このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2 食生活改善推進員の健康づくり活動の促進


地域における食育の推進に当たっては、地域の健康課題や食習慣、食文化等を理解し、地域に密着した活動を幅広く推進していくことが重要です。一般財団法人日本食生活協会は、全国食生活改善推進員協議会と行政が連携を図りながら、「私達の健康は私達の手で」をスローガンに、生活習慣病対策に重点を置き、時代に即した健康づくりの食育活動を進めています。現在、全国46道府県の1,363市町村に協議会組織を持ち、食生活改善推進員の養成事業は市町村により行われ、修了後、自らの意思により会員となりボランティア団体として住民のニーズに合った健康づくり事業を推進しています。食生活改善推進員は、地域における食育推進活動の最大の担い手であり、平成26(2014)年度は一年間で約308万回、延べ1,704万人に対して健康づくり活動を実施しました。

主な活動には次のようなものがあります。


(1)TUNAGU(繋ぐ)パートナーシップ事業(第3弾)

「健康日本21(第二次)」ではソーシャルキャピタルの重要性が示され、地域のつながり、人と人とのつながりが大切であることが謳われています。全国食生活改善推進員協議会では平成25(2013)年度より、長野県の平均寿命日本一の成果を取り上げ、地域に密着した家庭訪問やイベントによる「減塩活動」を全国で展開中です。平成27(2015)年度は、第3弾として「減塩」と「野菜あと一皿(70g)」をテーマにTUNAGUリーダーの養成と、食生活改善推進員が1人1世帯を目標に“減塩くん(塩分測定器)”を片手に家庭訪問において、汁物塩分チェックを実施し、健康寿命の延伸に向けて更なる取組を行いました。また、家庭訪問の際に塩分濃度と野菜摂取の全国一斉アンケート調査を実施しました。


TUNAGUリーダー講習会1
TUNAGUリーダー講習会2
TUNAGUリーダー家庭訪問
 
TUNAGU リーダー講習会
TUNAGU リーダー家庭訪問
 

(2)おやこの食育教室で「食育5つの力」

おやこの食育教室は、しつけや食育の大切さを親子が体験することで、〈1〉食べ物を選ぶ力、〈2〉料理ができる力、〈3〉食べ物の味が分かる力、〈4〉食べ物のいのちを感じる力、〈5〉元気なからだが分かる力の「食育5つの力」を理解し、身につけることを目的とします。平成27(2015)年度は「食育5つの力」のうち、前年度までの「選ぶ力」に「味が分かる力」をテーマに加え、独自でスープの味や野菜を選びオリジナルスープ作りにチャレンジし子供の頃からの減塩教育に取り組みました。また、日本食生活協会作成の「食事バランスプレート」を使い自分たちが作ったバイキング料理を選びながら食事バランスガイドを完成させていくことを学びました。本事業は、子供の様々な能力を見出す絶好の機会でもあることから、親に共食の大切さを感じ取ってもらう事も大きな目的として行いました。

 
食事バランスプレート
食事バランスプレート
おやこの食育教室
おやこの食育教室
 

(3)生涯骨太クッキング

生涯骨太クッキング~生活習慣病とロコモ予防講習会
生涯骨太クッキング~生活習慣病とロコモ予防講習会

日本人の食生活に不足しているカルシウム摂取量を高め、健康寿命の延伸と生活習慣病予防、さらにはQOL(生活の質)を向上させることを目的に、乳製品を使った調理実習や講習会を行い、家庭で上手にカルシウムを摂ることができるメニューで実施しました。平成27(2015)年度は、糖尿病と高血圧予防をテーマに肥満予防と減塩について学習し、また、高齢者の骨折・転倒や認知症予防のため、ロコモチェックとロコモトレーニングを取り入れ健康維持及び増進に努めました。

 

(4)男性のための料理教室

男性のための料理教室
男性のための料理教室

団塊の世代や高齢者の男性を対象に食生活の自立支援や生活習慣病を防ぐことを目的に料理教室を実施し、「男性料理教室20のレシピ」を教材として、ご飯の上手な炊き方を始め、“生きるための20品目”をマスターしました。また、朝食欠食率が3割近くいる30歳代男性においては、欠食は肥満を招き生活習慣病等の要因となることも伝えました。この男性料理教室は、定年後の地域参加へのきっかけにもなっています。

 

(5)低栄養・ロコモ・認知症予防教室

低栄養・ロコモ・認知症予防教室
低栄養・ロコモ・認知症予防教室

高齢者は加齢に伴い食欲が低下し、料理を作る意欲も減退していくため、低栄養状態になる高齢者が多く見られます。このことから、今年度は「低栄養・ロコモ・認知症」の3つをテーマに、予防教室を実施しました。

また、単身世帯への食事支援や安否確認の一つとして「一皿・一声運動」を行い、お隣さん、お向かいさんで活動を実施した。また、家に閉じこもりがちな高齢者を対象にいきいきサロンなどで「健康カルタ」によるふれあい活動も行いました。

 

(6)「毎月19日は食育の日」全国一斉キャンペーン活動

全国食生活改善推進員協議会では、国が毎月19日を「食育の日」と設定したことに賛同し、平成18(2006)年度から引き続き、「毎月19日は食育の日家族そろって食事を楽しみましょう」をテーマに、全国各県において駅やスーパーマーケットなど多くの人が集まる場所で食育の日のチラシを配布し、食育の大切さや食育の認知度を高めるための活動を行いました。


食育一斉キャンペーン活動
食育一斉キャンペーン活動
食育一斉キャンペーン活動



 

事例:「だいずプロジェクト」で、地域や世代を超えた食育活動の展開を目指す

特定非営利活動法人だいずきっず(愛知県)

みんなで楽しく枝豆を収穫
みんなで楽しく枝豆を収穫

特定非営利活動法人だいずきっずは、大豆の種まきから収穫、豆腐づくりまでの一連の体験活動を行う「だいずプロジェクト」を主軸とした食育活動に取り組んでいます。平成18(2006)年に豆腐製造業者の社内食育ボランティアサークルとして、親子を対象に大豆栽培体験の取組を開始し、その後、平成23(2011)年に現在のNPO法人を設立しました。地域の食育推進協議会、食品関連企業、農業指導者、福祉団体等と連携しながら活動を拡大しており、年間延べ約1,600人が体験に参加しています。

「だいずプロジェクト」は、種まきから除草、土寄せ、摘芯(てきしん)、枝豆収穫、大豆収穫、豆腐づくりまで、大豆に関わる一連の生産過程について年間を通じて体験するもので、ふだん自分が口にしている食べ物について、その生産から加工・流通までに携わる人々の苦労を知ることができる内容となっています。このプロジェクトは家族での参加を基本としており、家族と楽しい時間を共有することで、その体験が子供達の心に刻み込まれ、生きる力を育むことにつながるものと考えています。また、地域の農業を支える明治用水の歴史を学んだり、豆腐に使われるにがりや塩を海水から作るなど、大豆をとりまく環境やその恩恵についての学習を取り入れることで、子供達の郷土への愛着と環境への理解も深めています。

さらに、海外支援団体との連携により、ケニアとの間で大豆を通じた国際交流を行っており、外国の食を知ることで、我が国の食文化への新たな気づきをもたらしています。

活動開始から10年を迎え、今後は体験に参加した子供達が親になり、その体験が未来の子供達にも伝わっていくような、世代を超えた取組となることを目指しています。

 
大豆を通じた国際交流
大豆を通じた国際交流
塩・にがりづくり体験
塩・にがりづくり体験
豆腐づくり体験
豆腐づくり体験
 

[第3回 食と農林水産業の食育優良活動表彰 農林水産大臣賞(一般部門)受賞]

 

事例:「スポーツごはん塾」で未来のアスリート達への食育を推進

日本米穀小売商業組合連合会

「Guts! スポーツ&ワークごはん塾」のホームページ画面
「Guts! スポーツ&ワークごはん塾」
のホームページ画面

日本米穀小売商業組合連合会は、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業(*1)」を活用し、一般社団法人食アスリート協会、一般社団法人日本健康食育協会、各種食材(野菜・果物、魚介類、発酵食品、卵、乾物)の資格認定団体等との連携の下「Guts!スポーツ&ワークごはん塾」(以下、「ごはん塾」)を平成27(2015)年度に全国で150回開催しました。「Guts」には、「ごはんを(G)、うまく(U)、食べて(T)、スキルアップ(S)」の意味が込められており、スポーツや仕事等で体力を使う人やその指導者、保護者等を対象として、例えば、「ごはん」を中心に様々な食材を組み合わせた「日本型食生活」が栄養バランスに優れていることなど、体力強化やスキルアップにとって食事が重要であることを理解していただくことを目的に取り組みました。

取組を進めるにあたり、まずスポーツ愛好者1,000名を対象とした食生活への意識に関するインターネット調査を実施し、その結果を踏まえて「ごはん塾」での指導や情報提供の内容を検討し、ハンドブックや啓発資料等を作成しました。これらを用いて「ごはん塾」の講師を育成するための勉強会を東京及び大阪で開催し、お米マイスター(*2)等の講師志望者約300名が参加しました。講師は各自が所在する地域において、スポーツチーム、スポーツクラブ、学校の部活動、老人会の体育レクリエーション等のスポーツに関する会合で「スポーツごはん塾」を、稲刈り体験会や子育て世代の勉強会等において「ワークごはん塾」を開催し、延べ7,604人が参加しました。

事業の成果を測定するため、「ごはん塾」開催当日に食に関する関心度等の調査を実施するとともに、後日、内容の理解度を確認するための「スポーツごはん検定」を受講者にホームページ上で受けていただきました。

その結果からは、「ごはん塾を受けて、今後ごはん摂取量を増やすか」については「思う」が83.6%と高く、また、「ごはん塾を受けて、今後、日本型食生活を実践したい」方も96.2%となり、今回のスポーツごはん塾を通して、「ごはんを中心とした日本型食生活」の再認識が大いに図られました。

また、ホームページで実施した「スポーツごはん検定」では、7,104名が挑戦し、5,801名が合格(合格率81.7%)となり、スポーツと食事の関係性が多くの方に理解された結果となりました。


*2 「お米マイスター」:「お米に関する幅広い知識を持ち、米の特性(品種特性、精米特性)、ブレンド特性、炊飯特性を見極めることができ、その米の特長を最大限に活かした『商品づくり』を行い、その米の良さを消費者との対話を通じて伝えることができる者」として日本米穀小売商業組合連合会が認定した者。

 
「スポーツごはん塾」
新体操クラブの選手(小中学生)と保護者が参加した「スポーツごはん塾」
「スポーツごはん塾&稲刈体験会」
プロバスケットボールチームと協働開催した「スポーツごはん塾&稲刈体験会」
 
 

コラム:食育実践ガイドブック

食育実践ガイドブック
食育実践ガイドブック

農林水産省では、「食育実践者モニター」を募集し、食育活動の現場のニーズ把握し、具体的で効果的な食育活動を推進しています。「食育実践者モニター」に対して行ったアンケート調査では、食育活動において、「取組内容がいつも同じになりがち」、「活動を継続的に行うための資金の確保に苦慮している」、「活動を担う人材の育成が必要である」などについて課題を感じている実践者が多いことが浮かび上がってきました。

このため、「食育実践ガイドブック」を作成し、食育活動実践者が活動をステップアップするための参考にしていただくこととしました。ガイドブックは、実践者が各自の課題に応じて必要な部分から読み始められる構成となっており、先進的な取組事例を交えながら、課題への対応方策について具体的に考えていただける内容となっています。

今後、このガイドブックを農林水産省ホームページに掲載すること等により、広く活用していただくこととしています。

https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/index.html




 

お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974