このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

1 健康づくりや生活習慣病の予防や改善のための食育推進


平成25(2013)年度から開始した「健康日本21(第二次)」では、健康寿命の延伸と健康格差の縮小の実現を目指し、53項目の具体的な目標を設定しています。平成26(2014)年度から開始した健康日本21(第二次)分析評価事業(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所に委託)では、「健康日本21(第二次)」に関する目標項目について、現状値を更新し、グラフ化や「健康日本21(第二次)」の目標設定などに用いられている国民健康・栄養調査における主要なデータの経年変化と諸外国との比較に関する分析、健康格差に関する基本データとして、国民健康・栄養調査における都道府県別の状況や都道府県等健康増進計画の目標及び取組の進捗状況についての整理をし、ホームページに掲載しています。

生活習慣病は、現在、国民医療費(医科診療医療費)の約3割、死亡者数の約6割を占めています(図表-57)。この制度は、生活習慣の改善に主眼を置いたものであり、保健指導の実施によって、悪性新生物以外の生活習慣病に係る国民医療費の抑制に対応するものです。


図表-57 生活習慣病の医療費に占める割合と死亡割合
データ(エクセル 1:12KB2:12KB / CSV 1:1KB2:1KB




また、糖尿病の発症予防のためには、生活習慣を改善し、適切な食生活や適度な運動習慣など、糖尿病予防に取り組もうとしている人たちを支援していく環境の整備が必要であることから、厚生労働省補助事業「糖尿病予防戦略事業」を実施しています。福井県では、飲食店、食品関連企業や運動施設等を活用した肥満予防対策として、低塩分や野菜を多く使用したメニューを「ふくい健幸美食」と認証し、外食や中食でも健康に配慮した食事が食べられる環境を進めています(事例:外食・中食におけるヘルシーメニューの認証「ふくい健幸美食」プロジェクト参照)。

厚生労働省では、「健康日本21(第二次)」の推進に資する地域や職域における生活習慣病の発症予防と重症化予防の効果的な取組事例をスマート・ライフ・プロジェクトホームページに掲載するなど、国民の健康の増進の総合的な推進を図っています。

このうち、野菜の摂取については、成人1人1日当たり摂取量は平均292.3gであり、全ての年代で目標としている1日当たり350gの摂取量に達しておらず、特に20歳代で摂取量が最も少なくなっています(図表-58)。

厚生労働省では、毎年9月に展開している食生活改善普及運動において、「健康日本21(第二次)」の目標の一つである野菜の摂取量の増加に焦点を当て、「毎日プラス1皿の野菜」を目標として、効果的な取組が展開されるよう、啓発用ツールを作成するとともに、日本人の野菜摂取状況に関連する情報発信を行いました。保健所や市町村保健センターにおいては、地域の健康増進計画に基づき、健康づくりに関する事業が行われており、管理栄養士等による栄養指導や運動指導が行われています。平成26(2014)年度に保健所及び市区町村で栄養指導を受けた者は5,109,901人、うち妊産婦は293,506人、乳幼児は3,076,359人です(厚生労働省「平成26年度地域保健・健康増進事業報告」)。


啓発用ツール1
啓発用ツール2
 啓発用ツール



 

また、果物の摂取量についても、成人1人1日当たり摂取量は平均109.0gであり、推奨される1日当たり200gに達しておらず、特に20歳代~40歳代で少なくなっています(図表-59)。

そこで、農林水産省では、果物は嗜好品ではなく、適量を毎日の食生活に取り入れるべき必需品であるということについて、科学的見地からの理解が広まるよう多角的な取組を図っています。

具体的には、生産者団体と協力し「毎日くだもの200グラム運動」による家庭や学校給食等における果物の摂取を促進するほか、果物の健康への有益性や機能性の周知、社会人(企業)を対象とした普及啓発(デスクdeみかん等)、また、小学生を対象とした出前授業に取り組んでおり、果物の摂取が生涯にわたる食習慣となるよう、その定着を推進しています。


図表-58 野菜摂取量の平均値(20歳以上、年齢階級別)
データ(エクセル:12KB / CSV:3KB
図表-59 果物摂取量の平均値(20歳以上、年齢階級別)
データ(エクセル:11KB / CSV:2KB




 

事例:外食・中食におけるヘルシーメニューの認証「ふくい健幸美食」プロジェクト

福井県

平成23(2011)年度の調査で、福井県は全国に比べて塩分摂取量が多く、男性の肥満者やメタボリックシンドロームが強く疑われる者の割合が増加していることが分かりました。

そこで、平成24(2012)年度から、飲食店や社員食堂の「定食(弁当)」と、全国で最も利用の多い「惣菜」を対象に、県独自の基準を満たしたヘルシーメニューを募集し、「ふくい健幸美食」として認証する事業を始め、県民の健康づくりを進めています。

製造・販売者に対し、福井県栄養士会や県健康福祉センターの管理栄養士がレシピの改良をサポートしました。例えば、単品で販売される惣菜では、調理後の塩味が強すぎない煮物(塩分濃度1.0%以下)や、衣が薄い揚げ物(衣重量が全体の40%以下)を認証しました。認証した定食や惣菜は「ふくい味の週間」(毎年11月中の一週間)を中心に販売し、PRしています。

今後は、引き続き「ふくい健幸美食」の認証・提供を拡大し、働く世代の健康を支援していきます。

〇メニューガイド


「ふくい健幸美食」は福井県の登録商標です。
「ふくい健幸美食」は福井県の登録商標です。
(登録番号 5621200号)
 
 

事例:「健康に食べる」ための食環境整備「健康づくり応援弁当」普及事業

長野県

長野県では、「長野県食育推進計画(第2次)」において、「信州の食で育む人づくり~健康長寿と豊かな人間形成~」を基本理念として4つの基本分野を設定し、関係者との連携の下食育を推進しています。

現在、県では県民一人ひとりが生活習慣病予防の重点項目Action(体を動かす)Check(健診を受ける)Eat(健康に食べる)に取り組み、世界で一番(ACE)の健康長寿を目指す、健康づくり県民運動「信州ACE(エース)プロジェクト」を進めています。食育推進計画の基本分野の1つ「健康づくりと食育」では、このプロジェクトの「Eat(健康に食べる)」の取組と連動して、県民の健康や食生活の課題をふまえ「食塩控えめで、野菜たっぷり」な健康に配慮した食事が、外食や中食でも選択できるような取組を推進しています。

中食では、幅広い年代が利用するコンビニエンスストアなどと連携し、一定の基準に沿った「健康づくり応援弁当(ACE弁当)」の提供を通じて、県民に対し、減塩や野菜摂取量の増加など健康に配慮した食事についての普及啓発に取り組んでいます。

こうした弁当の普及を図るため、県では事業者に対し、事業の周知や取組への働きかけを行うとともに、商品開発への協力や発売に際して広報などの支援を行っています。

これまで、大手コンビニエンスストアと県との共同企画による県内限定の「信州ACE弁当」を販売したほか、県内のスーパーマーケットやケータリング業者などからも「健康づくり応援弁当」が販売されるなど、県内全域に普及してきています。

引き続き事業者と連携し、県民の「健康に食べる」取組を推進していきます。


コンビニエンスストアとの共同企画による「信州ACE弁当」
コンビニエンスストアとの
共同企画による
「信州ACE弁当」
統一ロゴマーク

「健康づくり応援弁当」の基準

  • 主食・主菜・副菜がそろっている
  • エネルギー500kcal以上700kcal未満
  • 野菜140g以上(きのこ含む)
  • 食塩相当量3g未満
  • 栄養成分の表示
  • 長野県産の食材を出来るだけ使用
 
 

事例:岩手県中部保健所の減塩・適塩に関する取組

岩手県中部保健所

岩手県は「健康いわて21プラン(第2次)」を策定し、「脳卒中死亡率全国ワースト1からの脱却」を全体目標の1つに掲げて、岩手県脳卒中予防県民会議を設立し、毎月28日を「いわて減塩・適塩の日」に設定するなどして県民あげて減塩・適塩に取り組んでいます。今回は当所の次の取組について紹介します。

1 特定給食施設塩分摂取基準適合率向上に向けた取組

管内の特定給食施設の基準適合率が低かったことから次の取組を実施しました。


〈指導ポイント〉


  • 塩分測定器を活用した味噌汁の塩分濃度測定
  • 独自の栄養管理自主点検チェック票の作成・活用
    主なチェック項目:塩分摂取基準に適合状況や不適合理由など
  • 施設からの改善報告書の提出と再指導(立入検査)

〈指導による効果〉


平成26年度基準適合率36.5%→平成27年度基準適合率92.9%

各施設が「減塩・適塩」の重要性や塩分摂取状況についてあらためて認識し、基準適合に向けて塩分測定器を活用し出汁や香辛料を用いて徐々に薄味にする、教育委員会との連携により、パンの配合塩分を見直すなど積極的に取り組むことで適合率が著しく向上しました。

2 健康寸劇シナリオを活用した普及啓発

普及啓発ツールとして、減塩を含めた脳卒中予防に関する必要な知識がわかりやすく盛り込まれた独自のシナリオを作成しました。このシナリオは、地域の方言で演じることで楽しく理解することができるよう工夫しており、「家族の会話」形式での寸劇シナリオになっています。身振り手振りや衣装を工夫して演じられ会場はいつも笑いと笑顔でいっぱいです。

本シナリオを活用した住民の自主的な活動が広がっています。


〈適塩給食の例〉


パン給食の日は塩分が多くなりがちなので献立に一工夫。ミネストローネ、鮭のレモン焼き、ごぼうサラダ。ミネストローネはトマトの旨味で、鮭のレモン焼きはレモンの香りで薄くても美味しく、この日も残食ゼロでした。(花巻市立湯本小学校)


適塩給食の例
 

〈健康寸劇の様子〉


遠野の河童に扮して健康寸劇が終わって記念撮影。

「お父さん、しょっぺーもの食いすぎだべ。気をづげろっじゃあ。」今日の演技も大好評でした。


健康寸劇の例



 

お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4578)
ダイヤルイン:03-6744-2125
FAX番号:03-6744-1974