このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

1 子供の基本的な生活習慣の状況


子供たちが健やかに成長していくためには、適切な運動、調和のとれた食事、十分な休養・睡眠が大切です。しかしながら、最近の子供たちをみると、「よく体を動かし、よく食べ、よく眠る」という成長期の子供にとって当たり前で必要不可欠である基本的な生活習慣に乱れがみられます。今日の子供の基本的な生活習慣の乱れは、学習意欲や体力、気力の低下の要因の一つとして指摘されています。

文部科学省が小学校6年生と中学校3年生を対象に実施した平成27(2015)年度「全国学力・学習状況調査」(以下「学力調査」という。)によると、毎日同じくらいの時刻に就寝する小学生の割合が79.4%、中学生の割合が75.3%となっています。

子供の朝食摂取については、朝食を食べないことがある小・中学生の割合は、小学校6年生で12.5%、中学校3年生で16.2%となっています(図表-43)。また、毎日朝食を食べる子供ほど、学力調査の平均正答率が高い傾向にあります(図表-44)。さらに、平成27(2015)年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」によると、毎日朝食を食べる子供ほど、体力合計点が高い傾向にあります(図表-45)。


図表-43 朝ごはんを食べないことがある小・中学生の割合
データ(エクセル:14KB / CSV:1KB



図表-44 朝食摂取と学力調査の平均正答率との関係
データ(エクセル:15KB / CSV:2KB



図表-45 朝食の摂取状況と新体力テストの体力合計点との関係
データ(エクセル:13KB / CSV:1KB



お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974