このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

1 「日本人の食事摂取基準」の作成・公表、活用促進





国民の健康の維持・増進、生活習慣病の予防を目的として国民が健全な食生活を営むことができるように、「日本人の食事摂取基準」を策定し、5年ごとに改定しています。日本人の食事摂取基準(2015年版)は、平成27(2015)年度から平成31(2019)年度まで使用する予定です。食事摂取基準(2015年版)では、高齢化の進展や糖尿病有病者数の増加等を踏まえ、生活習慣病の発症予防に加えて、重症化予防も視野に入れて策定を行い、エネルギーの指標として目標とするBMI(Body Mass Index)の範囲を定めているほか、炭水化物、たんぱく質、脂質、各種ビタミン及びミネラルといった栄養素を性・年齢階級別でどのくらい摂取したら良いかについて定めています。食事摂取基準(2015年版)の主な改定のポイントとしては、生活習慣病予防を目的とした目標量を充実させており、ナトリウム(食塩相当量)については、高血圧予防の観点から男女ともに値を2010年版よりも低めに設定しています。



お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課
担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974