このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

地域での食育の推進

企業、生産者団体、ボランティア等による食育

厚生労働省では毎年9月に食生活改善普及運動を展開しており、「食事をおいしく、バランスよく」を基本テーマに、野菜摂取量を350g以上にすることを目標とした「毎日プラス1皿の野菜」のほか、「おいしく減塩1日マイナス2g」、「毎日のくらしにwithミルク」に焦点を当て、地方公共団体や企業とともに全国的な運動を実施

「プラス1皿マーク」(写真)

「プラス1皿マーク」

「マイナス2gマーク」(写真)

「マイナス2gマーク」

「withミルクマーク」(写真)

「withミルクマーク」

「毎日くだもの200グラム運動」ロゴマーク(写真)

「毎日くだもの200グラム運動」ロゴマーク

農林水産省では、生産者団体と協力し「毎日くだもの200グラム運動」による家庭や学校給食等における果物の摂取を促進

(事例)魚を通した食育プラス楽しく減塩
(平成30(2018)年度「第2回食育活動表彰」 農林水産大臣賞受賞)

茨城県・ひたちなか市食生活改善推進員連絡協議会

水産業が盛んな地域特性をいかし、平成21(2009)年から、魚を通した食育教室を開催


市内の小学生とその保護者が参加し、1人1尾のイワシを手開きするなど、全員が料理の楽しさや食べ物の大切さを体験できる内容で、家庭での実践を促す。

また、魚クイズ、減塩クイズ等も実施


若い世代への簡単な魚料理の普及を目的として、「すぐ作りたくなる海の恵み・魚(とと)料理」をテーマに、会員による料理コンクールを実施


若い世代も審査員に加わり、受賞したレシピは、料理教室で紹介するほか、レシピ集としてホームページに掲載

イワシ手開き体験(写真)

イワシ手開き体験

ショッピングモールでの魚料理の普及活動(写真)

ショッピングモールでの魚料理の普及活動

もっと詳しく知りたいときは平成30年度「食育白書」P89

農林漁業者等による体験活動

  • 農林漁業体験は、自然と向き合いながら仕事をする農林漁業者が生産現場等に消費者を招き、一連の農作業等の体験機会を提供する取組
  • 自然の恩恵を感じ、食に関わる人々の活動の重要性と地域農林水産物に対する理解の向上や、健全な食生活への意識の向上など、様々な効果が期待される。
  • 農林水産省は、農林漁業体験の取組を広く普及するため、補助事業による教育ファーム等農林漁業体験活動への支援のほか、どこでどのような体験ができるかについて、情報を一元化した教育ファーム・データベースの提供等を行っている。

(事例)カレーライス畑
~お米から野菜、全ての食材を子供たち自身で育て、収穫、調理、そして皆で食べる~
(平成30(2018)年度「第2回食育活動表彰」 農林水産大臣賞受賞)

北海道・株式会社ふるさとファーム

小学生を対象とし、年間を通して自然の厳しさや食の大切さを学ぶための農業体験プログラムを提供


5月から10月の間、お米や、カレーライスの具材となる野菜を育てる。6月の田植・野菜の植付けを始めとして、草むしりなどの世話をしつつ、野菜の収穫、稲刈り、お米の脱穀・精米まで行う。


畑仕事の後には、収穫した季節ごとの野菜を子供たち自身で調理して食べ、採れたての旬の野菜を味わう。シーズン最後には、皆で育てたお米・野菜でカレーライスを作り、一緒に食べる収穫祭を開催


平成29(2017)年度からは、子供たちが栽培した野菜を子供たち自身で販売する「こどもマルシェ」を開催し、農業の経済的側面も体験学習できる食育活動を実施

カレーライス畑(写真)

カレーライス畑

玉ねぎの植付け(写真)

玉ねぎの植付け

こどもマルシェ(写真)

こどもマルシェ

もっと詳しく知りたいときは平成30年度「食育白書」P109

食の循環や環境に配慮した食育

小売店における消費者向けポスター等掲示(写真)
  • 我が国の平成29(2017)年度の食料自給率は、カロリーベースで38%、生産額ベースで66%
  • 食料及び飼料等の生産資材の多くを海外からの輸入に頼っている一方で、我が国では、本来食べられるにもかかわらず廃棄されている食品ロスが、平成28(2016)年度の推計で643万トン(事業系:352万トン、家庭系:291万トン)発生
  • 農林水産省では、食品ロス削減への消費者理解を促進するため、小売業者等が利用可能なポスター等を作成し、全国の協力店舗等で啓発活動を実施
  • 環境省では、日々の生活から発生している食品ロスの量を日記形式で記録することのできる「7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー」、食品小売店ですぐ食べる商品については、陳列順に購入することを消費者に促す際に活用可能な啓発キャラクター「すぐたべくん」を公表
小売店における消費者向けポスター等の掲示(写真)

小売店における消費者向け
ポスター等の掲示

7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー(写真)

7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー

「すぐたべくん」ポスター(写真)

「すぐたべくん」ポスター

(事例)食べきりを推奨しているお店を「食べきり協力店」に認定

神奈川県・横浜市

食べ残しを減らす取組に賛同する飲食店等を「食べきり協力店」として登録

平成30(2018)年には800店舗超


協力店は、「小盛メニュー等の導入」、「持ち帰り希望者への対応」等を実践


生ごみの発生抑制に努めるとともに、交付されたステッカー等を店頭等に掲示

来店者に取組を広く紹介することで、食べきりの推進に向けた消費者意識を啓発

「ヨコハマ3R夢(スリム)!」マスコットイーオ(写真)

「ヨコハマ3R夢(スリム)!」マスコットイーオ

ステッカーの店頭掲示の様子(写真)

ステッカーの店頭掲示の様子

もっと詳しく知りたいときは平成30年度「食育白書」P122

食文化の継承のための活動

「第3回全国子ども和食王選手権」(和食お絵かき部門)総合金賞受賞作品(写真)

「第3回全国子ども和食王選手権」
(和食お絵かき部門)総合金賞受賞作品

  • 食文化を大切にし、次の世代への継承を図るために、食育ボランティア、専門調理師等が、地域において様々な活動を行っている。
  • 農林水産省では、和食文化をテーマに栄養士や保育士等向けの研修会、妊娠中の方や子育て中の親、親子向けのワークショップ、若者世代向けの講座等を実施
  • 平成30(2018)年度には、小学生を対象として、和食や郷土料理に関するお絵かきや和食文化の知識と技を競うイベント「第3回全国子ども和食王選手権」を開催

(事例)和食文化の大切さを伝える食育活動と「五節供(ごせっく)プロジェクト」

一般社団法人和食文化国民会議

平成27(2015)年から、11月24日の「和食の日」を中心に、全国の小・中学校、保育所等を対象として、和食給食を推進する取組「だしで味わう和食の日」を実施/p>


平成30(2018)年度から、年間を通じて和食文化の大切さを訴求する「五節供プロジェクト」 を新たに開始


平成30(2018)年度は、特に七夕、重陽の節供について、その謂れや和食文化との関連性について講演し、それぞれにちなんだ和食や創作メニューを提案

五節供とは?

五節供プロジェクトのロゴマーク(写真)

五節供プロジェクトのロゴマーク

  • 人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)
  • 節供は、節日に旬の食材でご馳走を作り、神さまにお供えした上で皆で分け合っていただくことで、家族や友人の無病息災を願うことから、「節句」でなく、本来の意味を伝える「節供」で表現

もっと詳しく知りたいときは平成30年度「食育白書」P134

[column]「Let’s!和ごはんプロジェクト」~身近・手軽に健康的な和ごはんを~

  • 農林水産省では、和食文化のユネスコ無形文化遺産登録5周年を契機として、官民協働の「Let’s!和ごはんプロジェクト」を開始
  • 子供たちや忙しい子育て世代に、「和ごはん」を食べる機会を増やしてもらうための活動を推進
  • 「和ごはん」の調理が簡単にできる商品やレシピ、和の惣菜、弁当の開発・販売、レストランでの子供向けメニューの展開等を実施
「Let’s!和ごはんプロジェクト」のロゴマーク(写真)

プロジェクトのロゴマーク

プロジェクトメンバーの活動事例(和ごはん商品販売のブースの設置)(写真)

プロジェクトメンバーの活動事例
(和ごはん商品販売のブースの設置)

もっと詳しく知りたいときは平成30年度「食育白書」P132

食育推進運動の展開

食育の取組が全国で展開していくことを目的として、「食育活動表彰」を実施し、その他にも各種の表彰を実施

第2回 食育活動表彰 受賞事例

1.公立大学法人神奈川県立保健福祉大学

大学の基本理念である「地域社会への貢献」に基づき、

  1. 「未病を改善する栄養サポートセンター/ステーション」による県民の未病改善支援を地域貢献研究センターにて実施
  2. 「子どもの食育支援者研修」による食育指導者育成を実践教育センターにて実施
  3. 食育サークル・シーラボ☆による幅広い年代への食育活動
  4. 企業等との連携による健康的な食情報提供を栄養学科にて実施

1~4を4本柱に、県民の健康づくりを支援する食育活動を展開

未病を改善する栄養サポートセンター/ステーションでは、専任の管理栄養士を配置し、大学内外にて、県民の方に食事アドバイスなどを実施

イベント出展は、学生が中心となり、適切な食・栄養の情報と学びの機会を提供

「未病を改善する栄養サポートステーション」の活動(写真)

「未病を改善する栄養サポートステーション」の活動

大学祭/わんぱくフェスティバルで実施した「野菜釣りゲーム」(写真)

大学祭/わんぱくフェスティバルで実施した「野菜釣りゲーム」

2.西予(せいよ)生活研究協議会(愛媛県)

地元の農山漁村の旬の食材の料理法、伝統料理、食文化の掘り起こしを行い、料理研究や伝統料理のレシピ作りによる味の確立に努め、地域住民を中心に食文化伝承の取組を幅広く実施

毎週日曜日に、大型産直施設で、手作りの味を広めるための交流市を開催し、伝統の味を広めている。

小中学生、地域住民を対象とした「食文化普及講座」では、実習等により、地域食材を使った郷土料理や行事食の技術を伝承

平成28(2016)年には、農家レストランをオープンし、旬の食材を使ったランチや弁当を提供

おはぎの技術伝承会(写真)

おはぎの技術伝承会

農家レストランで旬のランチを提供(写真)

農家レストランで旬のランチを提供

3.佐伯市食育推進会議(大分県)

まちをあげて全方位から食育を推進するために「佐伯市食のまちづくり条例」を制定

佐伯市は、九州で最も広大な面積を有し、市域全体が過疎地域に指定されている田舎町
地域の強みである「食」を通じた人材育成と地域振興に取り組んでいる。

これから一人暮らしを始める高校生をターゲットにした「巣立つ君たちへの自炊塾」を行い、料理の基礎や健康づくり等を教えるだけではなく、家族とのきずなや地域とのつながり、故郷を思う気持ちも育む、息の長い「心の食育」を根付かせている。

「心の食育」が地元に誇りを持つ人材の育成や担い手の掘り起こしにつながるとともに、ふるさとの産物の活用意識も向上

「さいき食のまちづくり」のロゴマーク(写真)

「さいき食のまちづくり」のロゴマーク

「巣立つ君たちへの自炊塾」の様子(写真)

「巣立つ君たちへの自炊塾」の様子

4.COME☆RISH(コメリッシュ)〈高知県立大学〉

COME☆RISHは管理栄養士を目指す学生団体
地域の課題解決に主体的に取り組む学生を支援する高知県立大学のプログラム「立志社中」に、開始当初から参加

中土佐町大野見地区で栽培されている特別栽培米(大野見エコ米)のおいしさを伝えるため、農作業体験等から得られた学びを、学生主催の定食販売や地域イベント等で還元し、米の普及・消費拡大の活動を行っている。

例えば、大野見エコ米を栽培している生産者団体の方からおいしいごはんの炊き方等を学び、栄養バランスを考えながら大野見エコ米と地元食材を使用した定食を販売
また、デパートやコンビニエンスストア等と連携して、地産地消や減塩等を意識したオリジナルメニューの弁当を開発

COME☆RISHの活動開始から4年間で大野見エコ米の売上げは4.5倍に

定食屋の様子(写真)

定食屋の様子

ココカラキレイ御膳(写真)

ココカラキレイ御膳

もっと詳しく知りたいときは平成30年度「食育白書」1はP71、2はP90、3はP100、4はP114

その他の受賞事例を知りたいときは「第2回食育活動表彰事例集」(PDF)


ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

消費安全局 消費者行政・食育課

担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4578)
ダイヤルイン:03-6744-2125
FAX番号:03-6744-1974