このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:令和2年3月26日
担当:農林水産省

令和元年 農業・食料関連産業の経済計算(概算)

― 農業・食料関連産業の国内生産額は、118.5兆円で全経済活動の1割 ―

統計結果

1  農業・食料関連産業の国内生産額

(1) 概要
  令和元年における農業・食料関連産業の国内生産額(概算値)は、前年(平成30年確定値)から0.8%増加し118兆4,764億円となった。
これは、全経済活動(注)の11.3%を占めている。
(注)内閣府「国民経済計算」における経済活動別の産出額の合計

 

図1 農業・食料関連産業の国内生産額の構成



 

本統計は、食料供給に関連する各種産業の経済活動を数量的に把握し、我が国の全経済活動における位置付けを明らかにするとともに他産業と比較すること等を目的として作成しているもので、概念・定義及び推計方法は「産業連関表」及び「国民経済計算」に準拠している。
本統計については、今回、平成27 年産業連関表の公表を受けて基準改定等を行い、過去の数値も再推計を行った。

 

(2) 構成比
  部門別にみると、農林漁業は12 兆4,554 億円と全体の10.5%を占めており、食品製造業は37 兆8,671 億円(同32.0%)、関連流通業は34 兆6,582 億円(同29.3%)、外食産業は28 兆9,485 億円(同24.4%)となった。

 

       
(3) 前年との比較
   前年(平成30 年確定値)と比較すると、農業・食料関連産業の生産額が全体として0.8%増加した。主な部門別にみた動向は次のとおり。
     農林漁業については、野菜や鶏卵の価格が低下したことや漁獲量の減少等から1.3%減少。
     食品製造業については、そう菜・すし・弁当、パン類、めん類が増加したこと等から0.1%増加。
     関連流通業については、小売業のマージン額が増加したこと等から1.8%増加。
     外食産業については、1 人当たり外食支出の増加等から1.3%増加。


図2 農業・食料関連産業の国内生産額の動向

 

2  農業・食料関連産業の国内総生産

     
(1) 概要
  令和元年における農業・食料関連産業の国内総生産(国内生産額から中間投入(生産のために投入された財・サービスの費用)を差し引いた付加価値額)(概算値)は、関連流通業や外食産業において付加価値率が低下したこと等により、前年(平成30 年確定値)に比べて1.0%減少し、53 兆8,174 億円となった。
これは、全経済活動(国内総生産:GDP)の9.6%を占めている。
 
   
(2) 構成比
   部門別にみると、農林漁業は5兆4,846億円と全体の10.2%を占めており、食品製造業は13兆7,458 億円(同25.5%)、関連流通業は22兆4,382 億円(同41.7%)、外食産業は10兆4,642 億円(同19.4%)となった。



図3 農業・食料関連産業の国内総生産の構成

 

図4 農業・食料関連産業の国内総生産の動向


令和 元年 農業・食料関連産業の経済計算(概算)の利活用


累年データ


令和 元年 農業・食料関連産業の経済計算(概算)の累年データ1



令和 元年 農業・食料関連産業の経済計算(概算)の累年データ2

お問合せ先

大臣官房統計部統計企画管理官

担当者:総合解析班
代表:03-3502-8111(内線3580)
ダイヤルイン:03-3502-5631
FAX:03-3501-9644