このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

3 食育推進の取組等に対する表彰の実施


食育に関して、特に優れた取組を表彰し、その内容を情報提供することにより、食育が国民運動として、一層推進されることが期待されます。

内閣府では他の地域においても参考となり得るような若い世代の食生活の改善を対象としたボランティアについて、「食育推進ボランティア表彰」を実施しました。平成27(2015)年度は、38団体と5個人、大学生等を主体にした15団体の総計58件の推薦があり、9の優秀事例に対し、第10回食育推進全国大会において食育担当大臣から表彰を行いました。平成28(2016)年度は、平成28(2016)年2月までに推薦された団体や個人のうち、特に優れた事例について、平成28(2016)年6月の第11回食育推進全国大会において農林水産大臣から表彰されることとなっています。

総務省では、過疎地域の自立促進に資するため、地域の自立と風格の醸成を目指し、過疎地域においてこれらの課題に取り組み、創意工夫により活性化が図られている優良事例について、「過疎地域自立活性化優良事例表彰」を実施しています。平成27(2015)年度は、地域の食と農を結び付け、学校給食に地元の食材を活用し、地域内循環の仕組みを作り、子供たちの食農教育と郷土愛の醸成を図っている広島県三次市の「田幸(たこう)ふるさとランチグループ」の取組に対しても表彰されました。

文部科学省では、学校給食の普及と充実に優秀な成果を挙げた学校、共同調理場、学校給食関係者、学校給食関係団体について、文部科学大臣表彰を実施しています。平成27(2015)年度は、学校18校、共同調理場7場が「学校給食優良学校等」として、また、22名の学校給食関係者が「学校給食功労者」として表彰されました。

厚生労働省では、栄養改善と食生活改善事業の普及向上等に功労のあった個人、地区組織等について、栄養関係功労者厚生労働大臣表彰を実施しています。平成27(2015)年度は、功労者として265名、功労団体として49団体が表彰されました。また、国民の生活習慣を改善し、健康寿命をのばすための運動「スマート・ライフ・プロジェクト」が掲げる4つのテーマ(適度な運動、適切な食生活、禁煙、健診・検診の受診)を中心に、従業員や職員、住民に対して、生活習慣病予防の啓発、健康増進のための優れた取組等をしている企業、団体、自治体を表彰する「第4回健康寿命をのばそう!アワード(生活習慣病予防分野)」において、応募のあった125件の中から18の企業、団体、自治体が表彰されました。

農林水産省では、食文化の伝承や農林漁業体験の機会の提供を通じて、食や農林水産業への理解を醸成する食育活動を持続的かつ効果的に実施し、優れた実績を上げた農林漁業者や食品等事業者の優良な活動を表彰するため、「第3回食と農林漁業の食育優良活動表彰」を実施しました。全国129件の応募の中から、一般及び企業の各部門において、農林水産大臣賞及び消費・安全局長賞として8事例が表彰されました。

 

トピックス:食育月間の取組「消費者の部屋」特別展示
~「いただきます!おいしい国産食材」~

「消費者の部屋」特別展示「いただきます!おいしい国産食材」ポスター
「消費者の部屋」特別展示
「いただきます!おいしい国産食材」ポスター

食育月間の取組の一環として、農林水産省の「消費者の部屋」において、「いただきます!おいしい国産食材」をテーマに、平成27(2015)年6月15日~19日に特別展示を行いました。日本型食生活を構成する主要品目である米、野菜・果物、きのこ、水産物、茶、畜産物(牛乳・乳製品)について、日替わりで展示や試食等を行いました。

また、関係団体の御協力をいただきながら、それぞれの食材の魅力や、おいしい食べ方・選び方を知ってもらうための実演も行いました。暑い夏でもおいしく飲める「冷茶の淹れ方」、品種や育て方の異なるお米の味の違いを見極める「ごはんの食べ比べ」、削りたての味と香りを体感する「かつお節削り体験」など、国産食材に触れたり味わったりすることで、日本型食生活の実践のきっかけづくりになるような内容としました。

5日間で延べ1,032人が来場し、来場者アンケートでは、国産食材を今後「積極的に購入したい」、また、国産食材をおいしく食べるための調理法等について「作ってみたい」など、多くの方に国産食材の魅力を感じていただけました。

 
「冷茶の淹れ方」の実演
「冷茶の淹れ方」の実演
「ごはんの食べ比べ」の実演
「ごはんの食べ比べ」の実演
 

農林水産省「消費者の部屋」ホーム-ページ:https://www.maff.go.jp/j/heya/index.html




お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974