このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

安全なたまごができるまで

生産段階から行われる食中毒予防

#安全#美味
たまごかけご飯


みなさん、今日の朝ごはんは何を食べましたか?
数ある朝ごはんの定番メニューの中でも、「T.K.G.(卵かけご飯)が欠かせない!」という方も多いのではないでしょうか。

そもそも生卵を食べるという習慣は、世界でも珍しい食文化です。
これは、食中毒の原因の一つであるサルモネラ菌による卵の汚染が、海外と比べて日本はとても低く、安心して生卵を食べられるからなんです。

どんな安全な卵を食卓に届けるためには、何よりも卵を産んでくれる鶏がサルモネラ菌などの食中毒菌に汚染されていないことが重要です。

このため、農林水産省では、養鶏場への食中毒菌の侵入やまん延を防止するために、効果が期待される対策のポイントとその目的を「生産衛生管理ハンドブック」にまとめ、生産者に活用してもらっています。

世界に誇れる安全な国産の卵を美味しくいただきましょう!

生産衛生管理ハンドブックはこちら!

関連情報

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括担当
代表:03-3502-5724(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974

消費・安全局食品安全政策課

担当者:情報発信企画・評価班
代表:03-3502-8111(内線4474)
ダイヤルイン:03-3502-5719
FAX番号:03-2597-0329