このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

感染症とは何ですか?

更新日:令和元年11月1日

感染症とは、病気を起こす微生物(病原体といいます)が、人や動物に定着し、症状を起こすことを言います。その症状として、発熱や咳、下痢、嘔吐などが知られています。風邪や食中毒は感染症の例です。病原体が人や動物体内に入っても、病原体の種類やどこから入ってきたのか(空気、水、食品等)、人や動物の健康状態などによって、感染症になるかどうかが変わります。

細菌にも病原体となるものが多く知られています。細菌が原因となる感染症を「細菌感染症」と呼びます。

薬剤耐性問題において、薬剤耐性を持った細菌が国際的に重要な課題となっていることからこれ以降は細菌に焦点をあてて説明します。

お問合せ先

消費・安全局畜水産安全管理課

担当者:薬剤耐性対策班、飼料安全基準班
代表:03-3502-8111(内線4532)
ダイヤルイン:03-3502-8097
FAX番号:03-3502-8275