このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

1 バイオマスの総合利用


バイオマスは、動植物由来の再生可能な資源であり、家庭やレストラン等から出る生ごみや家畜排せつ物などのように我々の身近に豊富に存在しています。バイオマスを利用することは、循環型社会を形成し、地球温暖化の防止に役立つほか、新たな産業の育成や農山漁村の活性化につながるものです。

バイオマスの総合的・計画的な活用に向けて、政府は、「バイオマス活用推進基本法」(平成21年法律第52号)に基づき、平成22(2010)年12月に「バイオマス活用推進基本計画」を閣議決定しました。

また、平成24(2012)年9月には、技術とバイオマスの選択と集中によるバイオマスを活用した事業化を重点的に推進するため、関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)合同で「バイオマス事業化戦略」を策定しました。この戦略において、地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とする、環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指すバイオマス産業都市の構築を推進することとしており、平成27(2015)年度までに34地区を選定しました。



お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974