このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

諸外国が設定する食品中の鉛に関する基準値

 以下に、食品に含まれる鉛に関する基準値を設定している国のうち、いくつかの例を挙げます。
 なお、基準値は、随時、見直しが行われます。食品の輸出に携わる方は、原典の確認や各国関係当局への問合せ等により、最新状況や基準値が適用される食品の範囲等をご確認ください。

アメリカ

アメリカが設定している食品中の基準値、ガイダンス値は以下のとおりです。(2016年11月現在)

品目 種類
飲料水(密封されたもの) 許容基準値 0.005 mg/L
フルーツジュース ガイダンス値 0.05 mg/kg
小児向けキャンディー ガイダンス値 0.1 mg/kg

 

EU(欧州連合)

EUが設定している食品中の基準値を以下の表にまとめました。(2021年8月30日から適用)

  品目 最大基準値
(mg/kg湿重量)
3.1.1 生乳、加熱殺菌乳、乳製品用乳 0.020
3.1.2 乳児用調製乳、フォローアップミルク、幼児用調製乳  
粉末製品 0.020
液体製品 0.010
3.1.3 穀類加工食品及び乳幼児用食品(3.1.5を除く) 0.020
3.1.4 乳幼児用の特別医療用途食品  
粉末製品 0.020
液体製品 0.010
3.1.5  乳幼児用として表示された及び販売された飲料(3.1.2及び3.1.4を除く)  
液体製品又は製造者の示す方法に従って戻す製品、果実飲料を含む 0.020
浸出して又は煎じて調製する製品 0.50
3.1.6 牛、羊、豚、家きんの肉(内臓を除く) 0.10
3.1.7 牛、羊の内臓 0.20
豚の内臓 0.15
家きんの内臓 0.10
3.1.8 魚の筋肉 0.30
3.1.9 頭足類(内臓を除いて販売されるものにのみ適用) 0.30
3.1.10 甲殻類(頭胸部を除く、脚及び腹部の筋肉。カニ及びカニ様甲殻類(カニ下目及びヤドカリ下目)の場合は脚の筋肉)
0.50
3.1.11  二枚貝(ヨーロッパホタテの場合、内転筋と生殖腺のみに適用) 1.50
3.1.12  穀類、豆類 0.20
3.1.13 塊根塊茎類(サルシフィー、生鮮生姜、生鮮ターメリックを除く)、鱗茎類、flowering brassica、head brassica、コールラビ、マメ科野菜類、茎菜類
ばれいしょは皮を剥いたものに適用
0.10
3.1.14 アブラナ属葉菜、サルシフィー、マッシュルーム、ヒラタケ、シイタケ、葉菜類(生鮮ハーブを除く) 0.30
3.1.15 野生のきのこ類、生鮮ターメリック、生鮮生姜 0.80
3.1.16 果菜類  
スイートコーン 0.10
スイートコーン以外のもの 0.05
3.1.17 果実類(クランベリー、カラント、エルダーベリー及びイチゴノキを除く) 0.10
3.1.18 クランベリー、カラント、エルダーベリー及びイチゴノキ 0.20
3.1.19 油脂(乳脂を含む) 0.10
3.1.20   果実飲料、戻した濃縮果汁飲料、フルーツネクター  
ベリー類及びその他小型果実だけを原料としたもの 0.05 
ベリー類及びその他小型果実以外を原料としたもの 0.03 
3.1.21 ワイン(スパークリングワインを含む、リキュールワインを除く)、シードル、ペリー及びフルーツワイン  
2001年産から2015年産の果実を原料とした製品 0.20
2016年産から2021年産の果実を原料とした製品 0.15
2022年産以降の果実を原料とした製品 0.10
3.1.22  フレーバードワイン、フレーバードワイン飲料、フレーバードワインカクテル  
2001年産から2015年産の果実を原料とした製品 0.20
2016年産から2021年産の果実を原料とした製品 0.15
2022年産以降の果実を原料とした製品 0.10
3.1.23  ブドウを原料としたリキュールワイン  
  2022年産以降の果実を原料とした製品 0.15
3.1.24 サプリメント食品 3.0
3.1.25 はちみつ 0.10
3.1.26 乾燥したスパイス
  果実のスパイス 0.60
  根及び根茎のスパイス 1.50
  樹皮のスパイス 2.0
  蕾及び雌しべのスパイス 1.0
  種子のスパイス 0.90
3.1.27 塩(以下の未精製塩を除く。底面が粘土の塩性湿地で手作業で収穫される"fleur de sel"及び"gray salt") 1.0
以下の未精製塩。底面が粘土の塩性湿地で手作業で収穫される"fleur de sel"及び"gray salt" 2.0

  

オーストラリア・ニュージーランド

オーストラリア、ニュージーランドが設定している食品中の基準値を以下の表にまとめました。(2021年8月現在)

品目 基準値(mg/kg
野菜類(アブラナ科を除く) 0.1
アブラナ科 0.3
穀類、豆類、マメ科 0.2
牛、羊、豚、鶏の肉(内臓を除く) 0.1
牛、羊、豚、鶏の内臓 0.5
魚類 0.5
果実類 0.1
乳児用調製乳 0.02
軟体動物 2
2

 

中国

中国が設定している食品中の基準値を以下の表にまとめました。(2017年設定)

※中国が設定している食品中の基準値は2021年2月22日付けで一部改正されています。
   以下の基準値には当該改正が反映されていませんので、ご留意ください。

品目 基準値 (mg/kg)
穀類及び穀類製品(押し麦、グルテン、八宝かゆ缶詰、具入り麺ごはん製品を除く) 0.2
押し麦、グルテン、八宝かゆ缶詰、具入り麺ごはん製品 0.5
生鮮野菜(アブラナ属、葉菜類、豆類、イモ類を除く) 0.1
アブラナ属、葉菜類 0.3
豆類、イモ類 0.2
野菜加工品 1.0
生鮮果実(ベリー及びその他小粒果実を除く) 0.1
ベリー及びその他小粒果実 0.2
果実加工品 1.0
キノコ及びキノコ加工品 1.0
豆類 0.2
豆加工品(豆乳を除く) 0.5
豆乳 0.05
藻類及びその加工品(スピルリナ及びその加工品を除く) 1.0(乾物重あたり)
スピルリナ及びその加工品を除く 2.0(乾物重あたり)
ナッツ類(コーヒー豆を除く) 0.2
コーヒー豆 0.5
畜肉(鶏の内臓を除く) 0.2
鶏の内臓 0.5
畜肉製品 0.5
生鮮及び冷凍の水生動物(魚類、甲殻類及び二枚貝を除く) 1.0(内臓付き)
魚類、甲殻類 0.5
二枚貝 1.5
水産加工品(クラゲ加工品を除く) 1.0
クラゲ加工品 2.0
乳及び乳製品(生乳、低温殺菌牛乳、殺菌牛乳、発酵乳、調製乳、粉乳、無塩ホエーを除く) 0.3
生乳、低温殺菌牛乳、殺菌牛乳、発酵乳、調製乳 0.05
粉乳、無塩ホエー 0.5
卵及び卵製品(ピータンを除く) 0.2
ピータン及びピータンソーセージ 0.5
油脂及び油脂製品 0.1
調味料(食塩及び香辛料を除く) 1.0
食塩 2.0
香辛料 3.0
砂糖及び甘味料 0.5
食用でんぷん 0.2
でんぷん製品 0.5
焼き菓子 0.5
飲料(ボトルウォーター、果実及び野菜のジュース及び飲料、乳飲料、固形飲料を除く)  0.3 mg/L
ボトルウォーター 0.01 mg/L
果実及び野菜のジュース及び飲料(濃縮品を除く)、乳飲料 0.05 mg/L
濃縮果実及び野菜ジュース 0.5 mg/L  
固形飲料 1.0
アルコール類(蒸留酒及び黄酒を除く) 0.2
蒸留酒、黄酒 0.5
ココア製品、チョコレート及びチョコレート製品、キャンディー 0.5
冷凍飲料 0.3
乳幼児用粉乳(液状品を除く) 0.15 (粉末中)
乳幼児用粉乳(液状品) 0.02 (可食形態)
乳幼児用穀物補助食品(魚類、肝臓、野菜を含むものを除く) 0.2
乳幼児用穀物補助食品(魚類、肝臓、野菜を含むもの) 0.3
乳幼児用缶詰補助食品(水産物及び動物性の肝臓を含む製品を除く) 0.25
乳幼児用缶詰補助食品(水産物及び動物性の肝臓を含む製品) 0.3
特殊医療用処方食品(乳児用特殊医療用処方食品を除く)
10歳以上の人のための製品
0.5(固形体)
1~10歳の人のための製品 0.15
栄養補助食品 0.5
スポーツ栄養食品(固体、半固体又は粉末) 0.5
スポーツ栄養食品(液体) 0.05
妊娠中及び授乳中の女性向け栄養補助食品 0.5
ゼリー 0.5
膨化食品 0.5
茶類 5.0
干菊花 5.0
苦丁茶 2.0
はちみつ 1.0
花粉 0.5

 

参考文献(外部リンク)

お問合せ先

消費・安全局農産安全管理課

担当者:土壌汚染防止班
代表:03-3502-8111(内線4507)
ダイヤルイン:03-3592-0306