で各種広報媒体や行事などを活用した取組が展開されました。具体的には、学校や保育所などでの活動、地場産物の啓発をねらいとした活動、各種広報媒体を通じた普及啓発活動など、様々な場面で多様な活動が展開されました。なお、都道府県、政令指定都市における「食育月間」の取組の概要については、ホームページにおいて情報提供を行っています。



お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974