このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品ロスを減らそう!

“食べきるための取組“ していますか?

#学ぶ

秋が到来し、稲刈りのシーズンとなりました!
先日、お米の生産者さんを訪ねて稲刈り体験をした際に、
稲穂からもみを外したをご飯を炊く時の燃料にしたり、灰となった藁を
畑の肥料に再利用しているとお聞きしました。
生産者さんの「一切捨てることなく利用しきる」という心掛けに感激!
とともに、ひとりの消費者として私自身は大切に作られたお米をきちんと
無駄にすることなく食べているか、改めてはっと考えさせられました。
トラクター稲狩り2
そして、お米を無駄にすることなく食べきるために、消費者の私たちが出来ることは沢山あります!
<炊飯を失敗> 柔らかくなってしまったご飯はリゾットや雑炊に、固くなってしまったご飯はチャーハンにすることで、おいしい料理に生まれ変わります。
<古くなったお米> サラダ油やお酒を加えて炊くことで、新米に近いツヤが出ます。

ひと工夫するだけで、捨てずにおいしく食べられるんです!

毎年10月は、食品ロス削減月間。ぜひこの機会に「捨てることなく食べきる」ことを意識して生活してみましょう♪


フードレス

関連情報

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括担当
代表:03-3502-5724(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974

消費・安全局食品安全政策課

担当者:情報発信企画・評価班
代表:03-3502-8111(内線4474)
ダイヤルイン:03-3502-5719
FAX番号:03-2597-0329