このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第1節 ボランティア活動等における取組


食生活が多様化する中で、地域の郷土料理や伝統食等の食文化を大切にし、次の世代へ継承を図るため、地域の食生活改善推進員等のボランティアによる食文化の継承に関する活動が行われています。一般財団法人日本食生活協会では、全国の食生活改善推進員により全国の郷土料理と食文化に関する情報を収集し、平成15(2003)年には「長寿日本・伝承の味~郷土料理と食文化~」を編纂(へんさん)しています。各道府県では、地域の食生活改善推進員協議会と協働しながら、郷土料理や食文化の伝達を行っています。

また、郷土料理や食文化の継承の手段の一つとして、食生活改善推進員が地域において開催する「おやこの食育教室」などで子供とその保護者と一緒に郷土料理をつくる体験学習が行われています(事例:食生活改善推進員による食文化継承の取組 参照)。


お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974