このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
更新日:令和3年7月9日
訂正:令和3年11月4日
担当:農林水産省

畜産統計(令和3年2月1日現在)

                    ― 乳用牛、肉用牛、豚及びブロイラーの飼養頭羽数・出荷羽数は前回に比べ増加 ―

調査(統計)結果の概要

1  乳用牛及び肉用牛

(1)乳用牛
  飼養戸数は1万3,800戸で、前年に比べ600戸(4.2%)減少した。
  飼養頭数は135万6,000頭で、前年に比べ4,000頭(0.3%)増加した。
  なお、1戸当たり飼養頭数は98.3頭となった。

(2)肉用牛
  飼養戸数は4万2,100戸で、前年に比べ1,800戸(4.1%)減少した。
  飼養頭数は260万5,000頭で、前年に比べ5万頭(2.0%)増加した。
  なお、1戸当たり飼養頭数は61.9頭となった。

乳用牛の飼養戸数・頭数の推移(全国)及び肉用牛の飼養戸数・頭数の推移(全国)

2  豚、採卵鶏及びブロイラー

(1)豚
  飼養戸数は3,850戸で、前回(平成31年。以下同じ。)に比べ470戸(10.9%)減少した。
  飼養頭数は929万頭で、前回に比べ13万4,000頭(1.5%)増加した。
  なお、1戸当たり飼養頭数は2,413頭となった。

(2)採卵鶏
    飼養戸数は1,880戸で、前回に比べ240戸(11.3%)減少した。
    飼養羽数は1億8,091万8,000羽で、前回に比べ145万羽(0.8%)減少した。
    このうち、成鶏めす(6か月齢以上)の飼養羽数は1億4,069万7,000羽で、前回に比べ109万5,000羽(0.8%)減少した。
    なお、1戸当たり成鶏めす飼養羽数は7万4,800羽となった。

豚の飼養戸数・頭数の推移(全国)及び採卵鶏の飼養戸数・羽数の推移(全国)

(3)ブロイラー
    飼養戸数は2,160戸で、前回に比べ90戸(4.0%)減少した。
    飼養羽数は1億3,965万8,000羽で、前回に比べ143万羽(1.0%)増加した。
    なお、1戸当たり飼養羽数は6万4,700羽となった。
    出荷戸数は2,190戸で、前回に比べ70戸(3.1%)減少した。
    出荷羽数は7億1,383万4,000羽で、前回に比べ1,849万9,000羽(2.7%)増加した。
    なお、1戸当たり出荷羽数は32万6,000羽となった。

図5 ブロイラーの飼養戸数・羽数の推移(全国)、図6 ブロイラーの出荷戸数・羽数の推移(全国)
ブロイラーの注釈


調査(統計)結果の主な利活用


累年データ

 
 累年データ


関連データ

1 生乳生産量、2 生乳価格指数



3 全国の成牛と畜頭数及び卸売価格の推移、4 全国の豚と畜頭数及び卸売価格の推移



5 鶏卵生産量、6 鶏卵価格指数



7 食鳥の処理重量、8 肉鶏(ブロイラー)価格指数

お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課

担当者:畜産・木材統計班
代表:03-3502-8111(内線3686)
ダイヤルイン:03-3502-5665
FAX:03-5511-8771