このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

3 望ましい食習慣や知識の習得


(1)家庭教育手帳の活用

保護者が家庭を見つめ直し、自信を持って子育てに取り組んでいく契機となるよう、家庭教育に関するヒント集として「家庭教育手帳」を文部科学省ホームページに掲載し、全国の教育委員会やPTA、子育て支援団体等における家庭教育に関する学習機会等での活用を促しています。その中に、「食生活の乱れは、心身のバランスも乱す。」、「1日のスタートは朝食から。」、「一緒に食事をするって、とても大切。」などのテーマで、食育に関する内容を盛り込んでいます。


(2)子供の肥満予防の推進

不適切な食生活や運動不足による成人の肥満者の割合が増加していると言われ久しいところですが、子供においても、偏った栄養摂取や不規則な食事などの食生活の乱れによる肥満や痩身傾向がみられることから、子供とともに、保護者や家庭が健やかな生活習慣を実現できるよう、地方公共団体において、様々な食育活動が行われています。

厚生労働省では、子供の肥満が将来の肥満や生活習慣病に結びつきやすいとの報告があることから、「健康日本21(第二次)」において、「肥満傾向にある子供の割合の減少」について目標を設定しています。



お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974