このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2 貧困の状況にある子供に対する食育推進


近年、地域住民等による自主的な取組として無料又は安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供する子供食堂等が広まっており、家庭における共食が難しい子供たちに対し、共食の機会を提供する取組が増えています。

政府では、内閣府を中心として、貧困の状況にある子供たちに対する食育の推進や貧困の連鎖の解消につながる、子供食堂等の活動への支援を含む官公民の連携協働プロジェクトとして「子供の未来応援国民運動」を推進しています。この国民運動では、民間の寄附による「子供の未来応援基金」を通じて、子供食堂等を運営するNPO等団体を支援するほか、貧困の状況にある子供たちへの支援を行う団体や企業等が参加するフォーラムの開催や、全国の子供食堂が加盟する団体との連携等を通じて、子供食堂等を運営する団体と団体の活動に対する支援を希望する企業等とのマッチングを推進しています。

通知に添付した子供食堂における衛生管理のポイントにおけるチェックリスト(厚生労働省)

通知に添付した子供食堂における衛生管理のポイントに
おけるチェックリスト(厚生労働省)

また、厚生労働省では、ひとり親家庭の子供に対し、基本的な生活習慣の習得支援や学習支援と併せて、食事の提供を行うことが可能な居場所づくりを実施しています。さらに、子供食堂に対して、こうした活用可能な政府の施策や、食品安全管理など運営上留意すべき事項を周知するとともに、行政・地域住民・福祉関係者・教育関係者等に対して、子供食堂の活動への協力を呼び掛ける通知を、平成30(2018)年6月に発出しました。

農林水産省では、子供食堂と連携した地域における食育が推進されるよう、ホームページにおいて関連情報を紹介しています(事例:県が主体となって子供食堂の取組を支援 参照)。

事例:県が主体となって子供食堂の取組を支援

高知県、NPO法人GIFT

高知家(こうちけ)のロゴマーク

高知家(こうちけ)のロゴマーク

高知県では、平成29(2017)年度から、食事の提供を通じて、「子供や保護者の居場所」となるとともに、「保護者の孤立感や負担感を軽減する場」、「地域における見守りの場」としての機能が期待される子供食堂について、登録制度を設け、情報発信や財政的な支援等の取組を行っています。具体的には、県が定める開催頻度や食中毒等のリスクへの対応などの運営の要件を満たす子供食堂が「高知家(こうちけ)子ども食堂」に登録することで、県のホームページで開催状況等の情報発信をしたり、子供食堂の開設や運営に要する経費の助成を受けたりすることができます。

財政的な支援については、個人や地元企業等からの寄附を積み立てた基金によるもので、平成30(2018)年度は500万円を超える寄附が集まり、多くの子供食堂に活用されました。また、平成30(2018)年9月には、地元スーパーマーケットと包括協定を結び、食材を子供食堂に提供する仕組みを構築しました。

食事の準備のお手伝い

食事の準備のお手伝い

皆で食事

皆で食事

「高知家(こうちけ)子ども食堂」に登録されている高知市(こうちし)の子供食堂「えいや家(か)」(運営:NPO法人GIFT)は、毎週水曜日の夜に老人ホームの一角で、3~18歳の子供とその親や地域の方を対象として、夕食を無料で提供しています。異年齢の人たちが集まる中で、様々な体験を通して「自立した大人」へと成長できる場であり、子供を中心とした地域の居場所となることを目指しています。子供たちは、和気あいあいと楽しみながら、夕飯の準備を手伝い、皆で食事をした後、後片付けのお手伝いもします。「えいや家(か)」では、勉強を教えてくれるボランティアの大学生等も含めた様々な年代の人と食卓を囲めることも、子供たちにとって貴重な経験となります。県の支援により、開設時に食器や炊飯器等を購入したり、現在も補助金を食材費や保険料、人件費に充てたりすることで、安定的に子供食堂を開催できるとともに、子供食堂における食事や取組の充実が図れています。また、県のホームページを見て、参加してくれた方もいます。

平成31(2019)年2月末現在、県内10市9町の68か所にて、子供食堂が開催されています。高知県では、今後も、子供や保護者の居場所となるとともに、様々な機能を持つ子供食堂がより広く開催されるよう県を挙げての支援を続けることとしています。



ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課

担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader