このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:令和2年8月28日
担当:農林水産省

令和2年産水稲の8月15日現在における作柄概況

― 早場地帯の作柄は、北海道及び東北はおおむね「やや良」、
    その他の地域は「平年並み」又は「やや不良」の見込み ―

調査結果

      東日本を中心とした早場地帯(19道県)の作柄は、北海道及び東北はおおむね「やや良」、その他の地域は「平年並み」又は「やや不良」と見込まれる。
      これは、一部地域で7月の低温・日照不足等の影響が見込まれるものの、田植期以降おおむね天候に恵まれたことにより、全もみ数が一部を除き平年並み以上に確保されると見込まれるためである。

 

図1 早場地帯の作柄の良否
令和2年産水稲の8月15 日現在における作柄概況の注

お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課

担当者:普通作物統計班
代表:03-3502-8111(内線3682)
ダイヤルイン:03-3502-5687
FAX番号:03ー5511ー8771