このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:令和2年3月17日
担当:農林水産省

平成30年市町村別農業産出額(推計)  農林業センサス結果等を活用した市町村別農業産出額の推計結果

 

統計結果

1  市町村別農業産出額

平成30年市町村別農業産出額は、1位から4位までは前年と変わらず愛知県田原市、宮崎県都城市、茨城県鉾田市、北海道別海町の順となっており、5位に新潟県新潟市(前年6位)となった。

表1 農業産出額上位10市町


 

図1 市町村別農業産出額の分布 



表2 農業産出額上位11位~100位の市町村

 

表2 農業産出額上位11位~100位の市町村(続き)

 

2  部門別

(1)上位5市町村
主要部門について産出額が最も高い市町村をみると、米は新潟県新潟市、豆類は北海道音更町、いも類及び野菜は茨城県鉾田市、果実は青森県弘前市、花きは愛知県田原市、工芸農作物は沖縄県宮古島市、肉用牛は宮崎県都城市、乳用牛は北海道別海町、豚は宮崎県都城市、鶏卵は茨城県小美玉市、ブロイラーは鹿児島県大崎町となっている。

表3 主要部門における産出額上位5市町村

(2)全国農業地域別
ア 北海道(179市町村)
北海道の市町村において産出額1位部門をみると、乳用牛が最も多く60市町村、次いで野菜が42市町村、米が37市町村となっている。

図2 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(北海道)

イ 東北(227市町村)
東北の市町村において産出額1位部門をみると、米が最も多く121市町村、次いで野菜が27市町村、果実が25市町村となっている。

図3 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(東北)

ウ 北陸(81市町村)
北陸の市町村において産出額1位部門をみると、米が最も多く73市町村、次いで鶏卵が4市町、野菜が2市町となっている。

図4 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(北陸)

エ 関東・東山(398市町村(東京都特別区を含む。))
関東・東山の市町村において産出額1位部門をみると、野菜が最も多く188市町村、次いで米が95市町村、果実が47市町村となっている。

図5 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(関東・東山)

オ 東海(160市町村)
東海の市町村において産出額1位部門をみると、野菜が最も多く57市町村、次いで米が46市町村、鶏卵が17市町となっている。

図6 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(東海)

カ 近畿(198市町村)
近畿の市町村において産出額1位部門をみると、米が最も多く82市町村、次いで野菜が62市町村、果実が28市町村となっている。

図7 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(近畿)

キ 中国(107市町村)
中国の市町村において産出額1位部門をみると、米が最も多く54市町村、次いで野菜が12市町村、果実が12市町となっている。

図8 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(中国)

ク 四国(95市町村)
四国の市町村において産出額1位部門をみると、野菜が最も多く50市町村、次いで果実が18市町村、米が9市町となっている。

図9 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(四国)

ケ 九州(233市町村)
九州の市町村において産出額1位部門をみると、野菜が最も多く63市町村、次いで肉用牛が55市町村、米が48市町村となっている。

図10 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(九州)


図10 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(九州)(続き)


コ 沖縄(41市町村)
沖縄の市町村において産出額1位部門をみると、野菜及び豚が最も多く9市町村、次いで肉用牛が8市町村となっている。

図11 産出額1位部門の分布及び部門別市町村数(沖縄)

 

お問合せ先

大臣官房統計部経営・構造統計課

担当者:分析班
代表:03-3502-8111(内線3635)
ダイヤルイン:03-6744-2042
FAX番号:03-5511-8772