このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「令和2年度食品製造業におけるHACCPに沿った衛生管理の導入状況実態調査」を実施しています。

農林水産省では、食品の安全性の向上と消費者の信頼の確保を図るための施策として、HACCP(危害要因分析・重要管理点)の導入を推進しており、この取組推進に資するため、食料品製造業及び飲料製造業を営む企業を対象に「食品製造業におけるHACCPに沿った衛生管理の導入状況実態調査」を10月下旬より実施しています。
本調査は農林水産省が委託している株式会社ケー・デー・シーが行っています。
全国の食品製造業におけるHACCPの導入状況を明らかにする重要な調査ですので、ご協力をお願いいたします。
なお、オンライン調査(インターネット)での回答を希望される方は、調査票等に同封されている専用のID等を用いて政府統計オンライン調査総合窓口(外部リンク)からログインし、回答をお願いします。

調査のしおりイメージ

調査実施機関

農林水産省食品製造業におけるHACCPに沿った衛生管理の導入状況実態調査事務局
委託先:株式会社ケー・デー・シー
所在地:東京都港区虎ノ門4-2-12虎ノ門4丁目MTビル2号館8階
電話:0120-559-513(受付時間:月~金(祝日を除く)9時~18時)

お問合せ先

大臣官房統計部生産流通消費統計課消費統計室

担当者:価格・消費動向班
代表:03-3502-8111(内線3718)
ダイヤルイン:03-6744-2049
FAX番号:03-3502-3634

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader