このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

アコヤガイ養殖について

令和2年11月12日更新
担当:畜水産安全管理課水産安全室


アコヤガイ等二枚貝の養殖は環境変化の影響を受けやすく、適切な管理が必要です。

令和元年の夏季以降、アコヤガイの養殖場で高水温期に大量へい死が確認されており、令和元年8月から国立研究開発法人水産研究・教育機構水産技術研究所(以下「水研」という。)がアコヤガイの養殖が行われている関係県等と協力し、原因究明に取り組んでいます。

水研の感染試験の結果、病原体や病原物は明らかではありませんが、へい死の原因は感染症の可能性があることが示唆されました。

へい死の原因が特定されるまでの間にも対応をとることが望ましいため、各都道府県に対し、注意喚起を促し、防疫措置を徹底するために以下の通知を発出しました。今後の防疫対策については以下の通知を御覧ください。

関連通知

    お問合せ先

    消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室
    代表:03-3502-8111(内線4539)
    ダイヤルイン:03-6744-2105
    FAX:03-3502-8275

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader