このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

1 グリーン・ツーリズム等を通じた都市住民と農林漁業者の交流の促進


グリーン・ツーリズムをはじめとする都市住民と農林漁業者の交流を促進することにより、農山漁村の活性化や、農林漁業・農山漁村に対する国民の理解の増進が図られるなどの効果が期待されています。第2次基本計画においては、グリーン・ツーリズムを通じた都市住民と農林漁業者の交流を促進するため、都市住民への農山漁村の情報提供と農山漁村での受入体制の整備などを推進することが定められています。

このため、食育基本法に関するパンフレットの配布などの各種広報啓発活動を通じて、農林水産物の生産、食品の製造、流通などにおける消費者による体験活動の促進など、生産者と消費者との間の交流の必要性について普及啓発を図るとともに、農山漁村に関する情報の提供を行っています。

一方、平成20(2008)年度から総務省、文部科学省、農林水産省は、子供の農山漁村での宿泊による農林漁業体験や自然体験活動等を行う「子ども農山漁村交流プロジェクト」を実施し、食育などに資する都市農村交流の取組を推進しています。

また、都市と農山漁村を往来する新たなライフスタイルの普及や定着を図るため、日本各地で都市と農山漁村の交流を盛んにする活動に積極的に取り組んでいる団体、個人を「オーライ! ニッポン大賞」として表彰しています。さらに、都市住民に農山漁村の理解の増進を図り、地域資源を活かした地域の創意工夫ある取組を進めていくため、地元の食材を取り扱う農林水産物加工体験施設、林業への関心の醸成を行う木材加工実習施設、漁業・漁村の伝統文化の伝承などを行う教養文化・知識習得施設など、都市住民と農林漁業者の交流を促進する地域間交流拠点の整備などを推進しました。



お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974