このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産統計調査 専門調査員になる方法

農林水産統計調査 専門調査員になる方法

より豊かな未来のため、農林水産業の“いま”を調査する農林水産省の専門調査員について、その業務内容や応募要項、経験者の声等を紹介します。
募集期間 令和4年1月11日(火曜日)から2月14日(月曜日)まで
※募集は終了しました。次回募集は令和5年1月頃を予定しています。

Question 1 専門調査員とは?

農作物の生育状況等を調べる「生産統計」と、農家の経営状況を調べる「経営統計」、この2種類の統計調査を行う調査員です。その調査結果は農林水産行政の企画・立案、各種施策の円滑かつ効果的な推進のための基礎資料として活用されます。

Question 2 専門調査員になる方法は?

以下の「専門調査員申込書」と 「経歴等把握票」 をダウンロードして記入し、最寄りの地方農政局本局、または各都道府県拠点へお申し込みください。

ご応募いただいた方の個人情報は厳重に管理し、本目的以外には使用しません。

●専門調査員申込書
■経歴等把握票の記入の仕方

Question 3 専門調査員の応募に必要な条件は?

以下の要件を全て満たすことが求められます。ただし、(1)と(2)には特例措置があり、(3)の知識と能力は、農林水産省が主催する研修を受講することで要件を満たすことも可能です。

  • (1)一定の就業経験(大学院卒業後2年以上、大学卒業後4年以上、高校卒業後9年以上)を有する方

  • (2)統計調査の実務経験を一定以上有する方

  • (3)当該統計調査を円滑に実施できる知識および能力を有すると認められる方、または有することができると認められる方

Question 4 応募から実務までのスケジュールは?

募集

1月中旬~2月中旬

面接

1月下旬~2月下旬

基礎的研修

2月下旬~3月中旬

任命・調査業務

4月上旬

最寄りの地方農政局本局や各都道府県拠点に応募書類を提出いただき、同書類を確認後、面接の日時と場所を連絡いたします。採用となられた方には、調査や農業の知識を習得する基礎的研修を受けていただきます。この研修は経験に応じて、1日間または3日間となっています。4月上旬に任命を受け、担当職員の指導の下で手順を習得いただいてから、調査業務に携わります。なお、調査業務のスキルアップのため、年に3日間の研修もあります。

Q&A よくある疑問に答えます!

Q 募集や仕事内容について、質問がある

以下のお問い合わせフォームからお尋ねください。

Q 募集の人数や締め切りを知りたい

募集の人数や締め切りは、地域によって異なります。詳細は、最寄りの地方農政局本局等のHPでご確認ください。

  • 宮城県拠点、青森県拠点、岩手県拠点、秋田県拠点、山形県拠点、福島県拠点
  • 埼玉県拠点、茨城県拠点、栃木県拠点、群馬県拠点、千葉県拠点、東京都拠点、神奈川県拠点、山梨県拠点、長野県拠点、静岡県拠点
  • 石川県拠点、新潟県拠点、富山県拠点、福井県拠点
  • 愛知県拠点、岐阜県拠点、三重県拠点
  • 京都府拠点、滋賀県拠点、大阪府拠点、兵庫県拠点、奈良県拠点、和歌山県拠点
  • 岡山県拠点、鳥取県拠点、島根県拠点、広島県拠点、山口県拠点、徳島県拠点、香川県拠点、愛媛県拠点、高知県拠点
  • 熊本県拠点、福岡県拠点、佐賀県拠点、長崎県拠点、大分県拠点、宮崎県拠点、鹿児島県拠点
  • 札幌地域拠点、函館地域拠点、旭川地域拠点、釧路地域拠点、帯広地域拠点、北見地域拠点

都道府県拠点等お問い合わせ先一覧(PDF:76KB)

お問合せ先

大臣官房統計部統計企画管理官

担当者:調査改善班
代表:03-3502-8111(内線3587)
ダイヤルイン:03-3502-5649

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader